« June 2013 | Main | August 2013 »

07/31/2013

おもしろそう! きょうの<歴史ドリームチーム/金閣寺>

今夜、NHK総合で放送される「歴史ドリームチーム ~スペシャリストたちが挑む謎~」、おもしろそう。番組のHP「番組たまご」にこう書いてあります。「明日のレギュラー目指して、新しい番組が続々と“番組たまご”から飛び立ちます」。きょうの番組も現段階では「たまご」。評判がよかったらレギュラー番組に昇格するのでしょう。
NHKが「(番組の)たまご」の広報までしているとは知りませんでした。
この番組は、「従来の歴史学では迫りきれなかった歴史上のミステリーを解き明かすべく、異なる分野のスペシャリストが結集、知と技の限りをつくして謎に立ち向かう」ものだそうです。第1回(好評なら2回以降も続くでしょうから)は、「金閣寺」。「誰もが知っている京都の名所の誰も知らない事実に光を当てる本格派知的エンターテインメント」。
これは見逃せません!
http://www.nhk.or.jp/tamago/program/20130731_doc.html

|

ハチに刺されたら

健康常識はいつひっくり返るかわかりません。これもその類でしょうか。ハチに刺されたらアンモニア水を塗る、と教わったような気がするのですが、×だそうです。7/30の朝日新聞記事から。

ハチに刺されて死亡する人は、毎年全国で20人くらいいます。
ハチに刺された人の2割に抗体ができ、2度目に刺されると、激しいアレルギー反応アナフィラキシーショックを起こします。、死亡する危険性も。ハチに刺されたことのある人の6割が、この事実を知りません。
「ハチに刺されたら、アンモニア水を塗ればいい」と考えている人が50%いますが、アンモニアを塗っても効果はないそうです。刺された場所を冷やしたり、水で洗いましょう。
心配な人は、アナフィラキシーが起きた時に使う注射薬エピペンを携帯します。抗体検査を受ければ、危険度もわかるそうです。

そういえば一昨日、学校給食でアレルギーのためアナフィラキシーショック状態になった児童を、先生がエピペンで治療する訓練をテレビで放送していました。

|

テレビ東京の開票速報 その5

「宗教票はあるのか?」というテーマも。公明党の演説会に集まった熱狂的なおばちゃんにインタビュー、「あなたは創価学会の信者ですか?」「はい。自分の年齢の倍の票を集めます。いま75歳ですから150票。選挙をやると、功徳を積むことになります」。あっ、なるほど。功徳ですか・・・。

当選した美人候補者にもインタビュー。「あなたは創価大学の卒業ですが、創価学会の信者ですか?」「私も信者です」「政教分離についてどう思いますか?」「政府や国が、たとえば個人の宗教を制限したり宗教に介入する、それを禁止している原則。創価学会が公明党を支援するのは、通常の支援であり、政教分離に反しない」「選挙活動をすると仏教用語の功徳を積むことになるのか?」「それぞれの団体の選挙対応であり、公明党としてはノーコメント」。

他の番組ではおめにかかれないやり取りです。週刊ポスト 8/9号によれば、池上さんはこう語っています。
<基本的に視聴者が聞きたいことを聞く。他の番組は政治のプロがやっているから、創価学会と公明党の関係は「当たり前のもの」として触れない。しかし、視聴者の中にはわからない人や、誰も触れないから何かタブーがあるんじゃないかと思ってしまう。こういう素人の素朴な疑問を投げかけていく番組。佐々木さやかさんに対する「創価学会員ですか」の質問は、信教の自由にかかわる問題だが、当確が出て特別公務員になれば、我々の税金が報酬になる公人。説明責任が生じるので、聞いてもよいだろうと斬りこんだ。落選だったら聞かなかった>
読売の橋本五郎さんはよみうりテレビの「たかじんのそこまで言って委員会」で、「創価学会員であるかどうか聞くことにどんな意味があるのか」と批判していましたが、私には新鮮でおもしろいやりとりでした。(おわり)

|

07/30/2013

岡山の白桃

Sp1050412


岡山の人は、LCCピーチアビエーションの機体を見て、「どうしてピンク色に塗ってるんだろ」と思うのかな、と思いながら(白桃で有名な岡山の人は、桃=白が常識だそうですので)、箱を開けると、ぷーんと甘酸っぱい桃のいい香りが漂ってきました。季節の匂いですねえ。

|

信州・安曇野の100%りんごジュース

Sp1050414


りんごってこんなに甘かったっけ?
おいしい、おいしい、ストレートりんごジュースです。

|

テレビ東京の開票速報 その4

選挙1週間前、各党の選挙運動本部を池上さんとテレビ東京の女性アナウンサー数人がバスツアーで回っています。自民党本部には、TRUTH TEAMができていました。30人の人が24時間体制でネット上に誹謗中傷がアップされていないか、監視。
民主党は、与党だったころとは様変わり。建物の外に車がたった1台。「民主党隠し」のため、民主党の文字が小さく印刷されたポスターを大きな虫眼鏡で拡大して紹介していました。
公明党は、自民党にはなかった入り口の金属探知機を映した後、「入館を断られました」。あとで山口代表が、「取材希望日が日曜日だったので、別の日にして欲しいと言っただけ」と発言していました。
一番張り切っていたのは、自民党を上回る日本最大の党本部を誇る共産党。会議中の選挙闘争本部(他党は対策本部ですが)、14万冊の資料室、党収入の大半199億円を稼ぐ赤旗編集局までカメラを入れて大いにPRしていました。

|

値引きしないのに いつも満室のホテル

7/26のNHK「ニューステラス関西」(大阪放送局ローカル)がユニークなホテル「道頓堀ホテル」の営業スタイルを取り上げていました。築40年の古いホテルで1泊8,500円と高めのビジネスホテルですが、外人客に抜群の人気で、116室がいつも予約のとれない満室状態。なぜでしょうか? その理由は、「あったらいい」があるホテル、だそうです。

国際電話は24時間いつも無料、ドリンク無料、週1度は夜食無料、レンタサイクル無料、自転車の回収無料・・・チェックインすれば、あとはほとんどタダです。

30歳代の社長が、こんなことを言っていました。
<ほかのホテルは、集客のために宿泊代を値引きしますが、これは大変な経費増。うちは値引きせず、無料サービスを行います。そんなにコストアップしないのに、利用者へのインパクトは抜群です>

先日、書いた関空を本拠地とする「LCCピーチアビエーション」もそうですが、道頓堀ホテルの取り組みも、新しいビジネスモデルですね。おもしろいビジネスがどんどん生まれています。

|

テレビ東京の開票速報 その3

「X候補vs池上」のX候補は、アントニオ猪木さん。「公約は読んだが、あまり考えていない。政策の打ち合わせをしたことはない。風を起こすのが目的だ」には、ずっこけました。池上さんのコメント「この発言に、今回出馬した猪木さんの立場がよく現れています」。

「小泉進次郎応援演説密着取材」は、池上さんと宮崎美子さんが小豆島まで同行。進次郎さんは、お供1人だけ連れてバッグを引っ張りながらフェリーに乗り込みます。番組ではまず池上さんが、「小泉進次郎演説の法則」(ダジャレ、方言、ご当地ネタ、地方重視、自民党批判 ←政策は入っていない!)を解説し、小豆島での演説がこの法則どおりであることを証明します。活字にするとたいしたことはありませんが、聞いているとなかなかの迫力。帰りのフェリーの中で「田舎まわりの演説は効率が悪いのでは?」との池上さんの質問に、「大都市の駅前でやれば、多くの人が集まるが、すぐ忘れられる。深さはこういうところの方がはるかに上」。フェリーの船室でも、子供に気軽に話しかけていました。家に帰って、「きょうね、小泉進次郎に話しかけられたよ」と得意になって話すでしょうから、効果抜群です。これも戦略のひとつですね。

演説の時、ほかの人はスーツ姿なのに、進次郎さんは長袖シャツをたくし上げていました。池上さんによれば、「半袖ではだめなんです。長袖をたくし上げるのがミソ」と解説していました。なるほど・・・芸が細かい。

|

やけど虫

けさのNHK「あさイチ」を見ていたら「やけど虫」を取り上げていました。アオバアリガタハネムシという昆虫で、草むらなどにふつうにいるそうです。刺したりすることはありませんが、手で叩いたりして体液が皮膚に付くと、やけどのようにただれます。
腕等にとまったら、触らず息を強く吹き付けて吹き飛ばすこと。
もし、体液が皮膚に付いたら石鹸で洗い流します。虫刺されの薬は効果がありません。湿疹やかぶれ用の塗り薬を塗ります。ただれたら化のう止めの薬を。
次のサイトによれば、目に入ると失明することも! 怖いですね。
http://matome.naver.jp/odai/2137356431835726201

ついでに、もうひとつきょうの「あさイチ」で知ったこと。「麦茶」は冷え性に効果があるそうです。

|

07/29/2013

テレビ東京の開票速報 その2

昨日、「当選者のプロフィル」と題してテレビ東京の開票速報の記事を書きました。その後、録画の残りを見ましたので、続きです。選挙速報を録画して、後から見ても楽しめるのは、テレビ東京の開票番組くらいでしょうね。

