« 料理 ニラそぼろのあんかけごはん | Main | 難しい漢字を覚える その47 »

06/07/2013

老子の教え その5

最終回は、老子を私たちの生き方にどう生かしていくか、参考になるアドバイスに満ちていました。
老子の思想とバカボンのパパを結びつけた、ドリアン助川さんの発想に感心しました。老子の教えは、一見、世間の常識とは逆です。「ばかを貫くのだ」「赤ちゃんは最強だ」「へりくだって偉くなるのだ」「近道は間違う道なのだ」「なるようになるのだ」「まっすぐな人はぶれぶれなのだ」。なるほど老子が言ってることは、バカボンのパパの発言そっくりです。両者の共通項を見出したドリアンさんに敬意を表するとともに、バカボンのパパを登場させ、難解な老子をわかりやすく親しみやすい存在にしていただき感謝します。
老子の81章に、「人間老子を感じさせる記述がある」とのドリアンさんの指摘に、なにかほっとしたものを感じました。あれだけ難しいことを説いて生きてきた老子も、本音では孤独でさびしい自分を嘆いています。でも、「母なる道に見守られている自分は、大自然を生きていくのだ」という前向きな姿勢を持ち続けます。

|

« 料理 ニラそぼろのあんかけごはん | Main | 難しい漢字を覚える その47 »