« 産経<花田紀凱の週刊誌ウオッチング>12/21から | Main | うがい薬のみ保険適用外 で61億円削減 »

12/24/2013

百田尚樹さんの<至高の音楽>

Sp1060527


久しぶりに書店に行くと、百田尚樹さんの「至高の音楽」と宮部みゆきさんの「ペトロの葬列」、いずれも最新刊が同じ\1,890で並んでいました。どちらも読みたいのですが、今回は「至高の音楽」を購入。

百田さんの小説「永遠のゼロ」を読んだのは3年前。その後、まったく違うジャンルに次々挑戦されていることに驚きます。しかも相次ぐベストセラー・・・で、今回はなんと「クラシック音楽」がテーマです。
百田さんの所蔵レコード、CDは2万枚以上。「クラシック音楽こそ最高の音楽」と信じる百田さんが、名曲の聴きどころを解説した本書は、その聴きどころばかり集めたCDを付録として添付しています。

百田さんが「永遠のゼロ」のエピローグ執筆中、涙をぽたぽた落としながらエンドレスで聴いたのは、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲。この曲も本書の番外編およびCDに収録されています。
<もしこの本の読者で「永遠のゼロ」の原作をお読みになられた方は、一度、「カヴァレリア・ルチスティカーナ」の間奏曲を聴きながらエピローグを読んでもらいたい。私が執筆の時に宮部久蔵に対して抱いた哀惜の気持ちの幾分かは共有してもらえるかもしれない>

|

« 産経<花田紀凱の週刊誌ウオッチング>12/21から | Main | うがい薬のみ保険適用外 で61億円削減 »