池上彰さんのこの番組では、まず放送内容のメニューが表示されます。まるでレストランのメニュー風で絵や写真入り。これは助かります。視聴者はチャンネルを切り替えながら刻々と情勢変化をチェックします。あらかじめ放送時間が予告されていれば、興味ある内容を見逃さずにすみます。そのメニューは・・・
・このあと X候補vs池上
・8:20 小泉進次郎応援演説密着取材
・8:45 政党幹部中継!
・9:00 番組恒例! 選挙を楽しむ! バスツアー
・9:30 “日本遺族会”と新経連
・9:50 “宗教票”ってあるの?
・10:00 安倍総理に直撃! 安倍vs池上
・10:55 秘蔵映像! 政治家の“お仕事”

|

パナソニック、単独提供取りやめ

TBS系月曜日夜の「水戸黄門」「大岡越前」などを放送してきた「ナショナル劇場(1956.4~2007)→パナソニックドラマシアター(2008~2013.3)→月曜ミステリーシアター(2013.4~)」は、松下電器(のちパナソニック)の単独提供ですが、今年の秋から複数社提供になるそうですね。
昔は一社で提供する番組が多数ありましたが、最近はめっきり少なくなりました。経営が厳しくなると、経費節減のターゲットにされますね。

|

漢数字の部首

漢字の部首はよくわからないものが少なくありません。「漢数字の部首は?」と聞かれると、「さあ?」と悩んでしまいそう。
7/28の朝日新聞「漢話字典」に、答えが載っています。知りませんでしたねえ。

一、三、七 → 部首「一」
二、五   → 部首「二」
四     → 部首「口(くにがまえ)
六、八   → 部首「八」
九     → 部首「乙」(乙は2画でなく1画です)
普通使う漢字で、部首が1画の字は、「一」と「乙」くらいのものだそうです。

最近、新聞紙面に漢字の起源に関する連載記事が目立ちます(産経にも朝日にも載っています)が、なぜでしょう?

|

07/28/2013

参院当選者のプロフィル

今回も評判のよかったテレビ東京の開票速報(東京の視聴率は、民放の中で唯一10%以上。大阪では民放TOPではありませんでした)、当選者の簡単なプロフィルが字幕で表示されましたが、実にユニーク。経歴や人柄を短くまとめた、開票番組とは思えないおもしろい文章でした。選挙前だったら問題になったかも?
例えば、
・○ ○子:若手“ヤジ将軍”の一人。少子化・消費者担当大臣。弁護士、元金融庁課長補佐。12歳で父が全財産を失う。ミセス ネバーギブアップ
・○○ ○治:難関資格を次々取得。医師、弁護士、MBA取得、オックスフォード大学留学、TRF SAMのいとこ
・○○ ○一:ハマコーの書生を10年、元浜田幸一氏秘書。看護連盟推薦。昔、選挙で犬に尻かまれる。治療したのは看護連盟会長
・○○ ○○男:憲法96条改正に反対。東大法→弁護士、衆院2度落選を経験。トロンボーンの演奏が得意。渥美清さん13回忌に出席

|

コンビニの知恵

コンビニにシュウェップスの引換えに行ったとき、出入り口の横に「160」「170」「180」という数字と短い水平の線を見つけました。「何だろうな?」と考えた結果・・・
ドロボーに入られたとき、逃げる後姿を見て即座に身長~cmと判断できるようにするためですね、きっと。コンビニもいろいろ考えています。

|

鱧(はも)の骨

7/16夕方、NHK大阪ホールで「安藤忠雄講演会」の受付が始まるのを待っていたとき、アトリウムの巨大テレビで流れていたのは、大阪発全国向け番組「ゆうどきネットワーク(金曜日)」。実はすぐそばのBKスタジオから放送されていたんですけどね。番組の中で、「京都や大阪の夏の食材・鱧(はも)」を取り上げていました。
鱧には3,500本もの骨があり、骨切りが必要です。京都の料理人がなんとか骨のない料理を作ろうと、骨抜きの技術を開発しました。2年かけて骨格標本を作り、どこに包丁を入れれば身を崩さずに骨抜きができるか10年間研究をつづけ、ついに完成。いまでは刺身、しゃぶしゃぶ等100種類以上の新たな鱧料理ができるようになったということです。

さて、講演会が終わって、帰りにファミレス系の天丼屋に寄ったところ、「鱧と海老の天丼」¥680があったので注文。驚いたことに、この鱧に骨がありません! ファミレスで高級料亭並の秘伝を駆使した骨抜きをしているとも思えませんし、いったいどうやって調理してるんでしょう。店員に聞くと「集中処理センターから運ばれてきますのでわかりません」。
翌日、行きつけの魚釣りが趣味のお医者さんに話したところ、「私も2年前くらいから鱧と河豚で有名な小さな料理屋で、鱧の刺身を食べている。確かに骨がない。天丼屋の鱧に骨がない? それは鱧もどきじゃないかなあ」。うーむ、あれはニセモノなの??

|

07/27/2013

自動車のハッキング

コンピュータのハッキングはよく聞きますが、自動車も? 交通事故にみせかけて実は・・・こんな犯罪やテロも推理小説だけではない時代になったようです。飛行機だってコンピュータの塊ですから、乗っ取られる可能性があるということでしょう。対策は大丈夫なのでしょうか?
米誌Forbesが、こんな記事を載せているそうです。

・ブレーキをいくら踏んでも、エンジンがうなるばかりで車が止まらず、減速さえできない。車載システムをハッキングされると、こんなことが起きます。
・Ford「エスケープ」とトヨタ「プリウス」を利用した自動車乗っ取りデモ実験が行われました。両車に搭載されているソフトウェアをリバースエンジニアリングし、後部座席でコンピュータを操作してコマンドを送信。警笛を勝手に鳴らしたり、高速走行中に急ブレーキをかけさせたりできることを実証しました。さらに、ハンドルを操作し、GPSを誤作動させ、スピード計や走行距離計の数値をいじることもできました。
・車の自動化が進み、インターネット接続機能が普及する中で、自動車はハッキング可能なネットワークコンピュータでもあります。
・外部から無線で車載コンピュータを乗っ取ることもできます。

|

07/26/2013

きょうはこれから安藤忠雄さんの講演会

安藤さんのお話は以前もお伺いしたことがあります。木材関係の業界が主催の講演会でした。沈滞気味の木材業界を厳しく叱咤激励する言葉で締めくくるという、ちょっと過激なお話でした。
安藤さんといえば、コンクリート打ちっぱなしと思っていたのですが、木材の特徴を生かした作品もあることを知ったのはその時でした。
きょうはどんなお話が聴けるでしょうか、楽しみです。
場所はNHK大阪ホール。 

|

難しい漢字を覚える その85

Photo


朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「鉈(なた)」です。
「鉈突き付けて、金くれ、ウヒ」(「金」+「ウ」+「ヒ」 →鉈)

|

うちわ

きょうは天神祭です。テレビ大阪も恒例の生中継で盛り上がっていました。みなさん、団扇の写真をアップされていますので私も・・・今日もらった団扇。
(写真削除)

|

11年ぶり大阪新聞復活

Simg_20130725_0001


あすの産経新聞夕刊(大阪)は、懐かしいあの「大阪新聞」と一体化した紙面になります。大阪新聞は、大正11年創刊の南大阪新聞が前身。昭和20年代後半には80万部に迫ったそうです。平成14年3月に休刊し、産経夕刊に統合されました。

今回、産経80周年記念事業の一つとして、復活版を作ることになり、明日8/26(金)がその第一号。年末まで毎月最終金曜日に、主要テーマを設定して特別編集。司馬遼太郎さんのコラム抜粋や、わかぎゑふさんの「帰ってきた大阪弁」、大型インタビュー等もあります。

転勤で娘が関西の高校を受験をしなければならなくなり、桜橋の旧産経本社1階にあった大阪新聞社に受験資料掲載紙を買いに行ったことを思い出します。

|

07/24/2013

料理 わさびが香るカルピス&お豆腐ジュース

Sp1050408


昨年夏にときどき作ったちょっとユニークなジュースです。webの「CALPIS.CAFE」にレシピが紹介されています。
どろっとした豆腐の感触がなんともいえない、冷たいスープ風ジュース。
わさびとカルピスのコラボが醸し出す、不思議な食感とピリッとした味覚がくせになります。

(材料)カルピス 50CC、絹ごし豆腐 1/2丁(150g)、
 練りわさび 2g(小さじ1/3)およびトッピング用適量、水 100CC、氷 適量

(作り方)
1.絹ごし豆腐と練りわさび、カルピス、水をミキサーにかけます。
2.グラスに氷を入れ、1を注ぎます。
3.さらに適量の練りわさびを適量トッピングします。

|

07/23/2013

遅れた乗客は待たない・社員はエレベータ有料 関空拠点のLCC  その2

ちょっと驚いたのは、「社員がエレベーターを使う場合、1階10円のお金を取る」、「客室乗務員は関西弁。他社のような標準語の訓練費不要」、「搭乗時間の締切時間を早めにして遅れを防ぐ。遅れた乗客は待たずに出発する」、「遅れた場合、客室乗務員だけでなくパイロットや出張者も清掃を手伝う。社長もペットボトル等を集めて降りる」。

「安くて良いものを求める関西のおばちゃんの考えとアジアの人たちの考えは近い。大阪で認められれば、豊富な関西の蓄積された文化をアジアに紹介し、日本とアジアの未来志向の関係を築けるのではないか」、社長の夢が膨らみます。

ピーチの課題は定時就航率の低さだそうです。大手90%以上に対し、81%。飛ぶ時間が大手6~7時間/日に対し、12時間/日の過密スケジュールですから滞在時間30分(客を降ろして清掃・点検を行い、新たな乗客を乗せて出発)を守るのは大変でしょう。
乗客も協力が必要ですね。

|

遅れた乗客は待たない・社員はエレベータ有料 関空拠点のLCC  その1

NHK総合「新・ルソンの壺」(7/21)は「“ぶっ飛び価格”で空を制す ~関西発格安航空会社の挑戦~」。
LCCの安さを可能にする手段として、「座席数を増やす」・「機内食の有料化」・「ボーディングブリッジを使わず、使用料不要」はよく知られています。ピーチ(全日空系}は関空を拠点にしたため、「鉄骨剥きだしの建物」・「24時間空港のため必ず帰ってこられ、他空港での駐機料&乗務員の宿泊料不要」・「空港のスペースに余裕があるため、斜め駐機により自力でUターンでき、牽引車不要」等のコスト削減策も可能になりました。

