« March 2014 | Main | May 2014 »

04/30/2014

カヴァレリア・ルスチカーナ間奏曲の仕掛け

NHK「らららクラシック」がマスカーニの「カヴァレリア・・・」を取り上げていることを知り、放送途中から観ました。百田尚樹さんがこの曲を聴きながら、涙をながしつつ「永遠のゼロ」を執筆したのは有名な話です。ほんとうに清らかで、美しいメロディです。
ところで意外なことに、このオペラは恋愛を巡る悲劇だそうす。天国のように美しいメロディの間奏曲を聴いて、完全に心が解放されたところに悲劇の結末が訪れます。かなり激しいそのギャップに、聴衆はすっかり心をつかまれてしまいます。具体的には、女性を巡って二人の男がいがみあい、シチリアの風習に従って、男が相手の耳にかみつき、決闘を申し込むシーンへとつながるそうです。

さて、ここで曲自体にも、聴衆の心をつかむマスカーニのすごい仕掛けが・・・それがユニゾン(複数のパートが同じ旋律を奏でること)。曲全体の6割近く(29小節)を4つの弦楽器(第1バイオリン、第2バイオリン、ビオラ、チェロ)が同じ旋律で演奏します。
番組の中で、「和音でハモった場合」と「ユニゾンの場合」で比較する実験をしていました。素人が聴いても、圧倒的にユニゾンの勝ち。「メロディーの伝えようとしているものが、ストレートに入ってくる」「ユニゾンでここまで来られたら、耳から離れない。メッセージ性、力強さが聴衆に伝わり、後世に残っている」・・・

分かりやすい解説でした。

http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2013/12/post-287c.html

|

大阪駅は 匂いまでコントロールしている

産経新聞朝刊に連載されている「すてんしょ物語/大阪駅140年の記憶」第2回(4/30)に、こんな話が紹介されていました。

JR大阪駅と南北2つのビルからなる大阪ステーションシティ(OSC)には、約1,000の店舗がひしめいています。
全体の空調を管理する設備管理センターは、温度管理だけでなく二酸化炭素ガス濃度にも神経をとがらせています。
さらになんと「匂い」のコントロールまで! 強力な換気装置で場所ごとに気圧を微妙に変化させているそうです。
トイレは大気より低い「負圧」にして臭気を閉じ込め、パン屋やお菓子店は気圧を高めて甘い香りをあえて構内に漂わす・・・

そんなことにまで気を配っているとは、知りませんでしたねえ。

|

04/29/2014

プリンター用インクがなくなった

ときどき利用するamazonなら、深夜に発注しても午前中(半日後)には届くので、いつも品物が無くなってから注文する癖がついていたのですが・・・

4/25にプリンターのインクが切れて印刷できなくなりました。すぐ楽天に注文したのですが、ゴールデンウイークに入ったせいか、4日たっても届きません。昨日やっと「発送した」というメールがきました。楽天はそれぞれの店から発送するので、日数がかかるのでしょう。

こんなことなら、切れる前に発注しておけばよかった。

|

Google Chrome に切り替え

下記情報を受け、長年使ってきた IEから Google Chromeに切り替えました。

<米国土安全保障省は28日、米マイクロソフト(MS)社が提供するインターネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」で安全上の脆弱ぜいじゃく性が見つかり、ハッキングを受ける可能性があるとして、別の閲覧ソフトを使うなどの対策を取るよう警告した。脆弱性が見つかったのはIEのバージョン6から最新の11まで>。

|

孫が得意技披露

先週土曜日、長女の上の娘(4歳)の誕生祝いケーキを我が家で食べました。本人と2歳の妹が、おじいちゃん・おばちゃんに見せたいと言っていろいろ準備した出し物を披露してくれました。お姉ちゃんを見習って、妹も負けずに頑張っていました。
「いろは」と「ことわざ」には驚きました。

