« 通天閣とジャンジャン横丁 (その2) | Main | 老子の教え その4 »

06/05/2013

老子の教え その3

第3回は老子のリーダー論。
あるがまま、何もしないのが一番と説く老子のリーダー論とはいったい? と戸惑いながら視聴しました。さすが二千数百年読み継がれてきた名著です。いつの時代にも通用する人生のヒントが含まれています。
「大きいものは下手に出てへりくだれ」との教えは、戦わずして勝つ秘訣。女性を尊重する教えも、女性が男性に勝つことにつながる・・・逆説のように見えて、案外、真理をついているような気もしてきました。
まず、目的の逆をやってみるという権謀術数にたけた老子のリーダー論、君主論は奥が深いですね。
「無為にして治める」がひいては、部下の自主性を尊重することという解説は、現代でも立派に通用します。いかにして組織を活性化させるかは、いつの時代でも大きな課題ですね。

|

« 通天閣とジャンジャン横丁 (その2) | Main | 老子の教え その4 »