« October 2013 | Main | December 2013 »

11/30/2013

氷もいつか溶ける

けさの「ごちそうさん」、よかったですね、め以子も家に帰れて。やっと西門家にも平安がやってきそうな雰囲気。希子(のりこ)も人前で「焼氷」のコマーシャルソングを歌って自信がついたようです。
ところで、「焼氷」の最新事情が「あべの経済新聞」に掲載されていました。
<NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の中に「焼氷」が登場したことから、新世界の喫茶レストラン「グリルDEN・EN」(大阪市浪速区恵美須東2、TEL 06-6632-7774)で提供されている「平成の焼氷」の注文客が増えている。・・・>
http://abeno.keizai.biz/headline/1074/

|

レンジでチン♪ 本格ロイヤルミルクティー

リプトンから無料サンプルを送ってもらったのでさっそく飲んでみました。
ティーバッグ2袋と水3分の1カップ、牛乳3分の2カップをマグカップに入れ、ラップをしてレンジで600W 2分チンして、そのまま1分おけば出来上がり。
ティーバッグを取り出し、好みに応じてグラニュー糖を入れます。
Sp1060363

濃厚な味と香りのミルクティーを飲んで、ほっとしたひとときが過ごせます。
なお、電子レンジが使えるようにティーバッグにホチキス等の金属は使われていません。

|

返却日まであと2日!

大阪市立大正図書館から借りている宮部みゆきさんの「ソロモンの偽証 第1巻」、他の本を読んでいたため、返却期限まであと2日となりました。740ページのうち、まだ500ページも残っています!
うわー大変。きょう、あすは外出やめて、ひたすら読書?

|

11/29/2013

象と亀

Sp1060352


サンケイブリーゼ入り口です。

|

11/28/2013

スノウマンツリー

P10603551f


P1060357


グランフロント大阪北館にあった「スノウマンツリー」、近づくと「とっておきの将来の夢」を書いたメッセージカードがたくさんぶら下がっていました。

<クリスマスまでに すてきなダーリンに出会いますように><サンタさん 結婚する人と出会わせて下さい><ステキなWomanになる!!><パン屋さんになりたい 11歳><サンタさん キャビンアテンダントになれますように><まつじゅんに会えますように><陽斗が毎日笑って幸せに過ごせますように><せが たかくなりますように><素敵な職に恵まれ毎日充実><彼氏ができますように ずっといっしょにいてくれる あや><はなが高くなりますように みっちゃん><国家試験合格><一輪車がほしいです><今年もサンタさん来ますように><大工さんになれますように><家族3人がHappyで過ごせますように><だんすのせんせいになる><トイザラスに就職できますように>・・・

|

大阪梅田はスノウマンでいっぱい

Sp1060360


これはグランフロント大阪・南館のパナソニックセンターにいるスノウマンです。

|

11/27/2013

いよいよ焼氷

「ごちそうさん」、め以子が西門家を追い出され、友達が東京から駆け落ちしてやってきて・・・。きょうからいよいよ「焼氷」が登場。
め以子のアイディアで、通天閣名物ができそうですね。昨年、通天閣100年を機に、昔あったといわれる焼氷復活が話題となりました。それをさっそくドラマに取り込んだストーリーです。
先日、大きな鯛がずらりと並ぶ壮観なシーンがありました。20尾以上の鯛を取りそろえるのは大変だったそうです。このドラマに出てくる魚や野菜は、すべて本物を使っています。ふつうは模型を使ったりするそうですが。しかも撮影時期は真夏。スタジオを真冬なみにガンガン冷やしていたので、とても寒かった、と先日、杏さんと和田正人さんが「ごちそうさんフェスティバル」(NHK大阪局)で話していました。

|

11/24/2013

宮本武蔵の決闘

NHK BSPの「BS歴史秘話 宮本武蔵巌流島の決闘伝説」を見ていたら、先日、西はりま天文台からの帰りに寄った「平福での武蔵最初の決闘」も出てきました。
それによると、
<美作市宮本で育った武蔵は、山ひとつ越えた平福で、「13歳の時、新当流・有馬喜兵衛という者と雌雄を決するに到り、たちまち勝利を得た」>。現地で見た記念碑も登場しました。
この記録が書かれているのは、武蔵の養子・伊織が建てた「小倉碑文」。小倉碑文は北九州に住んでいたころ、見に行ったことがありますが、武蔵の数少ない第一級の史料だそうです。
同碑には、巌流島の決闘のことも「両雄相対する」と書かれており、武蔵が遅刻したのは事実ではない?と読めるそうです。「小次郎の正体はほとんど記録に残っていない」、「武蔵はこの対決の後、一切の決闘を辞めた」、「武蔵にとって人生の転機となった巌流島の決闘について、彼自身は一切書き残していない」、「勝ったのは武蔵なのに、なぜ負けた佐々木巌流の名前が島の名前になったのか」等謎が多いそうです。最近発見された文献によれば、巌流島の決闘=細川忠興と細川忠利の代理戦争だったという興味深い話も紹介していました。

|

市毛良枝さんの<私らしく生きるために> その4

途方に暮れていた市毛さんに、文学座のマネージャーがアドバイスをします。「テレビをやってみたら」。表に立つ人になりたいとは思ってもいなかった市毛さん。俳優を目指したのは、自分を変えようと思っただけ、華やかな芸能人になることではありませんでした。そんなことも言っていられず、オーディションを受けますが、受けても受けても落ちます。自己解放のできない状態が続きます。就職情報誌をチェックする日々。相変わらずの貧乏生活、28歳まで親から仕送りしてもらいました。
40歳の時、お父さんが緊急搬送された病院のスタッフとともに、生まれて初めて山登りをします。北アルプスの燕岳・常念岳、3泊4日の登山でした。体力のない市毛さんは、迷惑をかけないよう自分の荷物は最小限にまとめ、自分で持ちました。辛かったのですが、途中から辛いことを忘れ、頑張れました。10数人が、次第に先頭グループと後グループの半分ずつに別れましたが、市毛さんは先頭グループに入れたのです。
山小屋でお茶を沸かして、後のグループを待ちました。悲壮な覚悟で登ったのに、迷惑をかけるどころか、人の役に立つことをしている! 市毛さんは、自分の力を初めて自覚します。(続く)

|

ケネディ暗殺から50年 その4

(映画「JFK」は)官民の極右グループが仕組んだ政治謀略というものだ。弾丸も後ろから頭を貫通したとすれば、いったん出た弾丸が再び体内に入って、鋭角をえがきながら身体中を動き回らなければならない等、オズワルド説の不自然さを一々検証してみせる。
つい数カ月前、見たばかりの映画だっただけに、実際の現場を見ると、映画の一こま一こまがくっきりと思い出される。あちらの塀の陰に実際の犯人が隠れていたのだ!! 感慨ひとしお。
ホテルに帰ると「どうでした?」 さきほどタクシーの手配をしてくれた男性が親しげに話しかけてくる。「大変感激した。特に映画『JFK』を見たばかりなので、その現場を見てとても印象深かった」、「映画はホテルで見たのですか」、「いや、日本の映画館で2~3カ月前に見た」(続く)

|

アル・カポネ  その2

アル・カポネの悪事の数々として、賭博・売春・密輸・欲望のデパート設置(1F:酒場、2F:馬券場、3F:賭博場、4F:売春宿)・買収・選挙妨害・マスコミ対策(記者への暴力・買収・言うことを聞かなければ新聞社をまるごと買収)はまさに恐るべきものです。しかも彼の本当の恐ろしさは、一般大衆を犯罪に仕向けることだったそうですから・・・
<カポネの時代は、社会全体が法を守ることに対する価値観を失い、犯罪活動の活発化につながった>
<カポネは、未完成で不安定な社会が生んだ悪の象徴。それを私たちは忘れてはならない>
1992年、私はシカゴでアル・カポネがかつて住んでいたというビルを見ました。彼がシカゴで暗躍したのは1929年の大恐慌時代。その住居が残っていたのですから驚きです。廃墟と化した10階建てビルの窓は壊れていました。5階の端が彼の部屋だったそうです。1階に「FOR SALE」の張り紙が貼られていました。すでに20年ほど空家になったままとのことでした。あたりは、夜になると何が起きても不思議ではない危険地帯と聞きました。
(完)

|

大阪芸大雅楽演奏/竹内街道・横大路1400年祭 15

Sp1060324


雅楽の演奏もありました。(本シリーズ 完)

|

和太鼓/竹内街道・横大路1400年祭 13

Sp1060285


葛城市和太鼓連盟の和太鼓です。女性も力強く打っていました。

|

11/23/2013

アル・カポネ  その1

アル・カポネといえば極悪非道のギャングとして有名です。11/20のNHK BSP「ザ・プロファイラー」が、アル・カポネを取り上げていました。彼が亡くなったのは、私が生まれる数日前でした。