ピアノ教師、秘書、生け花教師等多彩なキャリアを持つ客室乗務員が、社長と一緒の打ち合わせでアイディアを出しあうなど、自由な雰囲気が満ちた企業だとわかります。全社員が面白がって楽しくコスト削減している企業だからこそ、1年間で200万人を運び、就航率99%という実績を達成できたのでしょう。

「コンセプトは空飛ぶ電車(電車並みに仕組みをシンプルに)」、「発想を全部変えてイノベーション(就航1カ月に起きた脱出用スライド損傷により3日間13便欠航 →安全に疑いをもたれるとつぶれる! なんとしてもちゃんと飛ばしていく)」、「短期間に何回乗っても新しい発見がある、オモロイ航空会社に」等、多くのユニークな企業姿勢が紹介されました。

|

07/22/2013

選挙特番、民放トップはテレビ東京

参院選も予想通りの結果に終わりました。テレビの選挙開票特番の視聴率が出ています。
関東地区で平均視聴率が最も高かったのは、NHK(午後8時50分~10分間)の16・5%ですが、民放ではジャーナリストの池上彰氏を司会に起用したテレビ東京だけが10%超え(午後9時~90分が10・3%、同7時50分~70分が10・2%)となり、民放トップでした。

私はあちこちチャンネンルを変えながら観ていたのですが、テレビ大阪(テレビ東京)の番組は楽しく学べるように工夫されていたり、党首と池上さんのやり取り等、他局とは一味違っていましたね。
「テレビ東京の開票番組が面白い」、と前回衆院選のときFACEBOOKで評判になっていましたので、今回は4時間分録画しました。あとで、なぜ視聴率が高いのか、じっくり考えながら観るつもり。

|

お弁当に保冷バッグ、その効果

私には無縁の話ですが・・・気温の上昇とともに微生物の活動が活発になり、食中毒が気になります。6/14付産経新聞に「夏場のお弁当は保冷バッグン活用を」という記事が掲載されていました。保冷バッグが微生物の増殖をどの程度抑えるか、検証データまで載っている面白い記事です。
腐りやすい卵焼き、生野菜のサラダを入れた弁当を(1)室温に置いた場合、(2)保冷剤入り保冷バッグに入れた場合について、7時間後の細菌数を検査しています。

結果を見ると、保冷バッグの効果は非常に大きいようです。
・卵焼き:室温の場合、最近数は730倍(3300CFU→240万CFU)に増えていますが、保冷バッグ入りは1.2倍(4000CFU)でした。
・サラダ:室温の場合、83倍(9万5000CFU→790万CFU)。保冷バッグが1.5倍(14万CFU)。
・ご飯:室温の場合、1400倍(320CFU→45万CFU)。保冷バッグが1.5倍(480CFU)。

保冷バッグ内の温度変化グラフも出ていますが、バッグを閉じた直後(室温27℃)から急速に温度が下がり始め、1時間後には15℃以下、7時間後でも13℃前後をキープしています。
腐敗菌の多くは、30℃を超えると急速に増殖するそうです。

|

里中満智子さんの<天上の虹 持統天皇物語>

いつも利用している図書館はコミックが少なく、テレビ番組「ホリディインタビュー/強く生きるヒロインを描き続けて ~マンガ家・里中満智子」(NHK総合、7/15)を見て読みたくなった、里中さんのライフワーク「天上の虹」はありませんでした。自宅のパソコンで大阪市立図書館24館すべての蔵書を検索したところ、複数図書館が第1巻から最新刊第21巻まですべて所有していることが判明。
とりあえず1,2巻を予約しました。自宅から大阪市立図書館24館の蔵書をチェックし、予約までできるのですから便利です。あとはいつも利用している図書館から「準備ができましたので取りに来てください」というメールが届くのを待つのみ。貸し出し中ではありませんでしたので2,3日後には受け取れるでしょう。

|

ジェラート

Sp1050404


兵庫県三木市「万寿庵」さんのジェラートをいただいたので食べよーっと。甘栗(つぶあま、こしあま)、ミルク、いちご、抹茶、チョコチップ、クッキー&クリーム と7種類もある! 夏はやっぱり冷たいものがいいいですね。
六甲山麓牧場の搾りたて生乳を使っているそうです。

|

07/21/2013

選挙用紙はなぜ書きやすい?

FACEBOOKで「書きやすい選挙用紙」が話題になっていました。私は「折っても自力で開く合成紙と鉛筆の相性がいいから」とコメントしたのですが、今朝の日経新聞「春秋」が次のように書いています。
<スルスルと投票用紙の上を滑るあの気持ちよさは、他の場所ではめったに味わえない。意外な書き心地にハッとした経験のある方は多いのではないか。秘訣は鉛筆と用紙の両方にありそうだ。芯の種類はちょっと柔らか目の2B。紙はポリピレンでできた合成紙である。二つの相性が良いのか>
<自分の字はこんなに上手だったのかと錯覚しそうになる。跳ねるところは跳ねる。止まるところは止まる。小学生の頃、漢字の書き方を教えてくれた先生の言葉を思い出す>
<選挙権を持つ者には、あの書き心地を味わう特権がある>

ただ、先のFACEBOOKの記事に対するコメント見ると、HBの鉛筆や、ボールペンだったところもあるようで、必ずしも2Bとは限らないようです。

|

歩きながらスマホを見ると・・・

25年ぶりに復活した「クイズ 面白ゼミナール」(Rがついたようですが)(7/20 NHK-BS3)、最後のクイズは、
「歩きながらスマホを見ると、視野はどれくらいになるでしょう?」
正解は、「30cm四方」だそうです。たった30cmですよ! 事故を起こして当たり前! 歩きながらでも、自転車・自動車を運転しながらでも、スマホ、携帯は絶対ダメ。

|

ええトコ 姫路

7/19の「ええトコ/今を歩けば昔が見える~城とグルメの歴史旅~」(NHK総合、関西ローカル)に「姫路モノレール」が出てきました。懐かしいですねえ。今から50年ほど前、大学のある仙台から実家の広島までの往復の途中、姫路でコトコト走っているモノレールをよく見ました。今でもコンクリートの支柱があちこちに立っていますが、倒壊しないのか心配。番組で知ったのですが、家の中にまで柱があるのですね。簡単には取り除けないようです。昭和41年の姫路大博覧会で姫路駅から会場の手柄山まで1.8kmを結ぶために作られたモノレール、モータリゼーションの発達で利用者が減り、昭和54に廃線となりました。改めてモノレールの歴史と現在をルポした興味ある内容でした。

50年に一度の姫路城大修理の様子も紹介されました。左官職人の作業の様子と発言が印象的。形を紙に写し取り、古い漆喰を取り除いて、漆喰を塗り直し、忠実に前の姿を復原する気の遠くなるような作業です。塗る場所に応じて漆喰の種類を変え、100種類のコテを使い分けます。国宝を将来に残そうとする技が光るとともに、職人としての心意気、誇りが満ち溢れていました。「姫路城は残っていくもの。慢心せず、自分のハードルを上げ、もっときれいなもの、もっときれいなものを目指したい」。

|

07/20/2013

「フィンランド・デザイン」展 その1

フィンランドといえばムーミンですね。あの「森と湖の国」フィンランドのデザインを紹介する展覧会「GLASS DESIGN from FINLAND(森と湖の国フィンランド・デザイン)」もいよいよ会期末まで10日弱。遅まきながら7/20、大阪市立東洋陶磁美術館(中之島)に出かけ、美しさと機能性を両立した生活用品を生んだ、北欧のデザイン大国・フィンランドの作品150点を鑑賞してきました。
素朴で透明感にあふれ、洗練されたデザインのガラス製皿、カップ、タンブラー等の数々に目を奪われました。ケバケバしさとは対極の落ち着いたブルーや白、グリーン、橙色等の透明なガラス、しっとりして滑らかな曲線・・・どの作品もシンプルで、すっきりしています。
これが、豊かな自然と独自の文化が育てた、フィンランドのデザインなんですねえ。

冬の厳しさから屋内での暮らしに豊かさを求めるフィンランドは、デザインにも物質的なものでなく、精神的な豊かさを求めました。単に陶磁器やガラスにとどまらず、生活全般にわたって「時代を超える製品」、長く使える機能美を追求してきたそうです。

|

真実のおもてなし その2

加賀屋のこうしたおもてなしは、先代女将・孝(たか)さんの大失敗(疲れ果てて眠っていて大事なお客様の港への出迎えに遅れ、さらに部屋にタバコの吸い殻があったため、「こんな旅館には泊まれない」と客を怒らせた)からの教訓だったそうです。

先日、グランフロント大阪のナレッジキャピタル オープニングイベントに加賀屋が参加していました。なんと展示されていたのは、全室に採用されている布団のマットレス「エアウィーヴ」。空気をあむという発想から生まれた、繊細なつくりのマットレスだそうで、日本人のカラダ、日本の風土を考え抜いてつくられた新樹脂素材。これまでにない快眠環境をもたらすそうです。実物が置いてあったので座ってみました。ちょっと硬めで、体が沈まない素材でした。