・楽器(始めたばかりで、まだ曲にはなりませんが、音は出せるようになりました)
・体操(前まわり、お尻をペタッと床に着けて180°開脚が楽々と)
・いろはにほへと(台の上に上がって、大きな声で「いろは」48字を叫びます)
・ことわざ「犬も歩けば棒に当たる、などのことわざを次々大きな声でしゃべります。ときどき単語が入れ替わるのもご愛嬌?)
・宣誓(始業式のとき、クラス代表としてみんなの前でしゃべった誓いの言葉をちゃんと覚えていました)
・踊り(AKB48、YMCA、Call Me Baby)

|

八天堂のくりーむパン

入院していたとき、知人が持ってきてくれたのが「八天堂」のくりーむパン。病院のそばで売っていたらしいのですが、本店は広島県三原市。私の卒業した中学校のある町です。当時は小さなパン屋さん。いまでも三原に住んでいる同級生に聞いて、初めて知りました。
きのうJR大阪駅の構内にも売店があるのを見つけ、買ってきました。けさの朝食は「八天堂のくりーむパン」。

大阪には、中学の同級生のお菓子屋さん(本店は三原市。共楽堂/旬果瞬果共楽堂)の売店も、阪急うめだ本店B1 にあります。

どちらも東京にも進出し、人気店になっているようですね。

|

04/28/2014

アートキティ その2

Sp1070010

Sp1070022

アートキティ パレードには20人以上の有名人が作ったアートキティも。グランフロントのあちこちに展示されています。
土屋アンナさん(北館2F)と坂下千里子さん(これは探しました。うめきた広場B1)の作品がこれ。(完)

|

アートキティ その1

Sp1070004

Sp1070006

ビルの1階から7階までの吹き抜け部に吊り下げられた巨大なキティちゃん、テレビのニュース映像や新聞写真ではよくわからなかったので、グランフロント大阪で実物を観てきました。
プレゼントに欠かせない「感謝」の象徴=リボン 1万1千個でつくった雲のようなキティちゃん「キティクラウド」。谷尻誠さんの作品です。
近づくとただのリボンがぶら下がっているだけですが、遠くから眺めると巨大なキティちゃん・・・迫力十分です。

|

トリックアート サーカス

Sp1060995


Sp1060997


Sp1070002


Sp1060992


Sp1060991


JR大阪駅5F 時空の広場で開催中の「トリックアート サーカス」を観ました。「スリルゾーン(綱渡り、ポール曲芸)」、「ダイナミックゾーン(空中大車輪)」、「サプライズゾーン(空中ブランコ、猛獣ライオン)」、「ウエルカムゾーン(ピエロ)」のそれぞれの絵が、3Dとなって立体的に迫ってきます。
たくさんの人が家族やグループの仲間を絵の中に立たせて、指定された撮影位置からシャッターを切っていました。みなさん楽しそう。

|

04/26/2014

愛(め)でスポ  その1

04/25 NHK BS1

NHKの開発番組です。ちょっとばかりユニーク。好評なら定常番組に昇格するでしょうね。
「応援したくなる選手が見つかるスポーツ王子発見番組」、変わった番組です。私は、いままでフェンシングのルールも選手もまったく知りませんでした。「涙」「友情」「金メダル」をキーワードに、さまざまな逸話をとりあげていくこの番組を観ているうちに、自然な形で違和感なくフェンシングの世界に入っていけました。「知識ゼロでも夢中になれる!」、「選手を知らない!」「ルールが分からない!」でも大丈夫、という番組の基本コンセプトを非常に面白いと思いました。

|

セキュリティロックのため? タブレットにテレビが映らなくなった

ここ数日、J:COM(ケーブルテレビ)がタブレットで見られなくなったのでおかしいな、と思っていました。先日、アンドロイドのパターンロックをかけたことを思い出し、もしやと思って、念のためにロックを外してみると・・・ちゃんと映るようになりました。
テレビを観るときは、パターンロックを解除する必要があるのかもしれません。こんなことどこにも書いてないけど。

|

桜の通り抜け その10

法明寺(ほうみょうじ):京都府美山町の法明寺境内にあった名花を、佐野藤右衛門氏が接木育成し、命名した。花は淡桃白色である。本数:3本

P1060801

蘭蘭(らんらん):北海道松前町で、「白蘭」と「雨宿」との交配から選出育成された桜。花は白色に近く、外面は淡紅紫色。花弁数は15~20枚ある。名前は、上野動物園のパンダ蘭蘭の死を悼んで昭和55年の子供の日に松前の子供たちが命名した。本数:3本