彼の生い立ち、悪の道へ走った時代的背景、具体的な犯罪の数々、暗殺されることへの恐怖、みじめな晩年、そして夫人との愛、家族愛まで詳しく紹介した番組は、これまで観たことがありません。
凶悪人が生まれた背景として、アメリカ国内の民族対立がありました。政治・経済を牛耳るのはもっともアメリカに早く移住したイギリス人、次に移住したアイルランド人は中間層、一番あとから移住したイタリア人が最下層。アル・カポネのようなイタリア人は、貧困に喘いでいました。彼は悪法として名高い禁酒法をかいくぐって悪事を働いたわけですが、その禁酒法も民族弾圧の一環として導入されたものだったともいえます。

|

緑の一里塚除幕式/竹内街道・横大路1400年祭 12

Sp1060295


Sp1060266


難波宮跡公園(NHKとなりの広場をこういうらしい、なにわのみやあとこうえんと読むのでしょうね)に、「緑の一里塚」ができました。「竹内街道・横大路、難波宮」を解説した立派な看板も。

|

相撲甚句/竹内街道・横大路1400年祭 11

Sp1060347


竹内街道沿いの當麻町(たいまちょう、現在葛城市)に、葛城市相撲館「けはや座」があります。相撲の開祖である「當麻の蹶速(けはや)」を伝承する博物館です。平成2年5月開館、館内に相撲に関する資料が約12,000点あり、本場所で使われるのと同じ土俵がつくられています。私は十数年前、當麻寺と石光寺の牡丹を見に行ったとき寄りました。
そこからやってきた「けはや相撲甚句会」のみなさんによる相撲甚句が披露されました。

|

ケネディ暗殺から50年 その3

左手高台のビルがオズワルドの潜んでいた元教科書会社倉庫だ。6階右端の窓から引き金をひいたのだ。私たちの乗った車は、そこから182メートル離れた広場に行く。記念広場だ。巨大な白いブロックに囲まれて、中央にケネディの名を刻んだ黒い石がある。向かい側に、ダラスに最初に住み着いた人のログキャビンが保存されている。この周りをまわって、教科書倉庫の前で停車する。降りてあたりを歩いてみる。ケネディはこの坂をオープンカーで下る途中、後ろから頭を狙撃されたというのが、公式見解。
しかし、映画「JFK」はこれに真っ向から対立する見方を示した。(続く)

|

うまいもん市/竹内街道・横大路1400年祭 10

Sp1060282


Sp1060305


多くの店が出ていましたが、私が買って食べたのは、第3回で紹介した「和菓子/鵜野(うのの)さらら」と写真の「大阪産(おおさかもん)野菜たっぷりの豚汁/街道なべ」(天神橋筋商店街)と「大道たません」(1400年実行委員会)。

|

11/22/2013

大道燈花会/竹内街道・横大路1400年祭 9

Sp1060326


17時から大道燈花会が行われました。ランナーにより運ばれてきた火を12首長が一斉に点火し、あたりは瞬く間に光の海となりました。

|

いい夫婦の日

きょう11月22日は「いい夫婦の日」だそうです。きのう、安倍首相がfacebookにこんなことを書いていました。新聞でも紹介されていましたね。
<「家庭の幸福は、妻への降伏。」
これが我が家の夫婦円満の秘訣です。家族の支えがあってこそ、男性も女性も良い仕事ができます。日本の元気は、元気な家庭から。強い日本を取り戻すベースです。>
笑顔が素敵なお二人の写真入りでした。

|

ケネディ暗殺から50年 その2

1992年、私の「海外おもしろまじめ見聞録」の一節です。

<いよいよ(アメリカ出張)最後の日だ。モーニングコールも頼まず、目覚ましもかけておかなかったため。目がさめたのは7時。急いでスーツケースを整理する。8時10分、チェックアウトだ。フロントの女性に11時20分のフライトに間に合うように、John F.Kennedy Memorial Plaza に行けるか聞く。「ギリギリですね。お勧めできません」。せっかくダラスに来て、ケネディの暗殺現場も見ずに帰るのは悔いを残す。二度と来ることがないかも知れない。「何とか行けないか」。ボーイに頼み込むと「タクシーならなんとかなるでしょう」。いくらか聞くと、わざわざ玄関まで行って、タクシーの運転手を呼んできてくれた。「五十ドル」。急いで乗り込む。運転手は20年前にタイからダラスに移住してきたという男性だ。なかなか親切に案内してくれる。東京にも5~6回行ったことがあると言う。
「ケネディが暗殺されたのは、1963年11月22日(日本では11月23日)。ちょうどアメリカと日本が初めてテレビ衛星中継で結ばれた日の最初のニュースがケネディ暗殺だった・・・」などと話しながら暗殺現場へ。自動車道を走ること約30分で着いた。 (続く)

|

ケネディ暗殺から50年 その1

きょう11月22日はケネディ暗殺から50年です。お嬢さんのキャロライン・ケネディ駐日大使が、きょうから正式に業務をスタートさせるというのも何かの縁でしょうか。

50年前のきょう、私は高校の修学旅行直前で、広島市内の下宿から自宅に帰省していました。アメリカと日本が初めて衛星中継で結ばれるというので、早朝からテレビをつけてNHKを観ていました。なんと衛星中継で最初に飛び込んできたのは「ケネディ暗殺」。NHKの男性アナウンサーがあまりの衝撃に、机に頬杖をついてポカーンと前方のモニターを眺めている姿が我が家のテレビに映ったのを覚えています。

その後、1992年、私はテキサス州ダラスでケネディ暗殺現場を訪れました。当時の私の記録が残っています。(続く)

|

市毛良枝さんの<私らしく生きるために> その3

中学・高校6年間のうち、5年間は演劇部に入っていたので、先輩に相談し、文学座養成所の試験を受けます。面接のときも小さな声でぼそぼそ。試験官から「声小さいんだね」と言われ、「はい、うち中、静かなものですから」。「文学座の芝居を観たことありますか?」と聞かれ、新劇は受験直前に試験対策として1回観ただけだったので、「1回観ました」、「どうだった?」「オーソドックスでよかったと思います」。試験官にどっと笑われ、「落ちた」と思っていたら無事合格。

養成所は、昔の旅館をそのまま使っており、タバコの煙がモクモク・・・。養成所50人のうち、残れたのは4人だけでした。市毛さんはその中に入れず、人生初の挫折を味わいます。お先真っ暗。両親を説得して俳優の道を目指したのに、たった1年でだめだったとも言えません・・・

|

11/21/2013

市毛良枝さんの<私らしく生きるために> その2

市毛さんといえば、控えめな役が多いような気がしますが、実生活もその通りだったようです。静岡に住んでいた少女時代、方言が話せずいじめられたり、体調が悪くて学校を休んだり。もっとも、お母さんが学校に、欠席の連絡をしたとたんに元気になったそうですが。

中学から東京に出て、祖母の妹の家に預けられ、電車で30分の通学を始めます。教科書を詰め込んだ重い皮の鞄を持って通うのは、体力のない彼女には相当きつかったそうです。途中、お菓子屋さんのお姉さんが明るい声でみんなに声をかけるのを見て、「あんな人になりたいなあ」と思いながらトボトボ歩く毎日。親もとを離れ、引っ込み思案のまま、毎日を過ごしていました。
学校はキリスト教系の女子中・高で、周りに宝塚ファンが多くいました。ある土曜日、テレビで宝塚中継を観て感動し、泣きます。翌日、学校の教会でその話をして、みんなと仲良くなりました。ただ、誰かの前で、自分が何かをするという積極的な子ではありませんでした。

