« ニセ科学にだまされるな  その9 | Main | ニセ科学にだまされるな  その10 »

08/12/2013

料理 フレンチトースト

今朝はいつもの焼くだけのトーストでなく、ちょっと手間をかけて「フレンチトースト」を。8/9の「おしゃべりクッキング」で紹介された辻調理師専門学校若林先生のレシピです。
パンというより卵のようなふっくらふわふわ。2人分であることを忘れて作ったので、おなかいっぱいです。
バニラが豆のような植物であることを初めて知りました。番組では「バニラのさや」を縦半分に切ってバニラの種をしごき出して使うことになっていましたが、wikipediaに「バニラ・ビーンズ(vanilla pod、バニラのさや)は非常に高価(一本数百円)」と書いてあったので探すのを諦め、冷蔵庫の中に見つけたバニラエッセンスで代用しました。
たっぷり液を吸い込んだパンは意外に重く、薄手のパンでは折れてしまいます。6枚切りを使ったのは正解でした。
アイスクリームは自分で作って冷凍庫に常備しているカルピスシャーベットを用いました。

(材料)食パン(6枚切り) 2枚、牛乳 150mL、卵 1個、砂糖 25g、バニラ エッセンス、バター 20g、アイスクリーム(カルピスシャーベット)
(作り方)
1) ボウルに牛乳、卵、砂糖、バニラエッセンスを入れて混ぜ、食パンにたっぷり吸わせます。
2) フライパンにバターを溶かし、1)のパンを色よく焼きます。
3) 盛り付けます。アイスクリームも。

Sp1050450


|

« ニセ科学にだまされるな  その9 | Main | ニセ科学にだまされるな  その10 »