« 料理 山菜五目釜めし | Main | 大阪新聞の思い出 »

08/30/2013

めっちゃ は大阪弁ではない

きょうの大阪新聞復活版にわかぎゑふさんが「めっちゃ」は大阪弁ではないと書いています。
<現在あたりまえに使われている「めっちゃ」という言葉は、本来の大阪弁ではない。もともと関西人は語呂のいいところから「無茶苦茶」「滅茶苦茶」という表現をよく使っていたが、それが「めちゃめちゃ」と若者の言葉になった>・・・そして2000年前後の関西出身芸能人の全国進出もあって、次第に「めっちゃ」が広まったようです。
文楽という大阪弁の芸を極めた竹本住大夫さんは、「めっちゃ」が許せない言葉だそうで、新聞記者が「めっちゃうれしい」などと言おうものなら厳しく指摘したそうです。
小さいころ、広島の田舎でラジオから流れる花菱アチャコと浪花千恵子が出演するBK制作のお笑い番組で「無茶苦茶でござりまするがな」という大阪弁の変なアクセントを聞いて、母や妹とキャッキャ笑って面白がっていたのを思い出します。

|

« 料理 山菜五目釜めし | Main | 大阪新聞の思い出 »