大学受験の年、東大安田講堂事件が起きます。騒然とした世相です。市毛さんは、大学にあまり希望が持てなくなりました。そこで「俳優にでもなろうか」と、とんでもない夢を描きます。さすがに進路指導の先生にも話せません。お母さんは猛反対。そこで、「お兄さんには自分の好きな道を歩め、と言っていたのに、私の希望を認めないのはおかしい」と理路整然とした考え方を好むお父さんを説得し、俳優の道へ。

|

大化の改新/竹内街道・横大路1400年祭 8

Sp1060340


奈良県明日香村を拠点に活動している劇団「時空」によるコミカルな万葉劇「大化の改新」です。台本、大道具、衣装などすべてメンバーの手作りだそうです。
ホントは屋外ステージで上演する予定でしたが、雨が降ってきたためNHKのアトリウムのステージに変更。暗い中でスポットライトを浴びてのお芝居だったら、もっと迫力があったでしょうね。ちょっと残念でした。

写真は、中大兄皇子や中臣鎌足らが実行犯となり蘇我入鹿を暗殺する場面です。

|

11/20/2013

太子君/竹内街道・横大路1400年祭 7

Sp1060294


竹内街道は、太子町を通ります。太子町のゆるキャラ「太子君」に会いました。
大阪府太子町は大阪と奈良の間にある町で、古墳など日本でも有数の歴史の宝庫になっています。聖徳太子の墓、小野妹子の墓もあります。このあたりが「近つ飛鳥」です。この地名は「古事記」に記載されています。
履中天皇の同母弟(後の反正天皇)が、難波から大和の石上神宮に参向する途中で二泊し、その地を名付けるに、近い方を「近つ飛鳥」、遠い方を「遠つ飛鳥」と名付けました。
ちなみに「遠つ飛鳥」は奈良県高市郡明日香村飛鳥を中心とした地域を指します。

|

市毛良枝さんの<私らしく生きるために> その1

11/19、俳優の市毛良枝さんの講演を聴きました。
主催:証券会社で協力:朝日新聞広告局なのに、会場はなぜかサンケイホールブリーゼ。第一部は著名な経済評論家の「日本経済・世界経済のゆくえ」でしたが、隣のおじさんは「みんな新聞やテレビで知っている。学者ならもっと深い話を語って欲しい」。

私は何回も出てきた「そこの造幣局で1万円札を年間7兆円も刷っているのがアベノミクスです」とか「造幣局で1万円をどんどん刷れば、<たくさんあるものは価値が下がる>から円の価値が下がるのです」という発言に、「この人、冒頭で<自分は自分の目で見たことしか信じません>と言っていた割には、造幣局で紙幣を刷っているなんてトンデモナイ嘘を言っている」と少々呆れながら聞いておりました。

造幣局で造っているのはコイン(硬貨)だけなのに・・・。(市毛さんのお話は次回に)

|

首長サミット/竹内街道・横大路1400年祭 6

Sp1060302


Sp1060309


竹内街道・横大路が通過する12の首長さんがずらりと並んで、「古代の道からまちづくり 1500年に向けてキックオフ」をテーマにしたサミットが行われました。
松井大阪府知事、橋下大阪市長の隣は、昔仲間、いまや犬猿の仲となった竹山堺市長。お互いにそっぽを向いている? 後ろに立っている男性はSP?かもしれませんので顔を消しました。大道燈花会の点火式のときも座席の順番は同じ。

|

辰巳琢郎さんのトークショーとシンポジウム/竹内街道・横大路1400年祭 5

Sp1060279


Sp1060274


Sp1060292


俳優の辰巳琢郎さんが大活躍。トークショー「ワイン・日本酒セッション」に河内ワイン・金銅真代専務(この漢字のコンドウさんは珍しいですね)、梅の宿・吉田佳代社長とともに出演されました。辰巳さん自身、日本ソムリエ協会名誉ソムリエ、日本ワインを愛する会副会長でもあります。
引き続き、大学教授等といっしょにパネルディスカッション「竹内街道・横大路(大道)1500年に向けて」にも出演されました。
辰巳さんといっしょに竹内街道・横大路54kmを歩こうという企画も実現しそうな雰囲気でした。辰巳さんは「こういう街づくり運動は、行政の対立で挫折することが多い。その点12の首長が参加する今回の運動は画期的」と評価していました。

|

11/19/2013

橿原の銘菓<鵜野さらら>/竹内街道・横大路1400年祭 3

Sp1060349


Sp1060350


S3


S1


「大道うまいもん市」の橿原市コーナーにあったのが、「持統天皇の熱い想いが現代に甦った和菓子/鵜野(うのの)さらら」。さららの熱き心を表す赤梅の甘露煮、白衣の衣に見立てた餅皮、白あん。上品な甘さと酸味がうれしい三位一体の和菓子です。
包みもしゃれています。持統天皇の一生と「春過ぎて 夏来るらし白砂の 衣干したり 天の香久山」の歌の解説が印刷されています。

|

週刊誌の販売部数

日本ABC協会による2013年上半期の雑誌販売部数が、産経11/16付「花田紀凱の週刊ウオッチング」に紹介されています。相変わらずの出版不況です。
週刊誌160誌の平均部数合計は前年同期比8.85%減。大半の週刊誌が減っています。
部数の多い順に、1:週刊文春 45万、2:週刊現代 38万、3:週刊新潮 35万、4:週刊ポスト 28万、5:週刊大衆  13万、6:週刊朝日 13万、7:週刊アサヒ芸能 10万、8:AERA 7万、9:サンデー毎日 7万、10:ニューズウィーク 4万。
雑誌界の雄、文藝春秋も1割減って、32万だそうです。
デジタル版の売れ行きはいちばん売れている日経ビジネスでさえ2万、文藝春秋はたったの2324部。

|

11/18/2013

推古天皇をイメージした大壁画/竹内街道・横大路1400年祭 4

Sp1060325


会場でひときわ目立ったのが大壁画。大阪芸大の学生(だと思います)が一生懸命描いていました。「これは誰をイメージした絵ですか?」と聞くと、「現代に生きる推古天皇」。
大壁画が完成したのは、イベント終了直前でした。

|

さらら姫とさららちゃん/竹内街道・横大路1400年祭 2

Photo


橿原市観光親善大使のおじょうさん「さらら姫」とゆるキャラがいっしょの写真を撮影しました。あとでご本人に聞くと、「あのゆるキャらは橿原のものではありません。橿原のゆるキャラ<さららちゃん>はあっち」と言われました。「さららちゃん」の写真が撮れなかったので、HPの画像を使わせていただき、合成しました。

ゆるキャラ「さららちゃん」の【モチーフ】は、<名前は、日本最初の都・藤原京を創った持統天皇の幼名「うののさらら」に由来しています。当時、藤原京を走り回っていたであろう活発で溌剌とした女の子をイメージしています>。【トレードマーク】は、意志の強さがわかるきりりとしたきれいな目と背中にある市章の金の羽。【誕生日】は694年12月6日(旧暦)>だそうです。
里中満智子さんの「天上の虹」を読破中の私にとって、「さらら姫」「さららちゃん」との出会いはうれしかったですね。ご存知のように「天井の虹」は、讃良皇女(うののさららのひめみこ)、のちの持統天皇の物語です。

|

きょうは忙しかった・・・/竹内街道・横大路1400年祭 1

前日中に送信しなければならなかった資料が出来上がったのが深夜1:40。7時に起き、朝食を食べて、8:30港図書館へ出発。大阪市新美術館建設準備室と市立図書館のコラボ企画「アート連続講座 第4回」に参加。あと2回でスペシャルプレゼントがもらえるはず。

講座が終わると、弁天町で食事を済ませ、大阪歴史博物館&NHKに移動、「竹内街道・横大路 難波から飛鳥へ日本最古の官道(大道) 1400年祭」に参加しました。
「大道燈花会」の途中、肩を叩かれたので振り返ると、自宅の部屋から眼下に雲海を眺めながら暮らしているAさん。Facebook上ではいつも発言を見ていますが、実際に会ったのは何年ぶりだったでしょうか。けさPさんと都祁マラソンでいっしょだったそうです。マラソンの後、大阪までやってきてイベントに参加とは・・・タフですねえ。

歴史博物館に19時近くまでいましたので、自宅に帰りついたのは20時。夕食を食べながら「八重の桜」を観た後、今日中に送付しなければならないリポートを思い出し、あわてて資料を1時間半かかってチェック、リポートを作成し送信したのは23時57分でぎりぎりでした。やれやれ。