「昔、職場旅行で和倉温泉に泊まりましてね。有名な加賀屋さんが近くだから観てこようと、中に入ったことがあります。館内の朝市や客室係の女性がずらり並んで見送りをしているシーン、内装等にすっかり感心して出てきました。トイレも素晴らしかった」など、加賀屋の方としばしおしゃべり・・・。今回のテレビ番組で、改めてすごい旅館だと認識しました。

|

真実のおもてなし その1

7/18のテレビ大阪(テレビ東京系列)「カンブリア宮殿/33年連続! 日本一の宿 能登・加賀屋の全貌」の最後で、村上龍さんが「編集後記/真実のおもてなし」に次のように書いています。
<おもてなしの心、日本社会の美徳の一つと言われるが、具体的にどんなことかわかっている人は意外に少ないのではないか。顧客満足といっても客には個性があり、好みも千差万別。もてなすためには「この客は何を求めているか」を過去のデータと経験と、なにより想像力で絶えず問い続けなければならない>
<加賀屋の伝説的な女将・小田孝(たか)は、目の前にいるお客を通して、まだ見ぬお客にも挨拶するつもりで頭を下げたという。また、加賀屋の客室係は、「幸せでいなければ、笑顔は出ない」と教えられる>
<加賀屋のサービスには、隙がなく、そして一片の嘘もない>
番組は、加賀屋がなぜ33年間も日本一を継続できているのか、一泊二食5万円もする高級旅館にどうして多くの客が集まるのか、その秘密を次々公開していました。
宿泊料金の高さから、お金持ちばかり利用しているのかと思ったら、違うんですねえ。「一生のうち、1回は加賀屋さんに泊まって見たかった」という全国の人たちが、還暦や結婚記念日等思い出の旅に使い、そしてみんなが5万円の価値を認め、満足して帰っていきます。

|

07/19/2013

難しい漢字を覚える その84

Photo

朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「呪符(じゅふ)」です。
じゅふ【呪符】とは、種々の災難をしりぞけ、幸いをもたらすとされる物体。奇石・骨・お札など多様。護符。お守り。

「口だけの兄に、竹に付けた呪符(じゅふ)を持たせる」(口+兄 →呪、竹+付 →符) 

|

里中満智子さん その2

2)「しくしく泣いて状況の好転を待つ女だけは描くまい」、「自分で決断するヒロインを描きたい」。編集者の反対を押し切って描き続けた里中さんの強い信念に、敬服します。ヒロインは強くて当たり前、と「覚悟と使命感」の女性を追い求めます。
「覚悟と使命感を持てば、前向きに取り組むことができる。女は強いものだ」という里中さん自身の生き方・信念は、漫画を通じて読者に伝わります。里中さんのそうしたメッセージに勇気づけら、強く生きることができた女性(だけでなく男性もそうでしょう)は多いことでしょう。マンガの持つ魅力・威力を感じます。

3)凛とした生き方を強調する堅苦しい内容だけでなく、おもわず笑ってしまうようなシーンもありました。お母さんがわざと襖越しに「満智子なんか、最初からこの世にいないものと諦めましょうね」と泣きまねをして脅した話など、ちょっと切ないけどほっとする場面でもありました。

4)里中さんは今年中にライフワークの「天上の虹」を完成させます。6/5のNHK「歴史秘話ヒストリア/伊勢神宮」を観て、天武天皇のパートナーとして新しい都の建設・律令制度・歴史書の編纂を行った天武天皇夫人、のちの持統天皇が始めたのが伊勢神宮の式年遷宮と知りました。その持統天皇の強い生き方を史実と里中さんの創造力で描いてきたのが「天上の虹」。図書館にあるかな?

|

南海地震は200~300年後

6/15付紙面で「(東海地震は)起きた記録が過去にないのだから、あったとしても極めてまれでしょう」と書いた朝日が、7/19付朝刊にまた、地震の予測記事を書いています。東大地震研瀬野徹三教授の新説。過去の南海トラフ沿いで起きた地震を再検討した結果、
<次の地震が起きるのは200~300年後で、最大規模も最大でもM8.8にとどまる>。

通説の「100~150年間で発生(=もういつ起きてもおかしくない)し、最大クラスはM9.1」とはかなり違ってますね。
なお、この先生を検索すると、「2007年前後に東海地震が起きる確率が高い」と2002年に学会で発表された先生です・・・

|

07/18/2013

「じぇじぇじぇ! 鹿の糞を処理しているのは?」

きのうのNHK「ニューステラス関西」で面白い映像を流していました。奈良公園と言えば鹿。1,300頭もの野生鹿がゆうゆうと歩いています。その割に、糞をあまり見かけません。なぜでしょう? だれか処理する人がいると思っていたのですが、違いました。

まさか、働き者のコガネムシ50種類が、せっせと食べて分解してくれていたとは・・・自然の生態系はこうして守られているのですね。ルリセンチコガネが、糞を後ろに引っ張って深さ15cmほどの穴に引き入れ、中で掃除(分解)してくれる様子を映像で放送していました。
ルリセンチコガネを傷つけたり、捕まえて持ち帰ることは、県条例で禁じられているそうです。こういう虫は大切にしたいものですね。

意外な自然界の営みを教えてくれた、興味深い作品でした。

|

料理 ジャジキ

Sp1050396


Sp1050398


夏向きのさわやかな極上ディップ(dip)です。去年初めて作ってとてもおいしかったので、今年も作りました。
ディップとは、「パン・クラッカー・ポテトチップ・生野菜などにつけて食べるためのペースト状の料理。クリームチーズ・カッテージチーズ・生クリーム・サワークリーム・マヨネーズ・ヨーグルト・アボカドなどを単品またはいくつか合わせたものをベースにして、種々の調味料・香辛料・レモン汁などを加える。また、たまねぎなど野菜のみじん切り・ゆで卵・アンチョビー・ツナ・辛子明太子などを混ぜることも多い」(「和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典」)という代物。
そして、ジャジキは、「ギリシャ、トルコのヨーグルト&キュウリ&ニンニクのディップ」です。

(材料)
A:バージンオリーブオイル 5mL、白ワインビネガー 5mL、にんにく(みじん切り) 少々、塩・こしょう 少々
B:ギリシア風ヨーグルト 100mL(ヨーグルトから水分を除去してペースト状にしたもの。私は毎日、牛乳から自宅で作っているカスピ海ヨーグルトを使って作ります。写真のようにペットボトルを半分に切って作った容器のうえにガーゼを乗せ、そこにヨーグルトを流し込み、1昼夜置きます。ガーゼに残ったペースト状のものがギリシア風ヨーグルトです)、サワークリーム(市販品、私がいつも使うのは「メイトー」製)、100g、きゅうり(賽の目切り)1.5本

(作り方)
B(ギリシア風ヨーグルト、サワークリーム、きゅうり)をよく混ぜて、さらにAを加えて練ります。これを冷蔵庫で冷やせば完成です。

|

履歴残さない検索サイトが人気

7/12の朝日新聞夕刊に面白い記事が・・・。グーグルなどの検索サイトは、利用者の履歴を追跡し、個人のメールやチャットの内容に関連付けられた情報を蓄積します。対象を絞った関連広告を展開するためです。このビジネスモデルは、諜報機関の格好の標的になっています。ここに登場したのが、利用情報も検索履歴も保存しない新興検索サイト。俄然、人気が集中しているそうです。

例えば、ダックダックゴー(米)は検索件数が2倍以上の360万件と過去最高になりました。2008年にサービスを開始し、日本語でも検索できます。IPアドレスも保存しません。広告は検索語を手掛かりに表示します。データが個人の特定につながらず、たとえ政府から命令されてデータを提出しても何の役にも立ちません。
同様な検索サイトとして、オランダのイクスクイック、スタートページがあるそうです。

昔の素朴な検索サイトに戻るってことですかね。

|

07/17/2013

難しい漢字を覚える その83

Photo


朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「洟を拭く(はなをふく)」です。

「自ら一番に弓ひく人、たらした洟(はな)を拭く」(自ら=水=部首さんずい +一+弓+人 →洟)

|

男は住んで試してみな わからん

わかぎゑふさんの「家族を語る 2 ユニークな父の思い出」(産経 7/13朝刊)の見出しにはちょっとびっくり。「男は住んで試してみなわからん」。
15歳のとき、「ちょっとそこに座れ」と言われて、「おまえな、16になったら結婚できるの知ってるか。契約結婚せえ。男はな、住んで試してみなわからんから」。「とりあえず1年か2年契約せえ。学校には俺が言うたるから」・・・
その後の展開は省略しますが、わかぎさんの感想です。
<「勉強しろ」とか「家に早く帰ってこい」みたいなことは全くなかったですけど、その時は「うちのお父ちゃんってすごいなあ」と思いましたね>
7/6の第1回には、「父が何回結婚したかは知らないんですけど、36歳の時に母と結婚して、そこから20年くらいして私が生まれたんです」。
遅刻には厳しかったそうです。「遅刻をしたらどんなにいい仕事をしても人格を疑われる」。家じゅうの時計は、ばらばらに進めてあったそうです。

ユニークなお父さんですねえ。

|

ボケないセミナー その14

産経にも右脳と左脳をフル活用する「脳作業」を紹介する記事が載っていました。7/5夕刊です。その方法は、「回文つくり」。「保安官あほ」「チンピラピンチ」「かたきが来たか」「痛い! 阪神敗退」「奇跡の力、虎勝ちの奇跡」。回文を考えるためには、右脳と左脳をフル活用しますので、脳の活性化にいいそうです。
「回文つくり」とは、ちょっと手ごわそうですね。

「たのしい回文」(せとちとせ=瀬戸俊昭、創元社、¥1,000)

|

07/16/2013

キトラ発見30周年記念シンポジウム その1

奈良県明日香村のキトラ古墳(特別史跡)で極彩色の四神壁画が発見されて30年になるのを記念して、シンポジウム「1300年前の国際交流 ――キトラ古墳からのメッセージ」が 7/13 阪急梅田ホールに350人の来場者を前に開催されました。同古墳の歴史的意義や、将来の保存・活用について、学者・明日香村村長・新聞社のみなさんが講演したり、議論を交わしました。

