« アートな大阪大発見  大阪を描く 佐伯祐三と国枝金三 | Main | ノーベル賞受賞者講演会 その2 »

09/23/2013

ノーベル賞受賞者講演会 その1

Sp1050856


Sp1050855


9/23、グランフロント大阪のナレッジキャピタル コングレコンベンションセンターで開催された「知と学びのサミット/個性が育むサイエンス――ノーベル所受賞者が語る」に参加しました。
2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩博士、物理学賞を受賞した益川敏英博士に、JT生命誌研究館長 中村桂子氏を加えた、夢のようなコラボレーションが実現しました。広大な会場は中高生を交えた聴衆で満席でした。
下村夫妻(隣にいらっしゃたのは奥様だと思います)は、このサミットのためわざわざアメリカから来日されました。
<下村博士も益川博士も、日本的な型にはまった優等生ではなく、むしろ日本人としては個性の強いキャラクターの持ち主です。ノーベル賞に至った業績の原点は、豊かな個性や自然に対する強い好奇心にありました。両博士から若者へのメッセージが、明日の日本の活力・夢を育み、また特に関西から新しい世代の科学者が育つ大きなきっかけともなることを期待しています>(HPより)

|

« アートな大阪大発見  大阪を描く 佐伯祐三と国枝金三 | Main | ノーベル賞受賞者講演会 その2 »