でも、きょうは(すでにきのうですが)いいことがいろいろありましたよ。辰巳琢郎さんのトークショーやシンポジウム、松井大阪府知事、橋下大阪市長(犬猿の仲の堺市長も)等を見ましたし、「さらら姫」にも会いました。「さらら姫」とは、誰でしょう? 現在読書中のコミック「天上の虹」の主人公・持統天皇のことですよ! 橿原市からやってきた観光親善大使のかわいいお嬢さん2人、たすきに「さらら姫」と書いてありました。もちろん橿原市の銘菓「鵜野さらら」も買って来ましたよ。持統天皇が造営した藤原京の場所は、現在の橿原市です。

|

11/16/2013

蛇口レバーの向き

水道工事屋さんに聞いてみました。「蛇口のレバーに2種類ありますね。上にあげると出るものと止まるものと。家と違うタイプに出会うと戸惑うことがあります」。
すると、「現在は、上が出る、下が止まるに統一されています。阪神大震災の時、物が落下してレバーが下った蛇口から水が出っぱなしになって大問題になりました。1年ほどたったころ、業界全体で<上:出る、下:止まる>に統一しました」
なるほど、レバーを下にして出る場合、阪神大震災+1年より前に施工(or発注)された蛇口ということですね。

|

料理  チキンハンバーグのトマト煮込み

Sp1060264


「おしゃべりクッキング」11/4放送分です。まろやかでやさしい味の一品、なかなかおいしい料理ができあがりました。上沼恵美子さんも「やわらかくて、しかもコクがあります。あとを引きます。どんどん食べられます」。
下記レシピはテキストに沿っていますが、私は生クリームの代わりに、他にも使う予定で買ってきたサワークリームを使いました。また鶏のひき肉が足りなかったので、牛・豚の合挽きを加えました。

(材料)鶏ひき肉 400g、塩 小匙1、オレガノ(乾燥)小匙1、卵 1個、生クリーム 大匙3+1/3、タマネギ 60g、パプリカ(黄)1個、トマトの水煮(カットタイプ)300g、水 150mL、塩・こしょう、バージンオリーブ油
(作り方)
1) タマネギは薄切り、パプリカは種を取って7~8mm幅の棒状に切る。
2) ボウルに鶏ひき肉、塩、こしょうを入れて練る。溶き卵を加えて混ぜる。
3) 生クリーム、オレガノを混ぜる。
4) 4等分して形を整え、バージンオリーブ油をひいたフライパンで焼き色をつける。
5) 4)をフライパンから取り出し、タマネギ、パプリカを入れて炒め、塩・こしょうする。
6) トマトの水煮、水を加え、ハンバーグをのせて弱火で10分煮る。

|

「料理  バゲットでフレンチトースト

Sp1060255


いままで「おしゃべりクッキング」で紹介された厚手食パンを使ったフレンチトーストを作っていたのですが、今回はバゲットで。
バゲット半分を2~3cm厚6枚に切り、溶き卵(鶏卵1個)に砂糖大匙2~3杯、牛乳100CCをよくかき混ぜたものに浸して柔らかくします。
フライパンにバターを敷いて、軽く焦げ目を入れます。

|

11/15/2013

里中満智子さんの<天上の虹>第6巻

第6巻は、第16章 壬申の乱1~3です。あの有名な日本古代史上最大の内乱壬申(じんしん)の乱の火ぶたが切って落とされます。

第6巻 <父と夫の対立は日ごとに激しさを増した。その狭間で苦悩する鵜野讃良皇女。が、強い意志と行動力をもって夫に従った。時は、骨肉相食む過酷な争い、壬申の乱へ。時代を超越し、愛を語る大型歴史ロマン第6弾>
中大兄が病に倒れ、次の権力をめざす大友と大海人の確執が、ついに表面化します。きたるべき日のために、いったん吉野へと退く大海人。そして讃良はそんな夫にすべてをかけました・・・。

|

里中満智子さんの<天上の虹>第5巻

Sp1060259


「天上の虹/持統天皇物語」第5巻は、第13章 蒲生野、第14章 漏刻、第15章 大友皇子です。ますます面白くなってきました。複雑な人間関係を理解する手助けとして、各巻冒頭に登場人物系図が掲載されています。一夫多妻に政略結婚、兄が弟の夫人を横取りしたりの時代ですから、「婚姻関係」、「肉親」、「もと恋人」、「もと夫婦」が分かるように工夫した、複雑きわまる系図です。各巻の系図は、物語の進行に合わせて書き換えられていきます。これをしょっちゅう見ながら読み進まないと、頭がこんがらがってしまいます。

第5巻 <激動する時代の流れの中、新国家形成にかける父(中大兄皇子=天智天皇)と夫(大海人皇子)の狭間で思い悩む鵜野讃良皇女(うののさららのひめみこ)、後の持統天皇。時代を超越し愛を語る大型歴史ロマン第5弾>
ついに中大兄が天智天皇として即位しました。世の安泰を祝い、盛大な薬狩(くすりがり)が蒲生野で行われました。そのおり大海人(おおあま)へのかわらぬ額田(ぬかた)への愛を知ったサララは深く悩みます。一方、額田の愛を信じる中大兄は・・・・

|

ごちそうさんフェスティバル その14

杏「大阪に来て、ソースの代わりに塩をかけたたこ焼きとか初めて見て、びっくりしました。料理は好きです。いまドラマで使った糠床をもらってきて毎日かき混ぜています」。
司会「幼馴染というのはどうですか」、和田「あとから付き合い始めた人とは違いますね」。

司会「悠太郎はどうですか?」、杏「非常にいい旦那さまです」、和田「源太からみると、ちょっと頼りない。もっとしっかりしろと言いたくなります」、杏「よく食べ、すくすく育ったんだなと思います。みかんを食べるのに、房に分けず、まるごと、丸のみで食べています」、和田「彼のアイフォーンには、音楽でなく落語がいっぱいです」、
杏「深夜のハンバーガー事件というのがありました。東出さんが差し入れとして70個のハンバーガーを買ってきたことがあったんですが、たまたまスタッフも70個買ってきました。スタジオ内に140個も・・・。間が悪い方なんですよ」。

|

11/14/2013

ごちそうさんフェスティバル その13

杏「パワーの源泉は食べること。おいしいものを食べると、明日もがんばろうという気になります。私は毎日、晩酌をします。食べたいときは食べます」。
司会「えっ、晩酌ですか!」
司会「和田さんは、駅伝のときどんなことを考えながら走っていたのですか?」。和田「これ終わったら、ご褒美になにを食べよう。きょうは、これ終わったら、西門悠太郎と飲みに行きます」。
司会「め以子と源太は大阪の天満市場で出会いますね」。杏・和田「ドラマで市場に並んでいる食材は、その季節の本物の食材を並べているんですよ。ふつうは模型を並べることも多いのですが。野菜も魚も。肉は松坂肉を使っていますし、野菜もマツタケ等、本物志向です。撮影したのは7月下旬でしたが、鮮度を保つため、スタジオは寒くて寒くて」。
司会「和田さん、肉屋さんですが・・・」。和田「精肉店で肉のさばき方、骨の処理、臭いホルモンの洗い方等を勉強しました」。

|

ごちそうさんフェスティバル その12

「ごちそうさん」のヒロイン・め以子役/杏さんと泉源太役/和田正人さんのプレミアムトーク詳細版です。
冒頭、いきなり杏さんが履いていた下駄を脱いで大観衆に見せながら、「大阪にやってきて下駄の歯がこんなに薄くなってしまいました。頑張っています!」

和田さんは34歳、高知出身。大学時代2回も箱根駅伝を走ったそうです。杏さんは東京出身、好奇心旺盛で、食べることにかけてはグロテスクなものでもOK。その例として、来週(11/11の週)登場する半助(ウナギの頭を使った料理)をあげていました。大阪の「始末の料理」にも大いに共感を抱いている様子。「撮影時もカット後に、出てきた料理を食べている」と笑わせていました。
司会者が「そんなに食べても太らないのですか?」と聞くと、「1日に多い日は30シーンくらい撮影するのですが、20回くらい着替えが必要です。そのたびに1階上がったり下がったりします。天井が高いので体力を使います」。

