« きく・みる・ふれる 大阪の文楽 (その1) | Main | 万代池の春 »

03/30/2013

踏絵じゃなくて絵踏?

あすで平成12年度も終わり。朝ドラ「純と愛」も最終回、最後まで愛君が目覚めることをどこかで祈ってきた視聴者も多かったでしょうが・・・。読売テレビ「ウエークアップ」の虎谷温子キャスター、昨年12月に同僚と再婚。きょうで番組を卒業し、産休に。元気な赤ちゃんを!

続いて「あさパラ」を見ていたら「いまどき教科書」のコーナーでこんな話題が・・・
・キリスト教徒を見つけるために木板を踏ませた行為は、最近の教科書では「踏絵」でなく「絵踏(えふみ)」。踏絵では踏まれた絵になるので、行為をあらわす「絵踏」に。
・日本最古の鋳造貨幣は、「和同開珎(わどうかいちん、わどうかいほう)」でなく、1999年1月19日奈良県明日香村から大量に発見された「富本銭」に。
(注)ただしwikipediaは、「和同開珎以前に存在した貨幣として、無文銀銭と富本銭が知られている。これらは広い範囲には流通しなかったと考えられ、また、通貨として流通したかということ自体に疑問も投げかけられている。現在の所、和同開珎は、確実に広範囲に貨幣として流通した日本最古の貨幣であるとされている」と書いています。
・17条の憲法を作ったのは「聖徳太子」でなく、「厩戸皇子(うまやどのみこ)」へ。聖徳太子は死後につけられた尊称だから。

|

« きく・みる・ふれる 大阪の文楽 (その1) | Main | 万代池の春 »