詳細内容は、近日、朝日新聞文化面で紹介されます。
私が興味を持った話をいくつか次回以降、記録します。

|

里中満智子さん その1

7/15朝6:30から放送されたNHK「ホリディーインタビュー」に登場したのは、マンガ家・里中満智子さん。大阪府立弥生文化博物館の大きなスクリーンで古代史を語るお方でもあります。私はいままで里中さんの作品を読んだことがありません。番組をみて、彼女のライフワーク「天上の虹」を読みたくなりました。ちょうど1.5年かけて宮部みゆきさんの全著作(約50冊)の大半を読み終え、新たな読書目標を探していましたので・・・

番組で紹介された里中さんの魅力について、いくつかご紹介します。
1)小3から漫画を描き始め、先生や母親など周囲から反対されてもめげることなく、高2で新人賞を取ってマンガ家デビュー。アルバイト禁止の校則を突き付けられ、「学校は一生行くところではないが、漫画は一生の仕事」と、15分で高校中退を決断。まさに「自分で決断する女」の面目躍如です。

|

料理 ガスパチョ

Sp1050395


スペインの冷たいスープ「ガスパチョ」。「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」、先週のテーマは「ナスとトマト」でした。7/11放送分が「ガスパチョのホタテ添え」、ホタテを省略してスープだけ作ってみました。ゲストの生田智子さんが感激し、旦那さん・ゴン中山のために作ると宣言したスープです。上沼さんも「うわぁ、このなめらかさ。感動でふるえそう。食べるのがもったいないような」。
夏向きのあっさりした冷たいスープです。
(材料)2人分
トマト 2個 ←皮を剥いてスプーンで種を取り除く。
パプリカ 30g、玉ねぎ 30g ←薄切り
きゅうり 40g ←滑らかに仕上げるため、青臭みを取る為、皮を剥き、薄切り
にんにく 1/4片 ←みじん切り
バージンオリーブオイル 大匙1
赤ワイン酢 小匙2
水 100mL
塩 小匙1
タバスコ 3~4滴
(作り方)上の材料をミキサーにかけて、冷蔵庫で冷やします。

詳細やポイントは「おしゃべりクッキング」HPの7/11分で確認を。

|

100年後まで残る創作漢字募集

Simg_20130716_0001


第4回「創作漢字」募集が始まりました(7/12 産経朝刊)。主催:産経新聞社・立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所、特別協賛:富国生命、協賛:Z会、協力:平凡社。
現代の世相や生活、夢を反映した一コマを「創作漢字」にして応募を。審査は加地伸行氏、作詞家・秋元康氏。
締め切りは9/20です。

|

阪急のキリンさん

Sp1050380


Sp1050381


Sp1050382


阪急梅田本店の9階、巨大なイベントスペース「祝祭広場」のキリンについて以前、書いたことがあります。テレビで150万円と言っていたのでそのとおり書いたのですが、今回、近づいてよくよく値札を見ると、480cmのキリンで93万円となっています。(もっと大きいのがあって売れてしまったのか、私の聞き間違いだったのかよくわかりませんが)。
ほかにもいろいろな動物があり、まるであたりはちょっとした動物園です。
祝祭広場を上からみた写真とともにどうぞ。

|

住吉大神守護所

Simg_20130715_0001

わが家に、「住吉大神守護所」のお札を飾りました。住吉さん(住吉大社)のありがたいご利益により、ことしの後半も無事過ごしたいものです。

|

07/15/2013

ボケないセミナー その13

「ボケないセミナー」は日経主催でしたが、7/14の朝日・天声人語にもボケない秘訣が書いてあったので紹介します。
キーワードは、「キョウヨウ」と「キョウイク」。ただし、「教養」と「教育」ではありません。「今日、用がある」と「今日、行くところがある」です。

「頭の体操」で有名な多胡輝さんが、著書「100歳になっても脳を元気に動かす習慣術」で紹介している言葉だそうです。

「今日、用がある、今日、行くところがある・・・若い時から準備しておかないと」、と天声人語の筆者が、自戒の言葉を書いていました。

|

ボケないセミナー その12

(運動)
大貫先生が推奨された運動は、水中ウォーキング。「水中ウォーキングは断トツにいい。脳の老化防止になる。ただ水の中で歩いていればいい。ぜひ水中ウォーキングを! 40分で2時間のジョギング相当の効果がある。短時間で効果があがる」。
歩いたり、走ったりのインターバルジョギングや両手にポール(スティック)を持って走るノルディックジョギング等、とにかく「頑張っている人が勝ち!」
(アルコール)
高木美保さんの質問「私は喫煙はしませんし、アルコールも弱いのですが、アルコールと認知症の関係は?」に大貫先生は、
「お酒を飲むと血流がよくなります。アルコールは1日おきに適度の晩酌をする程度なら、一生続けても問題ありません」。ただ、飲みすぎると睡眠が浅くなりますのでご注意。
(睡眠)
身体が疲れていないと、休みがまだ必要ありませんのでぐっすり眠れません。そういう時は起きて勉強することです。7.5時間以上の睡眠はよくないそうです。というのも人間の体は、朝6時から夕方6時くらいまで交感神経、それ以外の時間帯は副交感神経に切り替わります。朝6時になったら前日のことは忘れて、新たにリセットしましょう。

今回のセミナーの詳細は、日経新聞7/下旬に特集記事が掲載されます。ボケるのが嫌な人は必読です。(終)

|

07/14/2013

フェルメール 光の王国 その2

去年11月に実物を観た「真珠の耳飾りの少女」と、よく似た名前の「真珠の首飾りの少女」(こちらも去年、別の展覧会のために来日しました)の比較を写真でどうぞ。
また、フェルメールの微妙な光を再現できるセットがありましたので、自分をモデルに写真を撮りました。 1月に実物を観た「真珠の耳飾りの少女」と、よく似た名前の「真珠の耳飾りの少女」(こちらも去年、別の展覧会のために来日しました)の比較を写真でどうぞ。
また、フェルメールの微妙な光を再現できるセットがありましたので、自分をモデルに写真を撮りました。

|

ニセ科学にだまされるな  その8」

続いて、「ゲルマニウム」です。ゲルマニウムを使った健康に効果があるとされる商品はじつに多彩。ブレスレットなど身につけるもの、繊維・衣類、ツボに貼る医療器具、温浴、サプリメント、ゲルマニウム含有水・・・。身に付けても飲んでもいいと宣伝されています。「ゲルマニウムは32℃で電子を発生する」とよく書かれているそですが、これはまったくのデタラメだそうです。
物理学者の阪大教授・菊地先生によれば、「ゲルマニウムが身体にいいという迷信は昔からあり、現在はそのリバイバル。科学的な根拠はありません。身に付ける場合、毒にも薬にもなりません。ただし、サプリメントとして飲むのはやめた方がいい。必須元素ではないし、純ゲルマニウムや酸化ゲルマニウムは、腎臓障害を起こすこともあります」。
健康にいいはずが、逆に健康を害するとなれば怖いですね。

(次は「波動」です)。

|

フェルメール 光の王国  その1

Sp1050385


Sp1050389

阪急梅田本店で、フェルメール全作品37点を原寸大の複製で紹介する展覧会「フェルメール光の王国展 in Osaka」が開かれています。(入場料 1,000円)
フェルメールの全作品を一堂に集めた画期的な催しです。写真撮影OK(フラッシュ不可)ですので、多くの方がシャッターを切っていました。どの作品も微妙な光を見事にとらえた傑作です。
複製とはいえ、最新のデジタル技術を使った印刷ですし、立派な額縁に入っていますのでまるで、本物をみているような気分。世界中に散らばった37点がすべてみられるのですから実に贅沢な展覧会です。絵に近づくと、絵の具の盛り上がりがありませんから、ちょっと違和感がないこともありませんが・・・。

昨年11月、神戸市立博物館「マウリッツハイス美術館展」で実物を観た「真珠の耳飾りの少女」「ディアナとニンフたち」もありましたし、グランフロント大阪北館に展示されている上下左右どの角度からもデジタル3D立体表示できる「牛乳を注ぐ女」も、もちろん並んでいました。

|

男性トイレにもおむつ替え台、ベビーチェア

Sp1050383


Sp1050384


阪急うめだ本店の男性トイレの入り口です。以前、グランフロント大阪のトイレ入り口の配置図表示を紹介しましたが、阪急の男性トイレにはベビーシート(おむつ替え台)、個室内にもベビーキープ(ベビー専用チェア)が設置されています。商品のイメージがわかない方は、combiのHPをご覧ください。
https://www.combiwith.co.jp/biz/products/index.html

|

JR大阪駅の<世界にひらく大阪>

Sp1050376


JR大阪駅中央南口にある巨大な壁画レリーフです。大阪市とその姉妹都市の風俗・文化を描き、オブジェは友愛のかけはしを象徴しています。
あらためて足を止めてみあげるとデッカイ!

|

御座候

Simg_20130714_0002


姫路の「御座候」(ござそうろう)といえば、焼き饅頭。全国いたるところで、今川焼、回転焼、大判焼、太鼓饅頭等の名前で実演販売されていますが、どうして「御座候」なのか? かねて不思議な名前と思っていました。たまたまJR大阪駅のショップで買ってきて、夜、産経朝刊を見ると、「関西甘味(スイーツ)図鑑」欄が「御座候」を取り上げていました。
<「御座候」は元々屋号だったが、常連客らが、「御座候5個」「御座候10個」と注文するようになったことから、商品名にもなった>。
屋号だったのですか・・・

|

07/13/2013

ボケないセミナー その11

(食べ物、水)
高木さんの面白い表現を聞きました。「生野菜はビタミン豊富、健康になるし、食べる喜び、香り、味、色、歯ごたえ・・・サラダを食べると、口の中で音楽を聴いているように感じます」。「口の中で音楽・・・」素晴らしいたとえですね。

大貫先生は、女性の水摂取が足りないと指摘。今の女性は、戦後直後の人と同じくらい不足しています。カロリーのない水を毎日最低1.5リットル飲まなければいけないそうです。若い女の子が、むくむのが嫌と水を取らないのは間違い。夜、トイレに起きたくないからというのもダメ。「トマトは水を少なくした方がおいしく育つ」と言った高木さんに、大貫先生が「トマトには通用しない話かもしれませんが」と言うと、「トマトはボケません」と高木さん。

|

ペットボトル、何時間まで大丈夫?

