« 端午の節句の人形 | Main | 難しい漢字を覚える その6 »

04/27/2013

金美齢さんの講演会 (その1)

金美齢さんの生の講演を聴いたのは2回目。今回のテーマは、「大阪から食育を」。大阪の飲食業の2世経営者たちが作った大阪食堂研究会、略して大阪食研の50周年記念講演会です。「金さんと食? どういう関連が?」と思ったら、金さんほど「おいしいものを食べてコミュニケーションをはかりながら幸せになる」という人生を実践してきた方は珍しいようです。20年以上、春のお花見パーティーと夏の花火パーティーは欠かしません。知人を集めて、最高の食材を使った最高の料理でおもてなしをします。
台湾の中華料理は、高級レストランから屋台までどんな店で食べても外れがないそうですが、世界中の料理という見方をすると「総合的にトップなのは日本。日本人のこまやかさ、基本を大切にし、創意工夫を怠らない姿勢がフランスやイタリアを凌ぐ世界一の地位を築いている。日本人は自信を持っていい。大切にしなければならない」。
「おいしいものを食べてハッピーになる」という金さん流の食育に関する経験と哲学を次々披露され、会場は拍手喝采でした。
さて、後半は、いよいよみなさん秘かに心待ちにしていた安倍さん担ぎ出しと首相実現までの奇跡の裏話へと続きます。

|

« 端午の節句の人形 | Main | 難しい漢字を覚える その6 »