« 岡田 准一、ひらパー園長に! 100万人達成できなければ解任 | Main | 耳かきは耳の入り口から1cmまで »

03/31/2014

何すんねん が 何数年

産経新聞夕刊3/31付に「音声文字化ソフト誤変換相次ぐ/速記官カムバック!」という記事が載っています。全国の裁判員裁判で、証人尋問や被告人質問の記録方法が速記から録音に移行するなか、裁判所の音声文字化ソフトの「トンデモ語変換」に弁護人らが頭を悩ませているそうです。
公判の準備にも支障をきたし、弁護士会がアナログな裁判所速記官の立ち合いを求める声明を出したといいますから事態は深刻です。
たとえば「供述の信用性」が「共同信用性」、「何すんねん」が「何数年」、「豚まん持って」が「ブタ守って」・・・これでは検索しても正しい発言は出てきません。
ただし、最高裁は「録音方式への移行は時代の流れ」と速記官活用に応じる姿勢は見せていないそうです。

|

« 岡田 准一、ひらパー園長に! 100万人達成できなければ解任 | Main | 耳かきは耳の入り口から1cmまで »