今朝の産経に、「ペットボトル飲料 4,5時間を目安に飲み切る!」という記事が出ています。ペットボトルを飲むとき、ふつう口を付けて飲みますね。衛生上、どうなのか心配になります。記事は、口で飲む場合とコップに移して飲む場合の細菌数を時間経過とともに調べています。
Simg_20130712_0001

500mLの「保存料無添加の麦茶」と「糖分の入ったスポーツ飲料」を使い、室温27℃、湿度85%の中で、5歳女児に2時間おきに5回、30~50mLずつ飲んでもらっています。食事は途中1回、おやつは数回、歯は磨いていません。
結果は、ともに口を付けた方の細菌が増殖し、保存料無添加という条件では、麦茶の方が極端に増え、8時間後に1mLあたり3万3千CFU(菌量の単位)。食中毒の目安は100万以上だそうです。温度がさらに上がって長時間持ち続けたペットボトルは要注意です。記事は、4,5時間を目安に飲み切ることを勧めています。早めに飲み切れる350mLを選ぶのも一つの選択。

|

07/12/2013

パン嫌いの賢いパンの食べ方

わかぎゑふさんの「大阪のおばちゃん目線」第60回(「クラブカンテーレ」7/11号)に、小学生のころ給食のコッペパンを残す名人だった、という記述がでてきます。その方法がさすが、才能のある人は違うと思わせます。2本のうち1本は残していいという規則になっていたそうですが、わかぎさんは、<1本の裏側からパンをほじくって食べ、中を空洞にする。そしてもう1本をちょっと握って小さくして、穴のあいたパンに押し込んで、表面だけを先生に見せて「残していいですか?」と聞くような賢い子供だった>。
いま産経新聞に、わかぎゑふさんのインタビュー記事が連載されています。第1回はお父さんの思い出でした。次はどんな話でしょうか?

|

07/11/2013

肩書は 家事手伝い?

石井英夫さんといえば、「産経抄」を35年間執筆し、菊池寛賞も受賞した名コラムニストです。毎朝、新聞を開いてまず一番に読むのが楽しみだったものです。
2年前の読売新聞「編集手帳」に、「敬愛する同業の先輩」として登場。「数年前に会社を退き、いまは家事手伝いという肩書を印刷した不思議な名刺を携えて、雑誌などに健筆をふるっている人」として紹介されたそうです。同コラムは、「(石井さんに)新聞記事はストーブの石炭ガラのようなもの。次の日には捨てられてしまうが一昼夜人々の心を暖めたと思えば満足、と教えられた」というちょっといい話。
7/6付産経「浪花ぐらし」に、石野伸子編集委員がこんな文章を書いています。石野さんが「(家事手伝いは)まったく肩書詐称じゃないですか」と突っ込みを入れたところ、石井さんの反論は「料理はしないが買い物には行く」。
<家事手伝いは、家事を手伝う人だから家事を主たる業務とする主婦とは違うというニュアンスで使われてきたのだろう。新聞にもさかんに登場する。ただ、男性で家にいる人の場合、無職とか年金生活者と書く人が多い。(石井さんの肩書「家事手伝い」は)巧まざるユーモアと毒気を発揮した名コラムニストの面目躍如というところだろうか>
そして<わが家の年金生活者に(石井さんの)名刺を見せると、大いにわが意を得たりという顔をした。ただし、「手伝い以上なので家事従事者もいいか」と案じている。どうぞご随意に>。
なるほど、今度名刺を作る時は、私も「家事手伝い」にしてみようかしらん。皿洗いと掃除くらいはしているので。

|

カルピスの水玉模様は・・・

いつも冷凍庫に常備している「カルピス・シャーベット」(フリーザーパックにカルピス1:牛乳2を入れて混ぜ、冷凍するだけ)、先日、孫もおいしいと喜んで食べてくれました。無くなりかけたので、「カルピスを買ってこなくては・・・」とスーパーのチラシを眺めていると、「2日間特売」で破格の価格。さっそく2本買ってきました。これでしばらく大丈夫。
ところで7/7の朝日新聞「天声人語」が、1919年7月7日発売の歴史ある商品「カルピス」を取り上げていました。パッケージの水玉模様は天の川の星々を表しているそうです。同記事に、カルピスが実施した意識調査の結果が書いてありました。
<織姫と彦星が夫婦だと正しく理解していた人は1割もなく、9割の人が恋人と誤解していた。2人は働き者だったが、結婚してから機織りと牛飼い仕事を怠けるようになり、天帝の怒りを買って引き離され、年に1回しか会えなくなった>
そうでしたっけ?

|

柳原良平さんのトークショー その4

S


S_2


「世界中の海洋博物館はどこもガラーンとしている。客が入らないことは最初からわかっている。赤字を覚悟してつくるべき。閉館するなんて、もってのほか」。穏やかな話しっぷりでしたが、強烈な批判です。「なにわの海の時空館は、あそこに行く途中に、食べ物店を作るべきだった」。時空館にあった柳原良平コーナーの絵は、現在一部が歴史博物館に展示されています。
最後に大阪築港の可能性について。
「たそがれていますからねえ、私だけでなく港も船も。船の名は英語になって○○丸は消え、日の丸もないし。関心をもて、といっても無理。港じゃなく周辺を繁盛させるには、横浜や神戸と比べないで、天保山と築港でいいじゃないですか。人が来ますよ」。
「街づくりといえば、すぐ儲かることばかり考える。ゆるキャら、AKB・・・おもしろくない」。(終)

トークショーのテーブルの上には、船の模型や「船の本」、トリスハイボール等がおかれていました(写真)

|

07/10/2013

司馬遼太郎学術講演会特集記事

Sp1050374_2

6/8にサンケイホールブリーゼ(大阪市)で開催された「司馬遼太郎記念学術講演会/越境する知と日本人のこころ」(主催・大阪大学、共催・産経新聞社)の特集記事が今朝の産経新聞(大阪本社版)に掲載されています。
日文研所長・小松和彦氏と文芸評論家・三浦雅士氏の基調講演、京大名誉教授・上田正昭氏のビデオレター、小松・三浦両氏に石野伸子編集委員を加えての対談が1ページにまとめられています。

|

ビールは逆効果

きょうのヨミウリ オンラインに、熱中症の記事がでていましたが、その中に、
<熱中症の予防に詳しい谷口英喜・神奈川県立保健福祉大教授は「日常生活に注意することで、熱中症は予防できる」と話す。
 まず、のどの渇きを感じたら必ず水分を補給する。汗で失われる塩分もとれるスポーツドリンクも良い。高齢者は渇きを感じにくいため、定期的に補給する必要がある。アルコールは体の水分を奪うためビールなどの摂取は逆効果だ。水分の約半分は食事から摂取しているため、3度の食事もしっかりとる>。
ビール好きの人は、「ビールで奪われる水分を補うにはいくら水を余計に飲めばいいのか」を知りたいところでは?

|

参院選 投票へ

いつも期日前投票をしているのですが、今回は少々早めに投票を済ませてきました。珍しい人から封書が・・・と開けると「誰々さんをよろしく」といった紙切れが入っていたりして、雑音の少ないうちに済ませてしまおう、ということで。いつも出口で2社くらい待ち構えているマスコミの出口調査員も、今回はいませんでした。投票日まで、まだ11日もありますからね。

前回まで、期日前投票をする理由を書く用紙をもらって記入していましたが、今回から投票用紙の裏に印刷されていました。いつも「生年月日は?」と聞かれていたのに、今回はなし。選挙区は個人名、比例代表は政党名を記入して出てきました。

衆院と参院で比例代表の選び方が違っていて、ややこしいですね。衆院は拘束名簿式で政党内の順番が決まっています。参院は非拘束名簿式で、立候補者の得票数によって順番を決めます。有権者は政党または立候補者に投票 → 政党票と、政党に属する立候補者の票を合算した上で、まず政党の獲得議席を決定し、次に政党内の立候補者の得票数によって、当選者を決定します。ドント式は同じですが・・・
名前も、衆院は「総選挙」ですが、参院は「通常選挙」。

|

07/09/2013

柳原良平さんのトークショー その3

歴史博物館の研究者から築港の歴史と建造物の紹介があったあと、再びトークショー。おもしろかったのは柳原さんの発言。
「役人はすぐきれいにしたがるが、はしけの消えた港はおもしろくない。絵を画く気がしない。汚いものにも美しさがある。大阪の築港は倉庫とハシケがあるだけで絵になっていた。神戸は埋め立て地が増えて魅力が薄れた。横浜の赤レンガ倉庫もぺんぺん草が生えた倉庫だからよかった。今のように赤レンガパークになってからは画いたことがない」。
「商船三井ビルは、更地にせず、中を飲み屋にすればいい」。
「今後の活性化策? 若い者に来てもらうようにするのは難しいなあ。海遊館には集客力がある、旧サントリーミュージアムは1階から5階まで全館、時代ごとのバーにしたらいい。

|

難しい漢字を覚える その81

Photo


朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「傾いだ(かしいだ)」
「<かたむいた>ことを<かしいだ>という」

