« 選挙特番、民放トップはテレビ東京 | Main | 遅れた乗客は待たない・社員はエレベータ有料 関空拠点のLCC  その2 »

07/23/2013

遅れた乗客は待たない・社員はエレベータ有料 関空拠点のLCC  その1

NHK総合「新・ルソンの壺」(7/21)は「“ぶっ飛び価格”で空を制す ~関西発格安航空会社の挑戦~」。
LCCの安さを可能にする手段として、「座席数を増やす」・「機内食の有料化」・「ボーディングブリッジを使わず、使用料不要」はよく知られています。ピーチ(全日空系}は関空を拠点にしたため、「鉄骨剥きだしの建物」・「24時間空港のため必ず帰ってこられ、他空港での駐機料&乗務員の宿泊料不要」・「空港のスペースに余裕があるため、斜め駐機により自力でUターンでき、牽引車不要」等のコスト削減策も可能になりました。

ピアノ教師、秘書、生け花教師等多彩なキャリアを持つ客室乗務員が、社長と一緒の打ち合わせでアイディアを出しあうなど、自由な雰囲気が満ちた企業だとわかります。全社員が面白がって楽しくコスト削減している企業だからこそ、1年間で200万人を運び、就航率99%という実績を達成できたのでしょう。

「コンセプトは空飛ぶ電車(電車並みに仕組みをシンプルに)」、「発想を全部変えてイノベーション(就航1カ月に起きた脱出用スライド損傷により3日間13便欠航 →安全に疑いをもたれるとつぶれる! なんとしてもちゃんと飛ばしていく)」、「短期間に何回乗っても新しい発見がある、オモロイ航空会社に」等、多くのユニークな企業姿勢が紹介されました。

|

« 選挙特番、民放トップはテレビ東京 | Main | 遅れた乗客は待たない・社員はエレベータ有料 関空拠点のLCC  その2 »