(ステージは撮影・録音禁止ですので、写真はありません。展示品でもサインだけ撮影しようとした人は注意されていました)

|

ごちそうさんフェスティバル その11

Sp1060229


Sp1060231


Sp1060233


スタジオセットの続きです。
写真:西門家の居間、西門家の台所、台所の外庭

|

11/13/2013

ごちそうさんフェスティバル その10

8階T-1スタジオには、「ごちそうさん」の撮影で使用中の西門家およびその前の通りのセットが出来上がっていました。セットを造ったり壊したりするのは大変ですから、セットに合わせて撮影順序を変更しているそうです。

写真:T-1スタジオ入り口、西門家の玄関、西門家前の通り1・2

|

ごちそうさんフェスティバル その9

Sp1060205


Sp1060212


1Fアトリウムには、「ごちそうさん」出演者が着た着物や役者さんのサインが並んだコーンも。

|

11/12/2013

ごちそうさんフェスティバル その8

Sp1060244


8階のT-2スタジオで、クロマキー体験をやっていました。青色のスクリーンの前で撮影した人物画像と、別のシーンを合成してテレビ画面に映しだします。1FのBKスタジオで常時体験することができますが、「BKワンダーランド」での催しものはNHK大阪局制作「歴史秘話ヒストリア」が舞台というのがミソ。着物姿に着替えた両親と子供が次々参加し、合成されたテレビ画面をデジカメで撮影してもらっていました。
確かに、記念にはなるでしょうね。

|

料理  エノキダケの塩もみで ふんわり肉団子

Sp1060253


産経新聞10/27付朝刊「奥園さんちの今日もおいしくいただきまぁ~す」で家庭料理研究家・奥園壽子さんが紹介していたレシピです。話題のビタミン・葉酸(動脈硬化予防)、植物繊維、カリウム(ナトリウムを排出)がたっぷりの料理です。
(材料)エノキ 200g、青ネギ 小口切り 1/3束、塩 小匙 1/3杯、片栗粉 大匙1杯、鶏ひき肉 200g、生姜すりおろし 1かけ分
(作り方)
1) エノキは、ばらばらにならないように、石づきを残して頭から切っていきます。最後に残った石づきを捨てます。
2) 材料をすべてフリーザーバッグに入れてもみもみします。
3) 食べやすい大きさの団子にします。
4) オリーブオイルを引いたホットプレート(またはフライパン)に団子を並べ、ふたをして焼きます。

|

映画 スティーブ・ジョブズ

11/8、TOHOシネマズ梅田で観ました。アップル創業者の半生を描いた映画です。自分の理想を追い求め、まわりの人すべてを敵に回した反逆児が、次々革命的なデバイスを創っていく姿が印象的でした。シリコンバレーの寵児と言われながら、成功と挫折を繰り返す様子が詳しく描かれていました。
理想を追い求めて金に糸目をつけない開発姿勢が、取締役会と対立、ついに追放されてしまうなど、アメリカ企業の経営部門と開発部門の役割分担の実態がよくわかります。

WEBを見ると、この映画の評価は必ずしも高くないようです。革新的な開発そのものより経営上の確執等に焦点をあてた内容が、熱狂的アップル信者にはジョブズを好意的に描いていないと映るのかもしれません。事実と異なる部分もあるようです。

1970年代、友人たちと共にアップル・コンピュータをスタートさせた自宅ガレージは、本物を使って撮影したそうですね。

|

11/11/2013

ごちそうさんフェスティバル その7

Simg_20131111_0002


会場に置いてあったパンフレット「JOBKごちそうキッチン」。連続テレビ小説「ごちそうさん」から生まれたメニューのレシピ集です。
・悠太郎の納豆嫌いを克服1? 「納豆のあんかけ豆腐ステーキ」
・大学生の冷蔵庫活用料理 「スパニッシュオムレツ」
・魚島季節の代表作 「め以子の贅沢替めし」
・ほうるもん爺さんの知恵を絞った 「正蔵のぐつぐつ半助鍋」
・トラのぬか漬けを詰め込んだ  「胡瓜じゃここうこおにぎり」
いずれいくつか料理してみましょう。

|

ごちそうさんフェスティバル その6

会場内の特設ステージで、ヒロイン・め以子役の杏さんと泉源太役の和田正人さんのトークショーが行われました。前日は、西門悠太郎役の東出昌大さんと西門和枝役のキムラ緑子(みどりこ)さんだったようです。

スポニチはこの日のトークショーを次のように報じていました。
<女優の杏(27)が10日、大阪市内でヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(月~土曜前8・00)のトークイベントに参加した。劇中の着物姿で登場。役柄同様に食が元気の源で、「撮影を終えて帰ると必ず1杯、晩酌します。夜中でも、食べたいときにはちゃんと食べる」と抜群のスタイルに似合わぬ意外な食生活を明かし、驚かせた。幼なじみ役の和田正人(34)から「杏ちゃんはほんとにイイ子。朝ドラ歴代No・1のヒロインにしたいので、しっかり支えていく」と力強い言葉をもらい、感激していた>

あとでもっと詳しい内容を紹介します。

|

インフルエンザ予防接種

急に寒くなってきたので、今朝ホームドクターのクリニックに行って、接種してきました。大阪市は65歳以上に補助がありますので、料金は1,000円でした。

|

ごちそうさんフェスティバル その5

Sp1060216


Sp1060202


め以子の実家「開明軒」のオムレツを限定200食(\500)食べられる催しもあったのですが、初日に川中みゆきさんがテレビで紹介したこともあり、あっというまに売り切れ。私が駆け付けた時は、写真のように「販売終了」になっていました。整理券を入手できた人は、NHK15F?の食堂まで行って食べたようです。
なお、1Fアトリウムに、開明軒のセットが造られており、テーブルに座って写真撮影できるようになっていました。

|

ごちそうさんフェスティバル その4

Sp1060245


NHK前の広場で、大阪産(おおさかもん)の農産物等を販売していました。前日のNHK番組で、歌手の川中みゆきさんが宣伝していた東大阪のカレーパンを買って食べました。川中さんは、東大阪が舞台のドラマに出演されるそうです。
買ったのはキーマカレー入り(160円)と伝統的なカレーパン(130円)。キーマカレー入りの表面に「ごちそうさん」等の文字が入っていました。1個1個、特殊なマヨネーズで書いたものだそうです。

|

ごちそうさんフェスティバル その3

Sp1060234


今回のフェスティバルでは、杏さんのトークショーや「ごちそうさん」スタジオ見学等いろいろ見どころがあったのですが、私がもっとも感激したのは、T-2スタジオで開催されていた「NHKの最新放送技術を体感!」の中の「次世代テレビ スーパーハイビジョン(8K) シアター」。

これは文句なしにすごい!! ハイビジョンの16倍の超高精細映像に目をみはりました。
3300万画素の映像は、リオのカーニバルで踊り狂う女性が身に付けた小さな宝飾品の一つひとつがキラキラ光り輝く様子を臨場感たっぷりに伝えます。紅白歌合戦でステージを踊り狂うAKB48の大勢の動きを時間遅れなく映し出します。しかも一人ひとりの顔がはっきり見分けられます。北島三郎の舞台に舞い落ちる無数の雪片一枚一枚の美しさ。沖縄・八重山諸島の海底の美しさ・・・。

シアター内の撮影は禁止されていましたので、入り口の看板だけ。
最前列に座って観たのですが、となりのおじさんは毎日新聞?の人と言っていましたが、スーパーハイビジョンに詳しく、論文を開きながらいろいろ教えてくれました。

|

ごちそうさんフェスティバル その2

Sp1060235


Simg_20131111_0001


もらったものがもうひとつ。「ごちそうさん応援メッセージ」を書いて、会場内の昔懐かしい丸い郵便ポストから送れば、め以子と悠太郎からこんな葉書が・・・

写真:ポスト、葉書

|

ごちそうさんフェスティバル  その1

朝ドラ「ごちそうさん」が始まって1カ月あまり。スタート当初、前作「あまちゃん」のフィーバーぶりに、次作はかなり苦戦すると断定的に書いた評論家も多かったようですが……。1カ月経過した「ごちそうさん」は大健闘。視聴率が27.3%を記録し(10月16日)、早くも前作「あまちゃん」の最高視聴率を上回る実績をあげています。そのせいでしょうか、11/10に「BKワンダーランド 秋/ごちそうさんフェスティバル」を覗くと大賑わいでした。昼過ぎにちょっと晴れたとはいえ、朝から風雨が激しく、冷たい日だったにもかかわらず・・・。

