« インドと日本 その1 | Main | 温故希林 台湾生まれの日本工芸 その1 »

12/06/2013

インドと日本 その2

今回現地を訪問したNHK記者に、「この村の人にとって、ご夫妻の訪問は特別な思い出になっています。みんな幸せな気分になりました。お二人はとても素敵で、皇太子妃はきれいでした。日本は昔も今もインドを支援してくれています。お二人のご健康をお祈りします」と、53年前の出来事をありありと思い出しながら語る農民の姿・・・。
世論調査でも「日本との関係が良好」と考える人が80%を占めるそうです。経済協力、安全保障の面で、もっと絆を強めていきたい国ですね。

番組は、日本とインドの関係を、仏教伝来以降の歴史で振り返り、インドが日本の戦後復興と経済成長の後押しをしてくれたことをあらためて思い起こせてくれました。「日本方式の人材育成をインドで行い、勲章を授与された元日本の大学教授」や「インド人の留学先がアメリカ9万人に対して日本はわずか540人という現実」、インド人大学教授の「インドはIT等のサービス業に偏っており、製造業の拡大が必要。そのために日本からの投資が必要。日本は経済および安全保障上の重要なパートナー」といった両国間の課題を幅広く取り上げていました。

|

« インドと日本 その1 | Main | 温故希林 台湾生まれの日本工芸 その1 »