« 料理 ジャーマンポテト | Main | 五輪の商売、これはアウト »

09/11/2013

不老不死の動物が現存する

NHK 9/9「ニューステラス関西」で、海遊館で現在展示されている「ベニクラゲ」を紹介していました。「不老不死」を追い求める人は大昔からいましたが、まさか本当に不老不死の動物がこの世の中に存在したとは・・・。自然界はなぞに満ちていますね。

海遊館のHPを見ると、<一般にクラゲの仲間は、成熟し子孫を残した後、徐々に衰弱し海中に溶けて消滅します。ベニクラゲは衰弱した後、クラゲの成長段階である"ポリプ"と呼ばれる状態に"若返り"し、"ポリプ"から再びベニクラゲが生まれてくることが知られています。このことから、ベニクラゲは「不老不死のクラゲ」と呼ばれています>と書いてありました。
今回の特別展示では、ベニクラゲの若返りについて実験で立証し、不老不死のメカニズムについて研究している京都大学准教授の久保田信氏の協力を得て、若返りの様子をモニターでわかりやすく紹介するそうです。

|

« 料理 ジャーマンポテト | Main | 五輪の商売、これはアウト »