P1060803

六高菊(ろっこうぎく):花は淡紅白色で菊桜の系統である。旧制第六高等学校(現在の岡山大学)の校庭にあつたところから、この名が付けられた。本数:1本

P1060806

綾錦(あやにしき):北海道松前町の浅利政俊氏が「松前早咲」の実生の中から選出育成したものである。花は淡紅色の大輪で、花弁数30枚弱、花つきがよい。本数:1本

P1060808

|

04/25/2014

釣鐘饅頭/四天王寺聖霊会 その6

Sp1060934


四天王寺西門(さいもん)を出たところに、屋根に釣鐘を下げた「総本家 釣鐘屋」があります。釣鐘の形をした「釣鐘饅頭」、「釣鐘煎餅」が有名なお菓子屋さん。
久しぶりに買って食べました。饅頭は、上品でしっとりした食感が印象的。煎餅は一口噛むごとに、さまざまな香ばしい味が口中に広がり、「煎餅ってこんなにおいしかったっけ」と思わせる味でした。

かつて四天王寺には、世界最大の釣鐘がありました。高さ7.8m、厚さ66cm、周囲16m、重さ157.5tという巨大さ。明治36年に撞き初め式を行いましたが、昭和17年、太平洋戦争の金属回収令によって撞き納め法要が行われるまで、一度しか撞かれたことのない「鳴らずの鐘」。巨大すぎて、期待されたほどの響きが出なかったらしい・・・。
釣鐘饅頭は、巨大梵鐘の完成するに先立って明治32年に製造販売されました。大阪名物として、今日までかつての面影を残しています。


Sp1060935


Sp1060936


|

4カ月ぶり、生後5カ月の孫娘に会う

次女が娘を連れてやってきました。4カ月ぶりに見る孫は元気いっぱい。畳の上で寝返りを披露してくれました。
みんなで長女の二人の娘(2、3歳)の動画DVD1時間を観ながら歓談。

あすの午後は、長女一家も加わって3家族で過ごします。

|

小保方さんの捏造と同じやんけ?

小保方論文を捏造と断定した本人が、画像の切り貼りや使い回しなどまったく同じことをしていた?なんて・・・
「本当の画像はちゃんとあるから、捏造ではない」という言い訳も、小保方さんと同じ。
これぞ「理研の文化」?


それにしても、過去の画像をよくぞここまで調査したものです。
 
http://d.hatena.ne.jp/warbler/files/石井俊輔氏が責任著者である論文についての疑義%20-%20コピー.pdf

http://d.hatena.ne.jp/warbler/files/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%BF%8A%E8%BC%94%E6%B0%8F%E3%81%8C%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%91%97%E8%80%85%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E8%AB%96%E6%96%87%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%96%91%E7%BE%A9%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.pdf

|

なんじゃ、これ? <STAP問題、理研調査委員長、辞任へ 自身の論文データに疑義>


http://sankei.jp.msn.com/science/news/140425/scn14042502080001-n1.htm

|

04/24/2014

石鳥居/四天王寺聖霊会 その5

Sp1060933


四天王寺はお寺ですが、神仏習合(混淆)時代の名残りで、石の鳥居があります。

|

動画/四天王寺聖霊会 その4

Eさんのご指導により、youtube経由で動画をアップしました。

http://youtu.be/UJnvCXLrGOY

|

桜の通り抜け デジカメムービー版


http://youtu.be/8Ma-QqEQ4MQ

|

04/23/2014

「小保方さんは悪くない!」 武田邦彦の徹底解説!  No.2

確かに著作権の定義は、「自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他 的に支配する財産的な権利」ですね。自然科学は「思想」「感情」とは無縁でなければなりません。

大阪地裁の判決にも、「論文に同一の自然科学上の知見が記載されているとしても、自然科学上の知見それ自体は表現ではないから、同じ知見が記載されていることをもって著作権の侵害とすることはできない。また、同じ自然科学上の知見を説明しようとすれば、普通は、説明しようとする内容が同じである以上、その表現も同一であるか、又は似通ったものとなってしまうのであって、内容が同じであるが故に表現が決まってしまうものは、創作性があるということはできない」とあります。

STAP細胞が本物で、小保方さんたちが論文も特許も取り下げていた場合、アメリカ等の第三者が権利を主張すれば、我が国は重大な国益を失うことにもなりかねません。そちらも心配だなあ。今回の捏造騒ぎの裏に、そうした黒幕の存在も?という見方もあるようですし。(完)

|

「小保方さんは悪くない!」 武田邦彦の徹底解説!  No.1

youtubeで(その1)から(その4)まで全90分、武田先生のユニークな解説を観ました。一般マスコミの見解とは180度違う内容に、新鮮さと少々とまどいも。

理研と東京女子医大から、小保方さんを含むメンバーにより、昨年4月に国際特許が出願されているという話はいままで知りませんでした。まだ公開されていませんから内容はわかりませんが・・・。

