« 歩きながらスマホを見ると・・・ | Main | ジェラート »

07/21/2013

選挙用紙はなぜ書きやすい?

FACEBOOKで「書きやすい選挙用紙」が話題になっていました。私は「折っても自力で開く合成紙と鉛筆の相性がいいから」とコメントしたのですが、今朝の日経新聞「春秋」が次のように書いています。
<スルスルと投票用紙の上を滑るあの気持ちよさは、他の場所ではめったに味わえない。意外な書き心地にハッとした経験のある方は多いのではないか。秘訣は鉛筆と用紙の両方にありそうだ。芯の種類はちょっと柔らか目の2B。紙はポリピレンでできた合成紙である。二つの相性が良いのか>
<自分の字はこんなに上手だったのかと錯覚しそうになる。跳ねるところは跳ねる。止まるところは止まる。小学生の頃、漢字の書き方を教えてくれた先生の言葉を思い出す>
<選挙権を持つ者には、あの書き心地を味わう特権がある>

ただ、先のFACEBOOKの記事に対するコメント見ると、HBの鉛筆や、ボールペンだったところもあるようで、必ずしも2Bとは限らないようです。

|

« 歩きながらスマホを見ると・・・ | Main | ジェラート »