まず頂いたものから。会場内をまわって「ごちそうさん」に関係した言葉を完成させるともらえたのが「ごちそうさんクリアファイル」です。
表はめ以子(杏さん)が芝生に横たわっている横顔写真、裏は「GOCHIKUN」、「GOCHIPAN」等のキャラクター?が並んだデザイン。

|

11/10/2013

新潟のゆるキャラ  その2

Sp1060198


Sp1060187


Sp1060183


ジオまる:糸魚川市、ジオパークのマスコットキャラクター
サドッきー:佐渡市、トキ野生復帰アピールキャラクター
謙信くん:上越市、上杉謙信のキャラクター

|

新潟のゆるキャラ  その1

11/8、JR大阪5F「時空(とき)の広場」の新潟物産展にゆるキャラ6体が参加していました。

レルヒ:新潟県、日本元祖スキー漢(おとこ)←新潟の地で日本初のスキーを教え、長野、北海道にも伝えた実在の偉人、レルヒさん 
ナッちゃん:越後長岡市PRキャラクター、花火の妖精

ブラック番長:糸魚川市、ブラック焼きそば(イカスミ入り)のPRキャラクター


Sp1060188


Sp1060199


Sp1060197


|

11/09/2013

第65回正倉院展 その5

正倉院展を観た後、国立奈良博物館-東大寺-県新公会堂-二月堂-若草山-春日大社-奈良ホテル・ならまち-県庁をまわる「ぐるっとバス」に乗って近鉄奈良駅まで戻ってきました。このバスは料金100円です。観光シーズンだけ運行しているようです。あちこちの木々が紅葉してきれいでした。若草山はすでにゲートが閉まっていましたが、斜面に多数の鹿が見えました。同じバスに乗っていた男性が「うわー、気持ち悪い!」。確かにやや薄暗くなった若草山に群れる鹿は、見慣れない観光客にとってはちょっと異様です。(完)

http://www.nara-access-navi.com/season-bus/

|

第65回正倉院展 その4

Simg_20131109_0003


恒例の古文書公開で目を引いたのが、借金の申請書。水谷哲也さんがfacebookに詳しくお書きになっています。
<「続修正正倉院古文書 第二十三巻」。中身は写経生の借銭申請書です。写経所で働く写経生が、写経所から借金をした際の「借用書」で、月の利率は十五文で、担保まで取っていました。利率15%と、けっこう高金利ですね。担保は布が中心のようでなかには衣服もありました。他には土地、建物などで、こうなると銀行と変わりませんね。
金利は途中で十八文(18%)にあがったそうで、返さないやつが多かったんですかねえ。モビットやアイフルの金利が4.5%~18%ですので、一番信用力がない金利と同じです。借りた写経生ですが、まさか自分が書いた借用証書を1300年先に見られるとは考えなかったでしょうね>。
ボランティアによる見どころ解説でも、「利息は100文あたり13~16文。布(給料)が担保でした。本当にお金がなくて借りた人もいたでしょうが、役所が金貸しで儲けていたのかもしれません」。

写真:会場図

|

第65回正倉院展 その3

Simg_20131108_0003


Simg_20130916_0003


「漆金薄絵盤」は何に使われたのでしょうか? 9月の正倉院フォーラムで、お香をたく仏具であることを実験によって確認したことが報告されました。その成果が今回、絵盤・お香の粉を成型する治具・皿とともに写真と解説文で展示されていました。
お香の粉を成型器に入れ、一筆書きのような形にします。ちょうどぐるぐる巻きの蚊取り線香みたいなものです。この上に灰を載せて皿の上にひっくり返します。端に火をつけてお香を楽しみます。実験の結果、燃え尽きるまでの時間は7時間40分。
皿は木製ですが、まったく熱くなっておらず、もちろん焦げてもいません。この結果から間違いなく「香炉」だと確信されたそうです。

写真:ポスター(表)、(裏)

|

Gmailの受信メール印刷

「Gmilの受信メールを印刷しようとしたら、初めの部分しか印刷できない(プレビューも初めの部分のみ)」、こんな不具合が去年から発生して困っていました。以前は問題なかったのですが、パソコンを更新した時か、プリンターを更新した時以来、こんな不思議な現象が現れるようになりました。
原因にまったく心当たりがありません。仕方がないので、印刷した文書が必要な時(例えば、講演会の参加証等)はsnipping toolを用いて、全文をWORDに貼り付けて印刷していました。
きょうその解決法が分かりました。いままで「インターネットエクスプローラー」のファイルから印刷していたのですが、Gmailの表題の右横に小さく表示されるプリンターマークから印刷すれば、全文が印刷できます。
Google検索すると、同じ症状で悩んでいる人が、私以外にもいるようです。

|

ムビチケを使って映画の座席を予約

映画の座席指定がパソコンからできるムビチケ。カードについてきた解説書をいくら見てもさっぱりわかりません。HPで手順通り入力した積りが、ぐるぐる同じ画面が出て、前に進んでくれません。頭を混乱させるような表現があったりして、時間のかかること。予約完了までに小一時間もかかってしまいました。
入力情報が足りないなら、「~が未入力です、と親切に表示してくれよ」と毒ずきながらもなんとか終了。やれやれ。初めての体験に苦労がつきもの?

|

偽装報道の副産物?

有名ホテルや百貨店で相次ぐ偽装。名古屋発祥の珈琲チェーンでも、生クリームと称して植物性油脂を加えたホイップを使っていたとの記事。これを見て、「あっ、レシピに生クリームと書いてあるときは、ホイップで代用できるんだ・・・」と考えてしまう自分。
ほんの少ししか使わないのに、消費期限が短い商品をわざわざ購入するのももったいないし。

|

第65回正倉院展 その2

Sp1060165


Sp1060171


Sp1060177


Sp1060174


9月の正倉院フォーラム講演者が今年の目玉として挙げたのが、「平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)」(「その1」の読売新聞特別号の写真上)と「漆金薄絵盤(うるしきんはくえのばん)」(同 写真下)の二つ。
いずれも鮮やかで豪華な宝物です。「平螺鈿・・・」は、夜光貝やトルコ石、ラピスラズリを散りばめた豪華な鏡で聖武天皇の愛用品です。花の周りに16羽の鳥が愛らしく表されています。今回は光明皇后から献納された20面の鏡のうち、鎌倉時代に盗まれて壊れたものを修理したものと、盗難を免れたものが展示されていました。
「漆金薄絵盤」はハスの形をした仏具です。金箔を貼った木製の花びらには、極楽浄土にいるという鳥やくちばしに花を加えた鳥等が描かれています。23年ぶりの公開です。
写真:国立奈良博物館、紅葉(去年は池の向こう側でお茶会をしていましたが、今年は雨が心配されたためか、屋内で開催していました)、角きりの終わった鹿、吉野本葛入り生あんぱん

|

11/08/2013

「第65回正倉院展 その1」

Simg_20131108_0004


Sp1060170


Sp1060168


Simg_20131108_0001


11/7、奈良国立博物館に出かけました。ウィークディの午後2時過ぎでした。わりあいすいすい入館できたのですが、中はいつもどおりけっこう混んでいました。今年最大の目玉「漆金薄絵盆」を最前列で鑑賞できる列は15分待ちでした。
入り口を入って左手奥の講堂で、きょう最終のボランティアによる「正倉院展の見どころ」解説があるというので参加しました。30分の講演で事前準備は万全です。正倉院展は3回目ですが、ことしほどばっちり勉強したのは初めて。9月に大阪で行われた「正倉院フォーラム」にも参加しましたし・・・。