特許が理研という組織から出願されている、理研のそうそうたるメンバーが名を連ねている、実験メンバーが20数名と多い、捏造してもなんらメリットがないだけでなく、かえって研究者としてマイナスになる等考えれば考えるほど、やはりSTAP細胞は存在するんじゃないかなあ。

捏造とかコピペについて、まったく問題がないという武田先生の主張に100%の賛成はしにくいのですが、科学は著作権の対象にならないという主張には「そうだったのか」という思い。


https://www.youtube.com/watch?v=YNsNNatMn6U

|

あの蘭ちゃんが!/四天王寺聖霊会 その3

舞楽の動画をアップしようとしたらうまくいきません。容量が大きすぎるのかな。
池の中に亀がたくさんいて、のんびり雅楽を楽しんでいました。

ところで、休憩所であの蘭ちゃんのストラップお守りを売っていました。去年、「皇室の名品」展で話題になったあの蘭ちゃん(蘭陵王)です。NHKの特別番組でガイド役栗山千明さんが、「蘭ちゃんって・・・蘭ちゃんってすごい!」と恍惚の表情で口走った、技術の粋を極めた工芸品でした。その蘭陵王がかわいいストラップになっていました。
「今年4月にできた新製品です。飛ぶように売れています。きょうの演目にははいっていないようですが・・・」とお寺の方が言っていました。

http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2014/01/post-3d32.html

|

04/22/2014

桜の通り抜け その9

都錦(みやこにしき):京都御所にあった桜で、花は淡桃白色で、花弁数は20枚程である。本数:3本

P1060784


天の川(あまのがわ):東京荒川堤にあった里桜で、樹姿がほうき状となり、淡紅色の花が上向きに咲く珍しい品種である。花弁数は10~20枚ある。本数:3本

P1060786


御衣黄(ぎょいこう):花は黄緑色で、開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の縦線が現われる大変珍しい品種で、花弁数は15枚程である。本数:5本

P1060789

緋桜(ひざくら):花は大輪濃紅色で、花弁数は30枚程ある。本数:1本

P1060795


|

ロック解除

Sp1060938


タブレット遊びの続きです。
いままでもパソコンに、パスワードによるロックをかけて他人に見られないようにしていましたが、タブレットは持ち歩きますから、置き忘れたりする危険性があります。セキュリティロックは必須です。
アンドロイドの場合、パスワードだけでなく、いろいろ面白いロック方法があります。そこで私は、「パターン」を選択することに。
あらかじめ登録しておいた画面の点を順番に指でなぞって解除します。

いろいろ知らないことが出てきて、「おもしろい、おもしろい」。

|

舞楽/四天王寺聖霊会 その2

P1060913


P1060924


P1060926


P1060932


石舞台の上で演じられた舞楽です。12:30から夕方まで続きました。

|

きょうは聖徳太子の命日/四天王寺聖霊会 その1

ということで、四天王寺にお参りに行くことに。

聖徳太子太子の命日を偲んで、四天王寺の行事の中でも最も重要で大規模な舞楽法要「聖霊会(しょうりょうえ)が行われます。千四百年の歴史を持つ、法要と舞楽が一体となった大法要。国の重要無形民俗文化財に指定されています。豪華絢爛な絵巻を彷彿とさせる舞楽だそうですから、一度見ておかなければ・・・。

|

04/21/2014

こんなとき どうする?

近所に長年入院されている住人(独居老人)がいました。「実際にここには住んでいらっしゃらないのだから今年4月からの町会費徴収はやめよう」ということになりました。ところが4月下旬になって、親族の方から「じつは4月1日に病院で亡くなりました」という連絡が・・・

3月31日逝去の場合、3月31日までの会費はいただいていますので、町会として香典を出すことになります。
ところが、4月1日からの会費はいただいていませんので、4月1日に亡くなられた場合、香典は出せません。しかし、1日の違いで扱いが違うのも少々気になります。

さてどうすれば、みなさんが納得できる処理になるのでしょう?

