« 大事な本はやはり紙で? | Main | 人を斬る音は白菜 »

02/25/2014

新聞の1部売り価格

入院中は新聞の自動販売機で朝刊を買っていた(手術後何日かは女房に買ってきてもらって)のですが、改めて値段の違いを再認識しました。
経済専門紙の日経が160円なのは別格として、朝日150円、毎日140円、読売130円、産経100円。

価格の順番が安倍政権が嫌い→好意的の順番になっているのも興味深いところです。そういえば入院中に国会中継を観ていたら「評論家から伺った話ですが、朝日新聞の主筆が<打倒安倍が朝日の社是>と言っていたとのこと・・・>と安倍首相自身が答弁で発言していました。評論家とは故三宅久之氏ですね。同氏が「たかじんのそこまで言って委員会」で紹介してすっかり有名になった話です。政策でなく、個人名を出して攻撃するのが社是とは・・・不偏不党もなにもあったものではありません。なお、このときの主筆は若宮啓文氏。かつて「竹島は韓国にくれてやれ」と書いたこともある方。いまは退職して、韓国の大学教授。相変わらず韓国が喜ぶ韓国べったり発言を続けているそうですが・・・

|

« 大事な本はやはり紙で? | Main | 人を斬る音は白菜 »