« バチスタ手術は現在行われていない | Main | 図書館システム不調 »

03/19/2014

宮部みゆきさんの生の声が聴けます!

宮部みゆきさんが10年がかりで執筆された「ソロモンの偽証」全3巻のうち、1巻「事件」、2巻「決意」まで読みました。これから3巻「法廷」を図書館に予約します。いつになった3巻が読め始められることやら。
なにしろ各巻700ページの厚さですが、時間を感じさせないくらい、引き込まれます。
「その法廷は 14歳の死で始まり 偽証で完結した」

中学校を舞台にした殺人なのか自殺なのかわかりませんが、とにかく生徒が一人謎の死を遂げ、引き続き事件が次々起きます。真実を知りたいと立ち上がった中学生。学校内裁判を始めようと検事・弁護人・陪審員それぞれ準備しているところで第2巻は終わります。

題名の「偽証」が何を意味するのか、だれが偽証しているのか、いまのところまったくわかりません。

次の新潮社公式ホームページから、作者・宮部みゆきさんの生のメッセージが2本聴けます。貴重な声ですね。
http://www.shinchosha.co.jp/solomon/04.html

|

« バチスタ手術は現在行われていない | Main | 図書館システム不調 »