|

くらしのタブレット その後のその後

Simg_20140421_0001


NHKテキスト「くらしのタブレット」は、主婦とシニア向け?だけあって、ちょっと物足りない部分もありますので、もう1冊くらい・・・と書店で眺めていたら、「スマホ&タブレット 使いこなそう! 便利なアプリ」というテキストが。
2014年2、3月に放送された番組のテキストです。
さっそく買ってきました。

|

くらしのタブレット その後

NHKテキスト「くらしのタブレット」をぱらぱらめくってみると、講師が女性で生徒が西村雅彦、松本伊代だけあって、主な対象はどうやら主婦とシニア。
タブレットのOS「iOS」「アンドロイド」「WINDOWS」ごとに、わかりやすく使い方を解説してあります。

まだウィルス対策アプリを入れてなかったなあ・・・無料なの?
ためしにほかの無料アプリもいくつか入れてみよう。「青空文庫/吾輩は猫である」「読み上げ絵本/かぐや姫」・・・3歳の孫には少し難しいかな?

という具合に、少しずつ知識が増えております。

|

04/20/2014

ザ・プレミアム/ごちそうさんスピンオフ

04/19 NHK BSP。好評だった朝ドラ「ごちそうさん」のスピンオフドラマです。

本編の懐かしいシーンをたっぷり織り込みながら、泰介の初恋をテーマにしてお馴染みのメンバーが繰り広げる抱腹絶倒のドタバタ劇。ほんとうに楽しい1時間半でした。直前の番組がNHK大阪ホールで開催された「ファンミーティング」だったのもよかったですね。残念ながら、私は参加できなかったのですが・・・。
泰介の初恋相手・真沙子の父親が、なんとめ以子が見合いで振った男性だったとは・・・。しかも、和子がうま介を買収して始めようとした洋食屋のパートナーが、じつは泰介の初恋相手だった・・・。奇想天外なストーリー展開には、ちょっとついていけないくらいびっくりしました。最後は、まるく収まって、めでたし、めでたし。「ごちそうさん」のスピンオフとして、十分楽しめました。
泰介の初恋がテーマなのに、彼女の顔が見えない・・・。視聴者の期待を裏切る憎い演出でした。勝手に若いタレントさんの顔を次々頭に浮かべながら、「こんな人かな、あんな人かな」と想像をめぐらせて、頭の中で楽しんでいました。
毎回、恒例になった大阪局制作朝ドラのスピンオフ。来年からも楽しみです。

|

桜の通り抜け その8

八重曙(やえあけぼの):花は淡紅色で、花弁数は11~17枚あるが、部分により濃淡がある。芳香に富んでいる。本数:2本

P1060771


平野撫子(ひらのなでしこ):京都平野神社境内にあり、花弁に撫子の花のように切り込みがある。花は大輪の淡紅色で、花弁数は40枚程ある。本数:3本

P1060776


八天桜(はってんざくら):長崎県佐世保市木風町に群生していた桜で、佐世保市八天岳の「八天宮」にちなんで、この名が付けられた。花は蕾のうちは淡紅色で、開花すると白色に近く、花弁数は約120枚である。本数:1本

P1060779


紅華(こうか):北海道松前町の浅利政俊氏が実生の中から選出育成した桜で、濃紅色の花が密生して咲き、咲き方が華やかであるとことから、この名が付けられた。花弁数は30~40枚ある。本数:4本

P1060782


|

04/19/2014

文化庁の ことば食堂/役不足

間違えやすい慣用句をわかりやすく動画で解説する「ことば食堂へようこそ!」を文化庁が、HP上にスタートさせました。

第1回は「役不足」。来年2月まで第1、第3金曜に一つずつ公開していくそうです。お役人らしからぬ発想?

