« 肩書は 家事手伝い? | Main | ペットボトル、何時間まで大丈夫? »

07/12/2013

パン嫌いの賢いパンの食べ方

わかぎゑふさんの「大阪のおばちゃん目線」第60回(「クラブカンテーレ」7/11号)に、小学生のころ給食のコッペパンを残す名人だった、という記述がでてきます。その方法がさすが、才能のある人は違うと思わせます。2本のうち1本は残していいという規則になっていたそうですが、わかぎさんは、<1本の裏側からパンをほじくって食べ、中を空洞にする。そしてもう1本をちょっと握って小さくして、穴のあいたパンに押し込んで、表面だけを先生に見せて「残していいですか?」と聞くような賢い子供だった>。
いま産経新聞に、わかぎゑふさんのインタビュー記事が連載されています。第1回はお父さんの思い出でした。次はどんな話でしょうか?

|

« 肩書は 家事手伝い? | Main | ペットボトル、何時間まで大丈夫? »