« ゼロ戦パイロットの講演会 その2 | Main | 新聞をめぐるさまざまな話題  その1 »

09/01/2013

がっかりした人 から たかじんへ

防災の日のきょう、大阪は時折激しい雨と雷の不安定な空模様です。数日前から新聞の1面から最終面まで多くの広告をうって「道頓堀で50周年イベント!」をPRしてきたエースコックのワンタンメンの関係者はさぞかしがっかりされていることでしょう。
久しぶりに道頓堀に出かけようかと思いましたが、この天気ではねえ。「たかじんのそこまで言って委員会」を見たあと、スーパーに寄ってプールに行って・・・といつもの日曜日と同じになりそうですね。

と言っているうちに「たかじん」がスタートしました。きょうは「メディアの疑問スペシャル」。久しぶりに辛坊さんも前副委員長の肩書で登場しています。朝日新聞が韓国の旭日旗に文句を言わないわけ(注1)、麻生さんナチス発言の真相とその後問題にならないわけ(注2)、最近毎日新聞がおかしい等、面白そうな話題が並んでいます。

(注1) 東京以北と関西以西で朝日社旗は右向き、左向きと違うんだそうですね、初めて知りました。名古屋はどちらだったかな?
(注2) 会議の主催者だった桜井さんが、こう発言しています。「この問題は朝日が曲げた。麻生さんは本来、朝日が言いたいようなこと<改憲は喧噪のなかで進めるべきではない>と5回も繰り返した。ナチス発言も麻生さん一流のギャグ(ひねりが足りなかったが)と受け止め、会場にいた500人は笑っていた。その場にいた朝日記者も、電子版でなにも指摘していないし、翌日の新聞も読売以外触れていない。ところが2日間の空白のあと、朝日が突然、当日の全体の流れと逆の記事を書いて騒ぎ始めたため、国際的な問題に発展した。

|

« ゼロ戦パイロットの講演会 その2 | Main | 新聞をめぐるさまざまな話題  その1 »