写真は、スタンプ、のぼり、やさしい目をした鹿、会場で配布されていた読売新聞特別号

|

11/07/2013

誤送信されたメールが届いた

S20131106


テレビのニュースを見ていたら、「府が府庁内に送るメールを一般人にも誤送信した」と言っていました。間違って送ったのは2万数千人。私も府政モニターをしているので宛先に入っていたらしく届いていました。別に個人情報が含まれているわけではないのですが、この程度でもニュースになるんですね。

|

11/06/2013

料理 海鮮棒餃子

Sp1060160


先日の「いかとホタテの棒餃子」の春巻きの皮が残っていたので、スーパーで「シーフードミックス」(イカ、エビ、タコ)とカット野菜を買ってきて刻んだものを春巻きの皮で包みました。ホットプレート180℃で焼いて出来上がり。

|

料理 天津丼

S


ニッスイの「中華名菜 かに玉」と卵を混ぜ合わせ、フライパンで両面を焼いて温かいご飯にのせて添付のソースをかけただけ。

|

料理 宇都宮餃子

スーパーで冷蔵の「宇都宮餃子」を買ってきてフライパンで焼いて食べました。「野菜」と「肉」の2種類。
箱の説明によれば、<1990年、宇都宮市職員研修グループは総務省統計局の家計調査年報において宇都宮市一世帯あたりの餃子の年間購入額が上位であることに着目し、餃子による町おこしを提案しました。それをきっかけに「餃子の街」として広く知られるようになり、今ではその名を全国にとどろかせています>。
なるほど、名物はこのようにして「作られる」のですね。

|

料理 鶏肉とナスのみそ焼き

「おしゃべりクッキング」10/21放送の「たれと香りがからまる 鶏とナスのごまみそ焼き」から「ごま」を抜いたもの。家になかったから抜いただけですが・・・。

(材料)鶏もも肉 1枚、塩、黒こしょう、ナス 1本、タマネギ 1個、青ネギ 1本
    みそだれ(酒・みりん・しょうゆ・味噌)、油 
(作り方)
1) 鶏肉をそぎ切りにし、塩、こしょうする。ナスとタマネギはくし型に切る。
2) フライパンに油適量を熱し、鶏肉を焼き、ナス、タマネギを入れて炒める。
3) みそだれを加えてからめ、盛り付けて青ネギを散らす。
Sp1060087


|

超ユニーク! 実験ドラマ

11/4夜のNHK BSP「植物男子 ベランダー/第1話 ボタニカル・ハードボイルド」を観ました。<都会の片隅で植物を育てる孤独な男、自称ベランダー。ベランダの植物の成長に大げさなまでに一喜一憂する男の不思議なドラマ>というふれこみの新しい趣向のドラマです。NHKはこういう開発番組をときどきオンエアーして、視聴者の反応をみながら定例番組にするかどうかを見定めているようです。
ところで、今回のドラマは、<植物と人間との間に繰り広げられる、楽しくも哀(かな)しい無限の物語を「ベランダ」という限定空間からお届けする新感覚のドラマ>とのこと。
かなりユニークなドラマであり、教養番組です。不思議な感覚にとらわれます。その新鮮さに、ちょっと衝撃を感じました。
コメディに花の図鑑、花にまつわる歌、花の歴史等を織り交ぜた、話題満載のドラマです。こんな番組ばかりでも困りますが、時にはいいですね。
おかげで、生きていくうえで必須とは思えない雑学がいろいろ身につきました。いつか、役に立ってくれるといいなあ。
「シャコバサボテンの開花には、短日処理が必要」、「カメムシ駆除には、ペニーロイヤルを植える」、「アボガドの種を発芽させるには、そのまま土に埋めるのでなく、爪楊枝を使って水を入れたコップの上に置く」、「シクラメンの花言葉は内気」・・・
田口トモロヲさんの、真面目なような不真面目なような独特のキャラクターが、このドラマにぴったり。段ボール上げ下げマシーンと化した主人公、芽を出さないアボガドの種に考え込んだり、女子高生の後をつけてアボガドの秘密を探ろうとする主人公等、途中で何回も笑ってしまいました。

|

11/05/2013

至高のバイオリン ストラディバリウスの謎 その2

NHKが行った無響音室で42個のマイクを使った調査により、普通のバイオリンの音は「弱く広く、まんべんなくいろんな方向に飛んでいる」(噴水みたいな感じ)のに対し、「ある特定の方位に集中して飛ぶ」(絞ったホースみたいな感じ)ことが明らかになったとのこと。ホールの奥まで届く理由はこれ、と推察していました。おもしろい知見です。海外で行われたCTスキャンによる解析では、重さや容積のバランスが取れているという構造により、弓からのエネルギーが最も効率よくボディに伝わり、すばらしい音色を生むと推測していました。これも興味深い研究です。
クレモナでは今も、ストラディバリをお手本にバイオリンを造っているそうですが、彼のレベルには達しないそうですね。もしストラディバリが、バイオリン造りの技を一子相伝の秘密にせず、公開していたらバイオリンの世界はどうなっていたのでしょう。私たちは、いまより頻繁にストラドの音色に接することができたでしょうし、現在、希少価値により一丁数億円もするストラドの価格も影響を受けた? 夢が壊れるような話ですが、ついつい楽しい想像をしてしまいます。(完)

|

至高のバイオリン ストラディバリウスの謎 その1

11/3のNHKスペシャルです。
NYを拠点に活躍されているバイオリニスト五明(ごみょう)カレンさんのイタリア クレモナの旅から始まり、世界各地のストラドバリウス(略称ストラド)の謎を巡る旅は、観ていて楽しい内容でした。科学的な謎の解明とその完全コピーを目指す科学者やバイオリン製作者の取り組み、さらに出来あがったコピー品での演奏も興味深く観ました。
300年前の名器を超えるバイオリンが、現代でも本当に造れないのか、なぜそうなったのか、名器の秘密は何か・・・常々疑問に思っていたことを解き明かしてくれる番組でした。ストラディバリの死後、後継者が死んだため、技術が伝承されなかったのですね。

|

中島みゆきの名曲を秘蔵映像で!! その4

番組の中で、紅白歌合戦で厳寒の黒部ダムから中島みゆきさんが歌った「地上の星」の映像が紹介されました。みゆきさんが歌詞を間違えたのですが、そのまま放送されました。だれもコメントしませんでしたが・・・。
ところでこの件に関して、後日、MBSラジオ「すみからすみまで中島みゆきです」で、角アナウンサー曰く、「本来、NHKが字幕を消すなんてことはありえない。あれは中島みゆきが、NHKに勝ったということですよ。中島みゆきは神様だ。神様が歌詞を間違えるはずがない。こっちが間違えてんだってひっこめてしまった」。みゆきさんは「担当してた人、歌詞を全部覚えたらっしゃったのね。感謝しなければ。だって、あとでVTR見たらすぐ消えてるんですもの。あの件で、中島みゆきを知らない人まで、ああ、あの紅白で歌詞間違った人ってすっかり有名になっちゃって、ハハハ」。(完)

|

中島みゆきの名曲を秘蔵映像で!! その3

Simg_20131105_0001


先崎学八段の文章の続きです。
<(紅白歌合戦に)みゆき様が出る。黒部ダムから生中継するNHKは大変だったろうなあ、などと考えたのは後になってからである。失神しないようにするのが精一杯だった。いや、素晴らしかった。ホントにホントにホントに美しかった。ミロのビーナスを見た時のギリシャ人の気持ちもかくあったろう。クレオパトラを見た時のシーザーやアントニウスの気持ちもかくあっただろう>。
<それはいくらなんでも書き過ぎだ。それにあんたが中島みゆきのファンだからそう思うだけだというヤカラは、中島みゆき党を作ってクーデターが起きた日には、参謀総長先崎学の手によってただちに銃殺である。歌詞を間違えやがって、などと笑うアホタレは、クロヨンダムの底に沈めてやる。男であの美しさをわからない奴なんてヘンタイである。女で分からない奴は男にしか興味がないアホか嫉妬しているのである>。
<ああ、それにしてもなんであんなに素敵なのだろう。歌もいい。歌詞もいい。総てがいい。だいたいにおいて、私にとって、世の中のオンナは、中島みゆき様とそれ以外の女にわかれるのである。世の中の歌は、みゆき様の歌とそれ以外に分かれるのである>。
とまあ、これくらいで先崎八段の言葉はやめておきます。まだまだ続くのですが。

|

栗林公園で栗ソフト/栗林公園 3

栗林公園のなかには、あちこちに茶屋があります。そこで売っていたのが「栗ソフト」300円。ソフトクリームに栗の粒がたくさん入っていました。栗林の「栗」ですからなにか関連があるのかなと思いながら、味わいつつ食べました。 (完)


