« 大阪芸大雅楽演奏/竹内街道・横大路1400年祭 15 | Main | ケネディ暗殺から50年 その4 »

11/24/2013

アル・カポネ  その2

アル・カポネの悪事の数々として、賭博・売春・密輸・欲望のデパート設置(1F:酒場、2F:馬券場、3F:賭博場、4F:売春宿)・買収・選挙妨害・マスコミ対策(記者への暴力・買収・言うことを聞かなければ新聞社をまるごと買収)はまさに恐るべきものです。しかも彼の本当の恐ろしさは、一般大衆を犯罪に仕向けることだったそうですから・・・
<カポネの時代は、社会全体が法を守ることに対する価値観を失い、犯罪活動の活発化につながった>
<カポネは、未完成で不安定な社会が生んだ悪の象徴。それを私たちは忘れてはならない>
1992年、私はシカゴでアル・カポネがかつて住んでいたというビルを見ました。彼がシカゴで暗躍したのは1929年の大恐慌時代。その住居が残っていたのですから驚きです。廃墟と化した10階建てビルの窓は壊れていました。5階の端が彼の部屋だったそうです。1階に「FOR SALE」の張り紙が貼られていました。すでに20年ほど空家になったままとのことでした。あたりは、夜になると何が起きても不思議ではない危険地帯と聞きました。
(完)

|

« 大阪芸大雅楽演奏/竹内街道・横大路1400年祭 15 | Main | ケネディ暗殺から50年 その4 »