« 難しい漢字を覚える その54 | Main | じぇじぇ!? 東西視聴率格差くっきり »

06/13/2013

伊勢神宮 日本の始まりへの旅 その4

番組には、神宮微古館とせんぐう館も登場しました。
神宮微古館に陳列されている宝物の数々は、20年ごとに新たに作られている神宝です。
聖なる力を宿し大和政権の権威を象徴する鏡、天然の染料で染め上げた花柄をちらした絹の衣、水晶や瑠璃をちりばめた剣、馬の像 等々。まるで、正倉院展の宝物をできた当時の姿で観てるみたいです。不思議な感覚に襲われます。
せんぐう館には、巨大な正殿(しょうでん)の一部が原寸大で再現されています。

この番組で気になったことがひとつ。「伊勢名物 あんこもち」と紹介していましたが、これはやはり「赤福」でしょう。よく似た「御福餅(おふくもち)」もありますし、商標を避けたのはさすがNHKですが、「あんこもち」と言われてもイメージがわきませんね。(終)

|

« 難しい漢字を覚える その54 | Main | じぇじぇ!? 東西視聴率格差くっきり »