« 佐伯祐三グッズ(一筆箋・絵画シール)もらった | Main | それゆけ! 大阪ラーメン 第3弾 発売 »

10/15/2013

8倍返しと土下座が中国で

10/13のNHKスペシャル「中国激動 さまよえる人民のこころ」を見ていたら、中国の女性が「8倍返し」と言い、「土下座」をしました。「半沢直樹」とは無関係です。ちょっとびっくり。
番組は、いま中国で空前の大ブームになっている儒教による道徳教育を取り上げていました。元経営者の女性の言葉です。
「<笑顔で優しく話しましょう>、この言葉を学んでいなかったため、何か文句を言われたら8倍にして言い返していた。大事なのは自分、他人なんかどうでもいいと思っていた。金儲けがすべて。道徳・文化・思想を気にする人は、誰もいなかった。金儲けのうまい人が一番尊敬された」。この女性は家族とのいさかいが絶えず、夫を事故死で失い、やがて会社が倒産、ちやほやしていた友人たちも手のひらを返したように去ります。ここで儒教と出会い、人が変わっていきます。
この女性は、儒教の集会で「お金が増えても幸せではなかった。心が歪んでいたことを儒学によって思い知った」と講演のなかで懺悔し、聴衆に向かって土下座して謝っていました。
建国以来、神の存在を認めず、一切の宗教も儒教も禁止し、弾圧してきた中国が、いまや超格差社会に不平・不満を抱く民衆を押さえるため、儒教による道徳教育を奨励し、キリスト教も黙認せざるをえなくなっているそうです。キリスト教の信者は改革開放当初の600万人がいまや1億人に迫る勢い。前回の「農民戸籍から都市戸籍へ」に引き続く驚きのドキュメンタリーでした。

|

« 佐伯祐三グッズ(一筆箋・絵画シール)もらった | Main | それゆけ! 大阪ラーメン 第3弾 発売 »