|

07/08/2013

ボケないセミナー その10

(仕事をもつ)
高木美保さんは、那須高原で農作業をしています。脳がリラックスされ、活力を取り戻せるだけでなく、3カ月後、半年後、1年後の植物の成長や輪作を避けなければいけない植物を考慮して、今度は何を育てようと考える等、先のプランを考えるようになりました。土をいじること、手先を動かすことの大切さも紹介しました。
大貫先生によれば、脳卒中等のリハビリは、たんに元の機能に戻すだけでなく、本来使っていなかった周りの機能も向上させます。他人に喜んでもらったり、褒めてもらう(=報酬)とドーパミンが出て刺激が増します。仕事の多いほうがボケません。「もういいや」と思うと認知症が進みます。
高木さんはホームヘルパー2級の資格を取って、都内で介護の仕事をしていました。そこではおじいちゃん・おばあちゃんの出番がありません。田舎に移住すると、おじいちゃん・おばあちゃんにも活躍の場が多く、ボケの人も少なく、皆さん元気だと感じます。
大貫先生は、離島医療にも携わっています。奄美大島の86歳のおばあちゃんに「ボケはどうですか?」と尋ねたところ、「いやだよ、86歳でボケなんて!」と大笑いされたそうです。昼休みに「ちょっとうちに来て食事を」と誘われてついて行ったところ、往復3~4キロもあり、午後の診察に遅れたことも。運動は認知症にものすごくいいという事例です。

|

柳原良平さんのトークショー その2

Photo


就職した壽屋での仕事は、新聞広告のイラスト画きが柳原さん、コピーを作るのが開高健さん。家庭にテレビが普及してくると、動きのあるアニメが必要となり、白目と黒目がきょろきょろ動く新しいキャラクターを作ろうとアンクル・トリスを考案。頭のはげた年配の男性にしたのは、長年働いてご苦労様と思ってもらえるように。若者にしてアル中奨励と取られると困るという思いがあったそうです。当時のCMは1分くらいあってドラマ仕立てにできました。「今のように15秒ではドラマが作れません」。
柳原さんがサントリー社員だったのは5年だけ。他社の仕事が増えたのと、もともとフリーの画家になりたかったため。サントリーを辞めて船に専念できるようになり、「船の本」を作りました。「船だけでは乗物図鑑みたいでおもしろくない」、柳原さんの絵には、船だけでなくハシケやハシケを引っ張るひき船が画かれています。開高健さんも芥川賞を受賞し、サントリーを辞めています。

|

07/07/2013

柳原良平さんのトークショー その1

柳原良平さんといえば、アンクル・トリスや船の絵で有名なイラストレータ。トークショーがあるというので事前申し込みをして、6/29大阪歴史博物館に出かけました。柳原さんっは、大阪築港の父と言われる西村捨三さんの曾孫。若いころやんちゃをして親から勘当されかかり、「お前はこれから捨三だ!」と言われ、そのことを肝に銘じるため「捨三」で通した人。天保山に銅像があります。
柳原さんは子供のころから船が大好き、船の絵はがきを集めたり、旧制中学4年のころには船会社から設計図を見せてもらって模型を作っていました。おかげで大阪商船の社長とも知り合いになったそうです。
毎週日曜日に天保山に出かけ、どの船が戦争で生き残ったかを調べ、絵を画き、必ず設計図みたいなものを作り、1日で模型まで作っていたといいますから並の子供ではありません。
美術学校を出て、先輩とともに壽屋(のちのサントリー)に就職。船会社を志望しましたが、「もう客船を造らないので、船の絵を画く人間はいらない」といわれ断念、酒が好きと言うわけではなかったそうです。

|

ボケないセミナー その9

後半はパネルディスカッションでした。
(趣味を持つ)
高木美保さんは、去年50歳になり、セリフが出てこないことがあったので「これはいけない」と英会話をスタート、以後、頭の整理がしやすくなりました。新しいことに取り組むことが大切だと感じているそうです。
大貫先生は「習い事、新しいこと」にチャレンジすることが、認知症予防になると強調、「小さいときにやりたかったこと、昔やってみようと思ったことに取り組んでみましょう。脳の刺激になります」。
15か国語をしゃべる人のMRIをみると、違う言葉をしゃべるたびに言語中枢が少しずつずれて光るそうです。バイリンガルの人は、同じ部分が光ります。「後天的に新しいことに挑戦した場合、脳がどんどん活性化します」。「高木さん、第三の言語にも挑戦するといいですよ」

|

ボケないセミナー その8

大学で5時間の講義内容を1時間に圧縮しての講演でしたので駆け足でしたが、大変有意義なセミナーでした。
基調講演の最後の方で、「健康長寿 90歳でお散歩を」のアイディアが紹介されたのですが、その中に「あなたは右脳タイプ? 左脳タイプ? 絵を描こう! 右脳を育てていつまでも元気な脳で生きよう」という項目がありました。
自分が右脳タイプか、左脳タイプかを見分ける方法は・・・両手の指を体の前で組んだとき、右の親指が上に来る人は左脳タイプ。理論派、着実、箇条書きにまとめる、順番に整理整頓、無駄が少ない、大化けしない。
左の親指が上に来る人は右脳タイプ。直感型、芸術向き、グラフにまとめる、無駄、大化けする。

|

ボケないセミナー その7

「タバコ100害」というスライドもでてきました。「肺がん、喉頭がん」「脳卒中」「心筋梗塞」「喫煙者の家族への健康被害甚大」「換気扇の下、ベランダもすべて無効」「自宅では吸わない、さえ無効」、さらに恐ろしいのは、「小児の突然死の原因」「子どもの健康人生に対する虐待」。そして、「タバコを吸う人の人生の経済損失は3,000万円!」。
大貫先生は「タバコをやめれば、マンション1つ買えますよ」。

前回も書きましたが、「脳ドッグで脳の喫煙被害を確認し、1本でも早く完全喫煙を!!」
喫煙者のMRIは一目見てわかります。自分で恐ろしさを実感すれば、やめざるを得ません。

その他、脳の治療はテーラーメイド治療の時代へ(五感刺激療法・右脳開発療法・Clinical Art Theory)、認知症はテーラーメイド治療の時代へ(薬物療法・運動療法・脳活性化療法・栄養管理&食習慣指導・神経再生療法・遺伝子治療)、タクティール・タッチ(全身の皮膚を包み込むようにして、一定のスピードで決められた形で皮膚を撫でることにより、皮膚の感覚受容体が刺激され、さらの脳からオキシトシンが放出され、安心感・信頼感・落ち着き・幸福感をもたらす →妊婦のケア、学校の子供たちの絆を深める、脳機能障害のリハビリ)等が紹介されました。

|

07/06/2013

見たい番組を見逃さない

NHKネットクラブの「お気に入り番組ウオッチ!」に登録しておいたら、「今晩ですよ」とメールが届きました。深夜ですので録画して見ることにしましょう。

[番 組 名 ] ケンボー先生と山田先生~辞書に人生を捧げた二人の男~
[チャンネル] BSプレミアム
[ 放送日時 ] 2013年7月7日(日)午前1:10~午前2:10 [6日(土)深夜](60分)
[ 番組詳細 ] https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20130706-10-15996

|

難しい漢字を覚える その79

Photo


朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「贔屓(ひいき)」です。
「貝三つ、そうかい ひいきにするよ」(貝三つ→贔 そう→層の3画まで=しかばね +かい=貝)

|

07/05/2013

難しい漢字を覚える その78

Photo


朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「行李(こうり)」です。
「行く木の子、行李背負って旅に出る」(行 木+子→行李)
なんのこっちゃ、と言われそうですが・・・勢いのいい若木が行李を背負って武者修行に出かける姿を頭に描いてください。(木が歩くのか?と言われても・・・)
以前、松坂慶子の名前が出てこなかったとき、両側に松の木の生えた坂道を稽古しながら歩く松坂恵子をイメージすることにしました。それ以来、いつもすらすら口からでるようになりました。

|

宮部みゆきさんの<チエ子>

2011年光文社文庫。「雪娘」、「オモチャ」、「チヨ子」、「いしまくら」、「聖痕」の中短編5編を収録。ファンタジー&ホラー作品集です。
「雪娘」(「雪ン子」改題):12歳で殺された同級の女の子、20年後の同窓会で幽霊が・・・意外な犯人が明らかになります。
「オモチャ」:古き良き商店街を舞台にしたおもちゃ屋にまつわるゴースト・ストーリー。
「チヨ子」:アルバイトの女子学生がピンクのウサギの着ぐるみの中から見た外の世界は・・・。何かを大切にした思い出、何かを大好きになった思い出。人はそれに守られて生きているのですね。
「いしまくら」:水上公園で女子高校生殺人事件があった後、幽霊が・・・。ボーイフレンドといっしょに犯人捜しを始めた娘。警察が逮捕した犯人は?
「聖痕」:子ども問題専門の女性調査員にきた奇妙な依頼。都市伝説のようなサイトを巡って展開するストーリー。やがて意外な結末へ。

|

07/04/2013

数字のカラクリ

昨夜の「クローズアップ現代」で紹介されていた問題です。テーマは統計学です。
うっかりすると、この手の問題にはひっかかりますね。ご用心、ご用心。統計学の基礎が頭に入っていれば、大丈夫なのですが・・・
番組では、プロ野球の統一球について、昨年と今年のホームラン個数からカイ自乗検定を使って、球が同じ確率は1%以下という結論を導いていました。

1).<次の食品をあなたは禁止すべきと思いますか? 「心筋梗塞で死亡した人の95%がこの食べ物を摂取」し、「がん患者の98%がこの食品を摂取」し、さらに「強盗など凶悪犯罪者の90%が犯行24時間にこの食品を摂取」していた>
2).もうひとつ、<大学近くの不動産屋の広告です。「受験生のみなさまへ 当社で、お部屋の事前申し込みをしていただいた受験生さんの合格率は72%を超えています」。調べると確かに72%の合格率は正しい数値でした。でもちょっと引っかかりませんか?>

