« アジア三都物語 台北~時が止まった街角で | Main | 壬申の乱 その2 »

03/27/2014

壬申の乱 その1

3/25のNHK BSP「BS歴史館」は「壬申の乱」。1300年前、天智天皇の子(大友皇子)と弟(大海人皇子)が、皇位継承をめぐり、国を二分して戦いました。日本古代史における最大の戦いには、多くの謎があります。その背景や意義を詳しく紹介した興味深い番組でした。現在に至るまで連綿と続くこの国のあり方を決めたもの、それが壬申の乱だったのですね。あらためて里中満知子さんの「天上の虹 持統天皇物語」(持統天皇は、大海人皇子、後の天武天皇の夫人)に思いを馳せながら視聴しました。

里中さんが、番組の中で、「持統天皇の父が天武天皇、夫が天武天皇。私が小さい頃は、<あの人は父の七光り、夫の七光りで女性天皇になった人だ>みたいな言い方をされていたんです。評判が悪かった。持統天皇を描くと言ったら、まず母に反対されました」と発言していました。

入院してから中断しているコミック「天上の虹」を図書館に予約しなくちゃ。

|

« アジア三都物語 台北~時が止まった街角で | Main | 壬申の乱 その2 »