« めざせ! グルメスター 行列ができる! ご当地焼きそばスペシャル | Main | 晴れときどきファーム 沖縄スペシャル! 個性豊かな島野菜をゲットしよう »

03/01/2014

美の壺 雛めぐり

NHK BSP 2/28放送分。
この季節、豪商や旧家が豪華な雛飾りを展示している様子がよくニュースで取り上げられますが、「美の壺」が紹介したのは、高価なお雛様を買うことができなかった庶民が、身近な素材を使って作ったお雛様。
愛知県足助(あすけ)の土人形、竹雛。第一の壺「風土が生み出す姿とお顔」です。歌舞伎のヒーロー、ヒロインの土人形も飾ってありました。
静岡県の港町・稲取。伝統のつるし飾りが宙を舞います。親の願いを込め、古来からの縁起物がぶら下がっています。お母さんの白無垢やお父さんのネクタイ等から作り上げた細工物も・・・。第二の壺「宙を彩る雛の宴」。
そして、娘へのあふれる想いを雛人形に託した人形作家。第三の壺「小さき者へのメッセージ」。
いかにも「美の壺」らしい取り上げ方に好感が持てました。
草刈正雄さんの娘さんがお嫁入りするイメージで番組全体が組み立てられていたようですが、冒頭出てきた和紙と菜の花の素朴な人形が、ラストの雛飾りで再び登場したのが印象的でした。ホームページの「磯野佑子のツボトーク」で、立ち雛人形作りを教えていましたので、実際に作ってみようという方も多いのではないでしょうか。

庶民が子供の幸せを願って、工夫しながら身近な素材を使って雛人形を作り、雛祭りを伝統行事として継承してきたことがよくわかる番組でした。いまでもこういう形で残っている地域があるのですね。大金持ちの豪華な雛飾りには見られない素朴な味が伝わってきてよかったと思います。

|

« めざせ! グルメスター 行列ができる! ご当地焼きそばスペシャル | Main | 晴れときどきファーム 沖縄スペシャル! 個性豊かな島野菜をゲットしよう »