« 同じ共同電原稿が、新聞によってこんなに違う記事に | Main | まめぶ汁 »

01/14/2014

水仙は毒のかたまり

冬の美しい花といえば、水仙です。
見た目には清楚で美しい水仙ですが、全草、毒薬なので注意すること、とテレビで警告していました。葉も茎も、食べると死ぬることが・・・。ニラや浅葱(あさつき)と間違えて食べる人が少なくないようですね。

wikipediaに次のように書いてありました。
<有毒植物で毒成分はリコリン (lycorine) とシュウ酸カルシウム (calcium oxalate) など。全草が有毒だが、鱗茎に特に毒成分が多い。スイセンの致死量は10gである。食中毒症状と接触性皮膚炎症状を起こす。中毒は初期に強い嘔吐があり摂取物の大半が吐き出されるため症状が重篤に到ることは稀であるが、鱗茎を浅葱(あさつき)と間違えて食べ死亡した例がある>。
ニラとの見分け方は、
<葉がニラととてもよく似ており、ニラと間違えて食べ中毒症状を起こすという事件がときどき報告・報道される[6]。ニラとの大きな違いは次の通りである。
葉からの臭いがない(ニラは葉からニラ独特の強い臭いを放つ)。
鱗茎がある(ニラは髭(ひげ)根で鱗茎はない)。>

|

« 同じ共同電原稿が、新聞によってこんなに違う記事に | Main | まめぶ汁 »