Sp1060140

|

中島みゆきの名曲を秘蔵映像で!! その2

スナック「みゆき」常連の中に、将棋の先崎学八段がいました。この方は、中島みゆき様の熱烈なファンとして知られる方ですが、番組の中ではおとなしく、口数が少なかったことが意外でした。番組の最後のあたりで、中島みゆきさん本人が郵便局員の姿で突然スナックに現れたときは、あまりのことに固まってしまい、一言も発言できないまま。みゆきさんは風の如く去ってしまいました。
先崎氏が、どれくらいみゆき様ファンかは次の文章を読んでいただければわかります。「週刊文春」の連載記事「先ちゃんの浮いたり沈んだり」第110回の一部です。私は当時、この文章に大いに賛同し、先崎学八段の真似をして、「中島みゆき様」と書いておりました。
<私は15歳の時からのみゆき様のファンである。ちなみに私が文章で様という敬称をつけるのは中島みゆき様だけである。しばらく前までは友人達との会話でも様付していたのだが、さすがにまわりのヘンな視線が気になってやめてしまった。その事を、みゆき様に対してなんて不敬な事をと申し訳ない気持ちになる、それぐらいのファンなのだ>。(先崎学氏の文章は続きます)

|

中島みゆきの名曲を秘蔵映像で!! その1

11/3夜、NHK BSPで「オール中島みゆきナイト」が放送されました。「スナックみゆき」(マスター:ビビル大木)に中島みゆきをこよなく愛する常連(クリス松村・茂木健一郎・先崎学・おかもとまり)が集い、さらにビデオレターを紹介しながらリクエスト曲をNHKの秘蔵映像で紹介するという番組。ま、秘蔵とはいっても、私は全部見覚えのあるものでしたが・・・

常連およびビデオレターのリクエスト曲は、薬師丸ひろこ「時代」、茂木健一郎「ヘッドライト テールライト」(流れた映像は「プロジェクトX」最終回に本人が歌ったもの)、先崎学「歌姫」、ゆず「浅い眠り」、おかもとまり「命の別名(べつみょう)」、安達祐実「空と君とのあいだに」(安達祐実によれば、この歌は犬の目線で書かれた歌だそうです)、クリス松村「アザミ嬢のララバイ」(デビュー曲ですね)、坂崎幸之助(アルフィー)「ファイト」、工藤静香「見返り美人」、ビビル大木「宙舟(そらふね)」。このほか途中で「地上の星」(NHK紅白歌合戦で黒部から中継した映像)、最後に「銀の龍の背に乗って」。
また街中で500人アンケートで選ばれた曲は、
1位:地上の星、2位:時代、3位:空と君とのあいだに」、4位:糸、5位:ファイト
6位:銀の竜の背に乗って、7位:ヘッドライト テールライト、8位:歌姫、9位:命の別名、・・・

|

11/04/2013

名庭園に浮かぶ舟/栗林公園 2

Sp1060127


Sp1060137


Sp1060139


五葉の松の向こうの池に、舟が優雅に浮かんでいます。船頭さんの操る舟には、すげがさをかぶった観光客が見えます。秋の栗林公園を満喫している様子、絵になる光景でした。
園内には、「舟蔵跡」がありました。藩政時代、歴代藩主が舟遊びをしたとき、舟を係留した場所だそうです。

|

いよいよ大阪編

朝ドラ「ごちそうさん」、きょうから大阪編が始まりました。嫁いだつもりが「女中」!と言われて驚愕するめ以子。東京とまったく違う大阪文化。いじわるの限りを尽くす義姉、頼りない義母・・・大変な生活が待っています。
一方、「ごちそうさん」が誇る料理チームスタッフが、苦労して準備した食材から次々作られる大阪料理の数々。大阪の料理の神髄「始末の心」等も織り込みながら。
いよいよ目が離せない展開です。

11/9(土)~11/10(日)にNHK大阪放送局で「ごちそうさん」スタジオセット公開や出演者によるトークショーなどが行われるようですね。
日時:平成25年11月9日(土)~10日(日)午前10:00~午後5:00場所:NHK大阪放送局
・「ごちそうさん」プレミアムトークショー
9日 東出昌大さん、キムラ緑子さん
10日 杏さん、和田正人さん
・JOBKごちそうキッチン
9日 宮嶋麻衣さん、広里貴子さん(「ごちそうさん」大阪料理監修)
10日 和田正人さん、広里貴子さん(「ごちそうさん」大阪料理監修)

隣の大阪歴史博物館で、兜の展覧会も始まりましたし、でかけてきましょうか。
http://www.nhk.or.jp/osaka/wonderland/

|

きわめびと 嘉納愛子さん

NHK総合テレビ「きわめびと」を見ていたら、106歳の今でも現役の声楽家&声楽指導家・嘉納愛子さんが登場しました。山田耕筰の愛弟子だそうです。チン電が出てきましたから、アベノの近くにお住まいのようです。

<だめ! 「からたちの花がさいたよ」は叙事、「白い白い花だよ」は抒情。抒情は心を込めて歌わなければ>
<「まろいまろい」が「まろいまろえ」になっている。高音で「い」を発音するには、高度な技術が必要>
等、厳しいレッスンのひとこまが登場しました。

お化粧道具を紹介し、爪の体入れをするシーンで流れたバックグランドミュージックは、なんと、孫が踊り出すカーリー・レイ・ジェプソンの「コール・ミー・メイビー」でした。

|

懐かしい五葉の松/栗林公園 1

Sp1060117


Sp1060121


Simg_20131103_0001


せっかく栗林公園の近くに行ったので、中に入りました。入り口で「50年前、広島から小学校の修学旅行で来ました。五葉の松の前で撮影した記念写真があります。あの松を見たいのですが・・・」。
場所を教えてもらっていきました。案内板に、
「根上り五葉松/天保4(1833)年、徳川11代将軍家斉公より松平9代藩主頼怒(よりひろ)公が参勤交代の時拝領した盆栽を地に下ろしたものが成長したといわれる」。
おー、懐かしい! じつに54年ぶりの再会です。
ただ、通路が整備され、昔のように五葉の松の前に多くの人が並ぶスペースはなくなっていました。

|

上原屋のうどん その2

Sp1060105


かき揚げがなかったので、うどん(小)にかぼちゃの天ぷらを注文してわずか350円。自分でうどんをあたためて、汁を入れ、ねぎ等を載せます。
かぼちゃがでっかい! たっぷりついたコロモがパリパリ。甘~くてとろけそうなかぼちゃは、まるでスイーツを食べてるよう。絶品です。どうすれば、こんなかぼちゃに変身させられるのでしょう?
30~40人が座れる店内は超満員です。
前の席のカップルが食べていたのは、うどんとグレーの立方体。隣の女性が「それなんですか?」。「豆腐のおでんです。ネットでここの豆腐がおいしいと人気になっていましたので」。今度行ったときは、あれも食べてみよう。

|

上原屋のうどん その1

Sp1060104


10年ほど前、高松出張のおり、「昼食がまだなら、俺も今からいくからおいしい店を紹介しよう」とタクシー運転手に連れて行かれた「上原屋」。セルフうどん店は初体験でした。うどんだけでなく、かき揚げのおいしかったこと! こんなおいしい天ぷらは初めて、驚きの体験でした。その後、うどんは何回も取り寄せて食べたことがありますが、天ぷらは店に行かないと食べられません。

赤ちゃんがママのところにやってくるまでに時間が・・・。そこで、あの味を再度、味わいたいと、タクシーで栗林公園近くの上原屋本店へ。以前の場所から少し移っていました。店の外に20人くらいの行列が・・・。写真をパチパチ撮っている人も何人かいました。観光客でしょう。

|

11/03/2013

高松は菊地寛の出身地

Sp1060094


Sp1060100


Sp1060101


菊地寛本人の銅像だけでなく、代表作「父帰る」の一シーンを表現した銅像が街の中にありました。通りの名前も「菊地寛通り」。菊地寛記念館もあるそうです。
小説家で文芸春秋創業者でもありますね。

|

明石海峡大橋

Sp1060090


11/2 JR大阪駅→高松行き 南海バスから。

|

近鉄あべのハルカス本店 ウエルカムガレリア

11/1撮影。Sp1060089


|

11/02/2013

きょうは孫に会いに

さあ、きょうは今から日帰りで高松へ。面会時間は1時間のみ。

|

« October 2013 | Main | December 2013 »