https://www.youtube.com/watch?v=2QFryGkbMks&feature=youtu.be

|

最も信頼できる国は日本…ASEAN世論調査

きょうのよみうりオンラインに、うれしい調査報告が・・・外務省がASEAN(東南アジア諸国連合)7カ国で行った世論踏査の結果です。

<もっとも信頼できる国>1位:日本 33%、2位:アメリカ 16%。
ちなみに 中国 5%、韓国 2%。

<ASEAN諸国にとって現在重要なパートナー>1位:日本 65%、2位:中国 48%、3位:米国 47%。 
2008年の前回調査では1位:中国だったそうです。

<安倍政権が掲げる積極的平和主義が、アジア地域の平和維持に役立つと肯定的に考える人> 9割。

「日本を嫌っているのは、韓国と中国だけ」というのは、まんざら嘘ではないようです。

|

タブレットのテレビテキスト

Simg_20140419_0001


タブレットを使い始めて1カ月。パソコンのない部屋でも外出先でもインターネットをチェックできるのはありがたいですね。さらに、自宅のどの部屋にもタブレットを持ち込めば、ケーブルテレビ(J:COM)のどの局も観られますし、録画予約もできます。タブレットでの録画再生は、いささか制約があるため、あまり利用していませんが・・・。
ところで私は1カ月前までタブレットにまったく興味がなかったため、一般常識が身に付いていません。そこで、NHKテレビ「趣味DO楽/ゼロからはじめるデジタル講座 くらしのタブレット」で基本を勉強することに。9回シリーズのうち、すでに2回まで(再放送も)終わったようですが・・・。きょうNHK大阪局にでかけて、テキストを買って来ました。近くの書店になかったものですから。

|

桜の通り抜け その7

松月(しょうげつ):東京荒川堤にあった名桜で、平野神社の平野撫子に似ている。花は最初淡紅色で、次第に白色となり、花弁数は25枚程で、葉化雌しべがある。本数:10本

P1060760


一葉(いちよう):東京荒川堤にあった里桜で、花芯から1本の葉化した雌しべがでるのでこの名がある。花は淡紅色で、花弁数は25枚程あり満開時には白味がかる。本数:5本

P1060762


笹部桜(ささべざくら):水上勉氏の小説「桜守」のモデルとなった笹部新太郎氏が、実生の中から選出育成した桜。直立高木で成長が速く、花は淡紅色で、花弁数は14枚程度の中輪である。本数:2本

P1060765

祇王寺祇女桜(ぎおうじぎじょざくら):京都祗王寺にある桜で、「平家物語」の祗王祗女にちなみ、この名が付けられた優雅な桜。花は淡紅色で少し芳香があり、花弁数は15枚程ある。本数:2本

P1060769


|

音楽は言葉を超える/絶対泣けます、この動画

けさの「めざましテレビ」で紹介していたyoutubeの映像です。泣けました。娘を持つ父親必見。

https://www.youtube.com/watch?v=n9cdpfOFWJo

|

04/18/2014

久しぶり、図書館に予約

きのうだったか、一昨日だったかの朝日新聞に、里中満智子さんが「<天上の虹>最終巻(23巻?)を現在執筆中」とお書きになっていました。去年のNHK番組で、「今年中に完成させたい」と話されていましたが、少し遅れているようです。
ということで、私はきょう11、12巻を図書館に予約しました。

「工学部ヒラノ教授」が面白かったので、「工学部ヒラノ教授の事件ファイル」も予約しました。

4月からテレビドラマがスタートする(した)池井戸潤さんの「花咲舞が黙っていない」「ルーズヴェルト・ゲーム」の原作本は、いずれも予約待ち100件程度。ドラマが終わるまでには手元に届きそうもないので断念。

|

桜の通り抜け その6

静香(しずか):北海道松前町で「天の川」と「雨宿」を交配育成させた桜。花は白色で、花弁数は15~20枚あり、芳香がある。
本数:2本

Sp1060750


花笠(はながさ):北海道松前町で、「福禄寿」の実生から選出育成した大輪の美しい桜で、雌しべが葉化し、その形状が花笠に似ているので、この名が付けられた。花は紅色で、花弁数は30枚程ある。
本数:4本

Sp1060754


松前琴糸桜(まつまえこといとざくら):「今年の花」に選ばれたのがこれ。北海道松前町の浅利政俊氏が、昭和34年北海道松前町で毬山家の庭にあった無名の八重桜の大木の種子から作り出した桜。花弁数は40~45枚で、開花後紅色から淡紅色となる。
本数:2本

