« ナレッジキャピタル その10/CAFE Lab. | Main | 知研関西セミナー/おもしろい商品は売れ続ける~ロングセラーは笑いを取れ~ »

05/25/2013

宮部みゆきさんの<R.P.G.>

大きな誤解をしていました。R.P.G.とはRole-playing(実際の場面を想定し、さまざまな役割を演じさせて、問題の解決法を会得させる学習法。役割実演法)のゲーム。この小説はてっきり宮部さんが大好きなゲームそのもののファンタジー冒険小説だと思っていました。「ドリームバスター」、「ICO霧の城」、「ブレイブ・ストーリー」、「ここはボツコニアン」のような。
全然違いました。小説の中に、ゲームは出てきません。現代家族をめぐっておきる殺人事件を扱った推理小説です。そして最後に犯人が分かったと思ったら、その後、思いもかけない展開が待ち受けています。
巻末の解説に、清水義範さんはこう書いています。
<読者は、まんまとひっかけられる楽しみを求めてこの小説を読まなければならない。そして私としては、それ以上何も言えないのである。この小説は、内容については絶対にしゃべってはダメ、という解説者泣かせのものなのだ>
<この「R.P.G.」という小説も、(ヒッチコックの映画「サイコ」がじっくり見ていって、最後に、あっそうだったのか、と驚くところに面白さがある)ように、ひっかけられる楽しさを味わうものである。ただし念のために言っておくと、この小説と映画「サイコ」はまったく似ていません。意外なラストへたどりつくための物語という点が似ているだけである>
私もこれ以上、中身を書くわけにいきません。

|

« ナレッジキャピタル その10/CAFE Lab. | Main | 知研関西セミナー/おもしろい商品は売れ続ける~ロングセラーは笑いを取れ~ »