« タメ・トラベル 寛平・マリック・宮本文昭  その2 | Main | コールド専用のホット飲料 »

03/22/2014

BSドキュメンタリー 走れ、世界へ 下町ボブスレー その2

夢を乗せて、大田区の町工場の人たちが立ちあがったのは、ほんとうに立派です。かつて東大阪の中小企業が、それぞれの得意技術を活かして、人工衛星を作った話と似ていますね。下町ボブスレーは、ソチ オリンピックに採用されませんでしたが、あきらめずに改良版を作り、最高速度がヨーロッパ製を上回ったというのはうれしい結果でした。4年後のオリンピックには、ぜひ大田区製下町ボブスレーで日本勢がメダルを取って欲しいものです。
200もの部品からなるソリ、それぞれを分担した町工場が工夫しながら知恵を絞って取組む様子がよく描かれていました。協会から改良点のリストが突き付けられましたが、これはやむを得ません。NASAや世界的レーシングカーメーカーが膨大な資金をつぎ込んで開発にしのぎを削っている分野に素人が進出して、いきなり合格点がもらえるわけがありません。いい経験でした。一段とレベルが上がってよかったですね。
(完)

|

« タメ・トラベル 寛平・マリック・宮本文昭  その2 | Main | コールド専用のホット飲料 »