P1060757


|

ニッポンぶらり鉄道旅/京浜急行線

04/17 NHK BSP

関東地方には住んだことがありませんので、京浜急行沿線はほとんど馴染みがありません。朝ドラ「カーネーション」で知った安田美沙子さんが、明るいキャラクターを振りまきながら「カラダにイイ!」を探す旅、肩の凝らない、気軽に眺められる番組でした。「ニッポンぶらり鉄道旅」の「ぶらり」にふさわしい旅。沿線で見つけた「カラダにイイ」ことなら何でもアリのてんこ盛り。沖縄料理、琉球舞踊、美空ひばりの歌、初物しらす、三浦富士への登山、野菜、ヨット、乗馬・・・
「カラダにイイ」ことは、探せばいくらでもあるものですね。のんびりと「カラダにイイ」探しの旅に出てみたくなりました。
「カラダにイイ」ことにもいろいろあることがわかって、大いに参考になりました。人それぞれ、自分なりの健康にいいことを見つけて取り組めばいいということですね。
私も、手ごろなところから、何かを見つける旅を始めようかな。
葉山の「初物しらす」、季節を感じる味と香りだったことでしょう。
標高183mの三浦富士、駅から40分+登山口から15分。頂上からはるかかなたに見える富士山の姿。多くの人が訪れる人気スポットというのもうなずけます。

|

春から始まった民放ドラマ

何気なく見た日本テレビ系「花咲舞が黙っていない」第1回。26歳、東京第一銀行臨店班、地位なし、権力なし、彼氏なしの花咲舞は、「ごちそうさん」の杏さん。その上司が上川隆也さん。出世のためには部下を虫けらのように扱う銀行幹部をやっつける痛快なヒロインは、まさに杏さんにぴったり。
なんだか女「倍返し」(半澤直樹)みたいだなあと思ったら、原作者が同じ池井戸潤さん。
今シーズン、池井戸さんのドラマが2つ放送されるんですね。もうひとつは、「ルーズヴェルト・ゲーム」(2014年4月27日開始予定、TBS 日曜劇場、主演:唐沢寿明)。

きのうはフジテレビ系「続・最後から二番目の恋」。前回シリーズのあのなんともいえない独特のキャラを発揮する小泉今日子さん、中井貴一さんたちの軽快なテンポのやりとりが気に入っていたのですが、続編が始まったのですね。いきなり、小泉さんと中井さんが結婚式の下見に式場に現れるシーンから始まって、「いつのまにそこまで発展した?」と驚きましたが・・・

|

04/17/2014

桜の通り抜け その5

関山(かんざん):明治初年東京荒川堤の桜として有名になった桜で、花は濃紅大輪で、花弁数は30枚程である。
本数:61本
造幣局内にいたるところに目立つと思ったら、350本の内61本が「関山」なのですね。

Sp1060744


八重紫桜(やえむらさきざくら):紫桜の重弁の品種。植物生理学者の三好 学氏が小石川植物園において紫桜の実生を栽培したところ、重弁のものが生じたので、この名が付けられた。
本数:2本

Sp1060746


鐘馗(しょうき):東京荒川堤にあった桜である。
本数:2本

Sp1060748


|

コンビニとともに ポストが消える

けさの産経投書欄に紹介されていた話です。
近所にあった赤い郵便ポストがなくなり、近くにできたコンビニの中に郵便ポスト(箱)ができました。ところがこのコンビニが今年に入って閉店。ポストもなくなってしまいました。
投書者は、「ここには昔から郵便ポストがあった。コンビニが無くなったのなら、ポストを復活すべきではないか」とおかんむりです。

私もLawsonの店内にある郵便ポストはときどき利用していますが、1)店内に郵便ポストのあるコンビニができれば、近くのポストはなくなる 2)そのコンビニが閉店すれば、付近に郵便ポストはなくなってしまう、ということなのでしょうか。ありそうなことではありますが・・・

|

04/16/2014

桜の通り抜け その4

普賢象(ふげんぞう):室町時代から京都地方にある有名な桜で、花の中から葉化した二つの雌しべが突き出し、その先端が屈曲する。その状態が、普賢菩薩の乗る象の鼻に似ているところから、この名が付けられた。花は淡紅色であるが、開花が進むにつれ白色となり、花弁数は20~40枚ある。
本数:12本

Sp1060738


東錦(あずまにしき):東京荒川堤にあった大島桜系の里桜で、花弁数は15~20枚の大輪の優雅な品種。花は淡紅色で、つぼみは濃紅。
本数:1本


Sp1060740


紅手毬(べにてまり):小手毬と同様であるが、花が赤い手毬の状態となるところから、この名が付けられた。
本数:7本

Sp1060742


|

里中満智子さんの<天上の虹 第10巻>

10simg_20140409_0001


いよいよ第10巻です。
円熟期を迎えた大海人政権の後継者はだれに?
草壁皇子か? 大津皇子か?

