« ゼロ戦パイロットの講演会 その5 | Main | 料理 ツナ入り卯の花 »

09/11/2013

一日漁師と200円バス

こんな京都もあるのですね。9/5のNHK「あさイチ」が京丹後市を取り上げていました。その中で初めて知ったのが「一日漁師証」と「絶景! 200円バス」。一般観光客が2,500円支払って「一日漁師証」を入手すれば、素潜り漁が体験できるという面白い制度。自分で獲ったサザエやウニを食べるのはおいしいでしょうね。「あまちゃん」で海女ブームが押し寄せていることもあり、観光の目玉になるのではないでしょうか。今年はもう終わったようですが・・・。

もうひとつの「絶景! 200円バス」は、市内どこまで乗っても200円均一といううれしい料金体系。従来、1,150円もかかっていたところが200円で済むケースもあり、値下げを英断した7年前から乗客が2倍に増え、赤字も2000万円?減ったとか。沿線は青い海、黄色い稲穂等、絶景が続きます。観光客が乗っていれば、名所で車を停めて運転手が観光ガイドもしてくれます。

私が利用する大阪市営バスも、全区間200円均一料金です。何年か前、近くのバス停からJR大阪駅までの便ができました。1時間かかりますが、途中で乗り換えも必要ないし、断然便利です。従来は、天王寺までバス、そこで地下鉄に乗り換えて梅田まで行っていたわけですから470円かかりました(乗継ぎ割引を使えば370円)。運行経路や料金の見直しで、バスもまだまだ生き残れそうです。

|

« ゼロ戦パイロットの講演会 その5 | Main | 料理 ツナ入り卯の花 »