« 青瓦台 | Main | 竹中平蔵氏講演会  その3 »

03/01/2013

貝原益軒の<初心を常に忘れず>

昨日の安倍首相の施政方針演説、つい先日の所信表明演説の最後の言葉から始まるなかなか含蓄の深い内容でした。今までのように下からあげたものをまとめたのでなく、まず安倍首相自ら方針をだし、安倍さん自身の言葉でつづられています。その最終部分に、江戸時代の高名な学者貝原益軒のエピソードがでてきます。

<貝原益軒は、牡丹の花を大切に育てていました。ある日、外に出ていた間に留守番の若者がその花を折ってしまいました。怒られるのではないか、と心配する若者に対して益軒はこう述べて許したと言います。「自分が牡丹を植えたのは、楽しむためで、怒るためではない」。「何のため」に牡丹を植えたのか、という初心を忘れず、そこに立ち戻ることによって、寛大な心を持つことができた益軒。>
この後、「この国を良くしたい」「国民のために力を尽くしたい」という国会議員になったときの初心をみんな忘れず、建設的な議論を行っていこう、と続きます。

|

« 青瓦台 | Main | 竹中平蔵氏講演会  その3 »