« 鉛筆を回しながら線を引く | Main | 300mハルカスを駆けろ ハルカス垂直マラソン »

12/21/2013

有害濃霧についての中国側論評

ちょっと古い話になりますが、12/9の北京発共同電です。これが中国の公式見解とは・・・救いがたい。

<中国国営の中央テレビや共産党機関紙、人民日報のウェブサイトは9日までに、中国で深刻化している有害物質を含んだ濃霧が国民の団結を促すなどの利益をもたらしたとする論評を掲載した。
 論評は濃霧がもたらした利益として、「中国人の団結を促した」、「中国社会に各種の不平等が存在する中、濃霧を前に人々は平等になった」、「濃霧を題材にしたジョークがはやるなど中国人をよりユーモラスにした」。

 人民日報系の環級時報も、「濃霧で視界不良となればミサイル攻撃が困難になるため、国防上有利になることもある」。

なんともはや・・・さすがに中国の短文投稿サイト「微博」には、「意味不明な理屈だ」、「濃霧に感謝しろと言うのか」などの批判が次々書きこまれたそうです。

|

« 鉛筆を回しながら線を引く | Main | 300mハルカスを駆けろ ハルカス垂直マラソン »