1)の食品は「ごはん」です。この場合、「心筋梗塞の人の95%がご飯を食べていた」、一方「健康な人の何パーセントがご飯を食べているのか」を比較し、差があるかどうかを調べなければ意味がありません。
2)のポイントは、データを取ってきたもとの集団は何か、にあります。受験生も優秀な実力を持った人から、記念受験をしただけで合格するはずのないレベルまでさまざま。部屋の予約をしようという受験生は、相当な自信を持っている人です。こういう人の合格率が高いのは当たり前です。

|

日本一のふんどし売り場

へえーと思ったのが、朝日6/22の記事。あべのハルカス近鉄本店に、日本一のふんどし売り場があるそうです。日本一の高さ、日本一の売り場面積、日本一の滞在時間に次ぐ4番目の日本一? というわけでもないでしょうが・・・。
「夏でも蒸れず快適」と人気があるようです。節電にも役立つファッションとして流行しているのでしょうか。
赤ふんや花柄など約50種類が並んでいるといいますから壮観? 女性客も買うそうですからびっくり。

|

NHKの独自映像

6/18夕方の大阪ABCが、G8首脳会談のニュースに関連して「オバマが、右傾化した安倍さんを嫌ったため、日米首脳会談が実現しなかった」と解説していました。安倍さんのfacebookにはオバマさんと一緒に歩いている写真等に、「いろいろ話しました。ゴルフ談義も含めて」。

NHKに提出したリポートに、「オバマが嫌って・・・は本当でしょうか。気になります」(この話はその後、一部新聞が取り上げ、国会でも野田前首相が問題にしました)と書いていたところ、7/2の「ニュースウォッチ9」が「NHK独自入手の映像」を流しました。G8の会場に入る前、オバマ・安倍の二人が真剣な表情で立ち話をしている様子です。とくに安倍さんは身振り、手振りで怖いほどの表情。周りに外務審議官2人が寄り添っての非公式会談でした。この時、安倍首相は「尖閣を巡る中国の要求には応じられない」と主張したとのこと。事前に30分、電話でも話していたそうです。各国から相次いで日本との首脳会談を要望され(特に経済協力)そちらを優先した、というのも嘘ではないでしょう。
NHKは、「安倍首相はオバマに言うべきことは言った。果たして非公式会談は結実するか?」というスタンスで報道していました。
ニュースの裏側はおもしろい・・・。

|

ややこしい・・・

参院選挙が近づいてきました。政党が多すぎて政策の違いを理解するのは大変。加えて紛らわしい政党名(<緑の党>と<みどりの風>)があります。
2日前、NHKの「ニューウォッチ9」で「政党名を間違えました。正しくは<みどりの風>でした」と訂正していましたし、<みどりの風>代表が「役所に届け出に行ったら<緑の党>と間違われ、ショックでした」と発言していました。党首討論会に出てきたのは、<みどりの風>で<緑の党>は出ていませんでした。
昨日もNHK大阪のニュースで、「近畿の政党別立候補予定者」の中に<緑の党>1名となっていましたが、6/27付産経新聞でチェックすると<緑の党>はゼロ。おかしいなあと思って政党のHPを見ると、<緑の党>から兵庫で1名立候補するようですね。産経をもう一度見直すと、この人は<諸派>となっていました。
似た政党名は混乱のもとですね。

|

文楽せんべい

Sp1050306


大阪歴史博物館のミュージアムショップで買った「文楽せんべい」です。7種類の文楽人形のかしらを描いた袋に、せんべいが入っています。もちろんせんべいにも絵が描かれています。卵、小麦粉、蜂蜜、砂糖から作られた上品でなつかしい味。菓匠・文楽の「文楽せんべい」です。

|

07/03/2013

難しい漢字を覚える その77

Photo


朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「埃(ほこり)」です。
「土 無理やりはがすと埃になる」(土+ム+矢→埃)

|

07/02/2013

難しい漢字を覚える その76

Photo


朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「諌める(いさめる)」です。
「東に向かって諌めの言葉を言う」(言+東→諌める)

|

ボケないセミナー その6

アルツハイマー病(1906年、オーストラリアの精神科医Alzheimer が51歳女性の症例報告、100年も前に病理解剖して老人斑まで指摘!)になりやすい7つの生活習慣とその対策は、
「タバコ」→喫煙者のMRIは脳が委縮しているのですぐわかります。喫煙者にMRIを見せると、その場でポケットの煙草を置いて「禁煙」を誓って帰るそうです。脳ドッグで脳の喫煙被害を確認し、1本でも早く完全喫煙を!!
「運動不足」→断トツのお勧めは水中ウォーキング。脳の老化防止に最適。ジョギング2時間と水中ウォーキング40分は同等の効果ですから、血流upにきわめて効率的な運動です。その他、歩いたり走ったりのインターバルウォーキング、両手にポールを持って歩く北欧流ノルディックウォーキングなど運動を習慣にすること。がんばっている人が勝ち。
「勉強不足」→脳トレ、漢検等、新しいことに取り組む。生活習慣ノートをつけて日々トレーニング。朝、新聞を読んで10項目覚え、夜いくつ書き出せるか? いつまでも勉強する。
高木美保さんは、去年50歳になってせりふが出てこなかったり間違えたので、これではいけないと英会話を始めました。1時間英語だけで話すようになって、頭の整理がしやすくなったといっていました。
「コントロール不良の高血圧」→120台/70台目標。
「コントロール不良の糖尿病」→血糖値正常化。
「体重オーバー」→標準体重目標。
「意欲低下」→必ず趣味を持つ。

|

オーシャンブルー?

マンションに隣接する庭に、さんらく亭さんのfacebookで見た花とそっくりのきれいな花を見つけました。朝顔の一種でしょうが、朝だけで花が終わらず、一日中美しい花を楽しませてくれます。これは「オーシャンブルー」でしょうか?
しぼんだ花は、お隣さんの庭に落下しますので、マンションの住民は花をめでるだけです。 Sp1050372


|

大阪・坐摩神社 その2

Sp1050272


この神社は、「全国渡辺姓発祥地」としても有名です。豊臣秀吉時代までは今の天満橋南詰めあたり(現在 八軒家)にあり、その付近の地を「渡辺」といいました。大阪城築城に当たり現在地に遷座する際に、元の「渡辺」の地名も移転し、全国の渡辺姓発祥の地とされています。ちなみに同神社の住所は、「久太郎町4丁目渡辺」と番地のかわりに「渡辺」となっています。 
写真は境内の案内板です。

|

07/01/2013

ハルカス効果、路線価上昇率日本一

きょうの夕刊1面トップ記事は、「路線価上昇 阿倍野1位、再開発押上げ 大阪トップ3位独占」、左半分は「景況観1年9カ月ぶりプラス 日銀短観 3月から12ポイント上昇」、社会面も「阿倍野激震 日本一の期待 新名所で路線価上昇」。

あべのハルカス西の阿倍野筋1丁目が前年比35.1%増で日本一の上昇率、ハルカス北のJR天王寺駅前が10.4%増で3位。2位はグランフロント大阪が開業したJR大阪駅近くの新阪急ホテル前17.4%。上昇率3位まで大阪市内という珍しい現象です。

アベノミクスで、確かに変化の兆しが見えてきました。多少の凸凹は避けられないでしょうが、このまま日本経済再興へと進んで欲しいものです。

|

大阪・坐摩神社 その1

Sp1050277Sp1050278


大阪市の南御堂の裏にあるのが、坐摩神社。正式名称は「いかすり」神社、通称「ざま」神社です。ここは「上方落語寄席発祥の地」です。江戸時代後期、境内に上方落語の中興の祖である初代桂文治が初めて開いた咄の席が上方落語の寄席興業の始まりです。平成23年、顕彰碑が奉納されました。

上方落語協会 桂三枝(現在、文枝)さんの名前で「天満天神繁昌亭への継承」という一文も書かれています。
<江戸時代後期 ここ坐摩神社において初代桂文治が開いた咄の席が上方落語の寄席興行の始まりです 以降 幕末から明治・大正にかけて多くの落語の席が誕生し上方落語は飛躍的な発展をとげました
昭和に入り 戦災等によって落語は定席を失いましたが 平成十八年九月「天満天神繁昌亭」が復活しました
ここに感謝と継承の思いを込め 初代桂文治の業績を顕彰し原点の証として「上方落語寄席発祥の地」の日を建立します >

|

難しい漢字を覚える その75

朝日新聞連載中の宮部みゆきさん「荒神」に出てくる「訝しい(いぶかしい)」です。
「牙をむいて言うなんて、いぶかしい」(言+牙→訝しい)
Photo


|

料理 焼き枝豆

S20130628p1050280


先日、NHK「あさイチ」で取り上げていた「焼き枝豆」を作りました。塩なしで甘い枝豆ができます。塩分摂取が心配な人に最適です。簡単にできておいしいですよ。
1)水洗いして、水分のついたままフライパンに入れ、40~60℃でゆっくり10分蒸し焼きにします。酵素が働いて、でんぷんが糖分に変わりますので甘さがぐっと増します。
2)最後に強火で30秒炒ります。

写真の黒っぽい部分は虫食いでなく、炒ったときにできた変色部分ですので。

|

日本一早い夏祭り 愛染まつり  その4

Sp1050349


Sp1050329


愛染堂境内のみならず、バス通りから入り口までの細い路地は人でいっぱい。特に夕方になると動きが取れないほど。浴衣姿の女性・子供が多いのも、愛染まつりならでは・・・。「夏が来たんだなあ」と思わせます。
毎年、一般公募で愛染娘が選ばれます。テレビ局が留学生の愛染娘にインタビューしていました。
境内のあちこちで愛染娘がカメラおじさんに笑顔でポーズを取っていました。

|

« June 2013 | Main | August 2013 »