« ナレッジキャピタル その2/疲労度測定 | Main | 難しい漢字を覚える その25 »

05/19/2013

映画 県庁おもてなし課

有川浩さんの小説を映画化した「県庁おもてなし課」を観ました。高知を観光県にしようと頑張るおもてなし課の取り組みを描いた映画です。主演は錦戸亮、堀北真希。高良健吾, 甲本雅裕, 船越英一郎, 関めぐみもでてきます。
<「ダメな県庁職員」「謎の流行作家」「有能なアルバイト」「伝説の元職員」「一大プロジェクトに挑む」、たくさんの愛が詰まった映画です>。

2013年5月11、12日の初日2日間で興収1億2,439万2,200円、動員9万8,076人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となったそうですから大変な人気。

高知といえば、むかし学生の頃、仙台から国鉄の均一周遊券を利用して帰省していました。山陰や九州、四国を旅行して、ついでに広島の実家に寄るという経済的プランです。宿泊はすべてユースホステル。高知にも四国均一周遊券を使って何回か行きました。四国に渡り、高知から国鉄バスで山越えして松山、または大堂海岸の方を回って松山から国鉄仁堀航路を使って広島の実家に帰っていました。
高知のユースホステルは、たしか高知城にあったと思います。そこにすごい頭脳を持った人がいました。チェックインしたとき、全員の名前と顔を瞬時に覚えてしまう神業には驚きました。いまでも忘れない高知の思い出。

|

« ナレッジキャピタル その2/疲労度測定 | Main | 難しい漢字を覚える その25 »