« 固くなった砂糖に 水1滴 | Main | コズミック フロント~宇宙の果てを測れ コズミック・ラダー その2 »

03/01/2014

コズミック フロント~宇宙の果てを測れ コズミック・ラダー その1

NHK BSP 2/27放送の番組です。ワクワクする内容でした。星の距離測定が、銀河や宇宙の形を知ることのできる宇宙の物理法則を読み解くカギであること、距離測定の原理「年周視差」は2000年も前にギリシアのヒッパルコスが発見、現在、探査衛星「ガイア」を使って3万光年10億個の星の3次元地図作りを推進中であること、宇宙の距離測定がケプラー、ニュートンの近代物理学を生んだこと、距離測定のコズミック・ラダー(距離梯子)は「年周視差」から「セファイド変光星」、そして「超新星爆発」の採用により距離を伸ばし、やがて宇宙のはて100億光年のかなたまで測定できようかというところまで進歩していることなど、まさに驚きの報告でした。

|

« 固くなった砂糖に 水1滴 | Main | コズミック フロント~宇宙の果てを測れ コズミック・ラダー その2 »