« 真田フォーラム その5  (前回 その3は4の間違い) | Main | 続 大きな文字の文藝春秋 »

08/19/2013

人体自然発火

インドで赤ちゃんが自然発火して大やけどしたというニュースが報じられています。しかも4回も。親戚の前で突然火だるまになったこともあるそうですが、果たして事実でしょうか?

宮部みゆきさんの小説には、火を発する超能力を持つ人間が登場する作品がいくつかありますが、まさか実際にそんなことがあるとはねえ・・・

今朝のテレビ番組が特集で取り上げていましたが、考えられる理由として、(1)体内から分泌された可燃物質が燃えた、(2)家具の仕上げに艶出しとして塗る亜麻仁油が人体に付着した、(3)プラズマ発火、(4)虐待 の4つをあげていました。
両親は、悪魔の子の親として追放されたそうですから、可愛そうな展開になっています。

|

« 真田フォーラム その5  (前回 その3は4の間違い) | Main | 続 大きな文字の文藝春秋 »