« こけら落としの<こけら> | Main | きく・みる・ふれる 大阪の文楽 (その2) »

04/11/2013

人は騙される! 買え買え詐欺

最近、新たな「買え買え詐欺」の被害が激増しているそうですね。けさの産経に手口の詳細が載っていました。見出しは「買え買え詐欺ご用心」。リスクがないと思わせ、外貨購入やエネルギー事業、震災復興などの名目で投資話をもちかけ、金をだまし取ります。
特徴は、「1つのストーリーに沿って、複数の人物から入れ替わり立ち代わりアプローチがある」こと。とにかく、ややこしいうえに、多数の人が登場しますので、たいていの人はひっかかってしまいます。

スーダンの通貨スーダンポンド(SP)で420万円騙し取られた近江八幡の男性のケースです。<証券会社員と名乗る複数の人物から、突然「W貿易からSP購入申込書が届いたら譲って欲しい」との電話が相次ぐ>→<W貿易から申込書が届くとともに、電話で「当社は経済産業省の独立行政法人で、SPの取り扱いを許された唯一の会社。社長の故郷・近江八幡市民に地元貢献のため購入権を譲ることになり、あなたが選ばれた」>→<すぐに先の証券マンらから「申込書を譲って。謝礼を出す」と電話がかかってくる>→<別のX証券から「倍の値段で買い取る」>→<「現金を先に届けてもらうこと」を条件にX証券に譲ることを約束する>→<W貿易に「SPを購入する」と連絡し、現物を手に入れようとしたところ「現金での先払い」を要求される>→<X証券に相談したところ、「まだSPを入手していない人に現金は渡せない。とりあえず代わりに420万円を払っておいて」といわれ、やってきたW貿易の社員に現金420万円渡し、領収書とSP紙幣を受け取る>→関係者すべてドロン。
この場合、商取引が成立しているため、詐欺の立件は難しいそうですよ。怖いですねえ・・・
最近、新たな「買え買え詐欺」の被害が激増しているそうですね。けさの産経に手口の詳細が載っていました。見出しは「買え買え詐欺ご用心」。リスクがないと思わせ、外貨購入やエネルギー事業、震災復興などの名目で投資話をもちかけ、金をだまし取ります。
特徴は、「1つのストーリーに沿って、複数の人物から入れ替わり立ち代わりアプローチがある」こと。とにかく、ややこしいうえに、多数の人が登場しますので、たいていの人はひっかかってしまいます。

スーダンの通貨スーダンポンド(SP)で420万円騙し取られた近江八幡の男性のケースです。<証券会社員と名乗る複数の人物から、突然「W貿易からSP購入申込書が届いたら譲って欲しい」との電話が相次ぐ>→<W貿易から申込書が届くとともに、電話で「当社は経済産業省の独立行政法人で、SPの取り扱いを許された唯一の会社。社長の故郷・近江八幡市民に地元貢献のため購入権を譲ることになり、あなたが選ばれた」>→<すぐに先の証券マンらから「申込書を譲って。謝礼を出す」と電話がかかってくる>→<別のX証券から「倍の値段で買い取る」>→<「現金を先に届けてもらうこと」を条件にX証券に譲ることを約束する>→<W貿易に「SPを購入する」と連絡し、現物を手に入れようとしたところ「現金での先払い」を要求される>→<X証券に相談したところ、「まだSPを入手していない人に現金は渡せない。とりあえず代わりに420万円を払っておいて」といわれ、やってきたW貿易の社員に現金420万円渡し、領収書とSP紙幣を受け取る>→関係者すべてドロン。
この場合、商取引が成立しているため、詐欺の立件は難しいそうですよ。怖いですねえ・・・

|

« こけら落としの<こけら> | Main | きく・みる・ふれる 大阪の文楽 (その2) »