多くの人の注視のなかで、天武天皇と皇后讃良(さらら、後の持統天皇)は、皇太子に草壁を立てます。しかし、草壁はひ弱で能力的にも大津に劣るため、統治者としての信頼は薄い。
皇后として、母として、讃良は・・・

|

04/15/2014

桜の通り抜け その3

今回は、「水晶」「鬱金(うこん)」「林一号」です。撮影は4/14、解説は造幣局のHPから。

水晶:花は、白色で小輪ではあるが気品が高い。花の外側はわずかに淡紅色を帯び、散る間際になると中心が紅色を帯びる。花弁数は20~50枚で、先端に切込みが多く変化に富んでいる。 本数:1本

Sp1060732


鬱金(うこん):古くから知られた桜で、江戸時代に京都知恩院に植えられていたといわれ、樹姿は直立高木で、花は淡黄緑色のショウガ科のうこんの根の色に似ていることから、この名が付けられた。花弁数は10~15枚ある。
本数:7本

Sp1060734


林一号:仙台の植木屋林氏が初めて育成した新しい八重桜で、花弁数は25~30枚ある。花は淡桃色で楊貴妃に似ている。
本数:2本

Sp1060736

|

桜の通り抜け その2

P1060757_2

造幣局は毎年1種類ずつ新しい桜を増やしているそうです。今年は
131種、350本が楽しめます。そのなかで毎年、「今年の花」を選んでいます。
2014年の「今年の花」は「松前琴糸桜」。北海道松前町の浅利政俊氏が昭和34年北海道松前町で毬山家の庭にあった無名の八重桜の種子から作り出した桜です。花弁数は40~45枚で、開花後は紅色から淡紅色となります。 Sp1060758_2


|

04/14/2014

桜の通り抜け その1

きょう出かけてきました。ちょうど満開。4/11から昨日4/13までの入場者は 39万2,170人、きょうは 4/14(月)17時現在で75,480人。
いままで5回ほど見ましたが、今年はもっともきれいでした。
豪華さでいえば、他の追随をゆるさないスケールでしょう。

今回は131種類のうち50種類くらい写真に撮りましたので、目の保養に順次紹介します。
第1回は、観客も写っているショットを何枚か。

順に「雨情枝垂」「八重紅枝垂」「夕暮」「花笠」。

Sp1060822
Sp1060858

Sp1060839

Sp1060755

造幣局の枝垂れ桜は、よそのものと全然違いますね。

|

初恋パルピテーション!

NHK朝ドラ「花子とアン」、先週から吉高由里子さんが登場しています。甲府の貧農の娘が、東京の華族のお嬢様学校に入り、大変な苦労をする話もひとまずひと段落。5年経った今では、あれほど嫌だった英語もクラス一の成績、英語大好き女学生になっています。
きょうは、はな(花子)が「palpitation」(ときめき)を感じる話でした。


NHK朝ドラ「花子とアン」、先週から吉高由里子さんが登場しています。甲府の貧農の娘が、東京の華族のお嬢様学校に入り、大変な苦労をする話もひとまずひと段落。5年経った今では、あれほど嫌だった英語もクラス一の成績、英語大好き女学生になっています。
きょうは、はな(花子)が「palpitation」(ときめき)を感じる話でした。

|

北朝鮮 権力とカネの謎  その2

マカオでの武器取引、外交特権を使った密輸、金の取引、巨大銅像輸出による外貨獲得、労働力輸出・・・次々新たな外貨獲得手段を開発しています。放送されたもの以外にも、ニセ札、麻薬などダーティービジネスがあるのでしょうね。
昨年12月のチャン・ソンテク粛清は、中国とのパイプが強い彼に、外貨が奪われるようになったためというのも納得できる解釈です。

もと北朝鮮の中枢にいたプレゼント調達役、外交官、高官が次々名前、映像入りで登場し、北朝鮮の内情を次々証言していました。亡命して、北朝鮮批判をしている人たちなのでしょうが、ずいぶん掘り下げた取材だと感心しました。準備や取材にかなり長期間必要だったでしょうね。
いままでよくわからなかった北朝鮮の権力や金の流れが、よくわかる番組でした。(完)

|

北朝鮮 権力とカネの謎  その1

04/13 NHK GTV(総合テレビ)

「北朝鮮 権力と金の謎」! いささかアンタッチャブル気味の番組名を見て、「闇社会北朝鮮の実態に、NHKがどこまで迫れるのだろうか」といささか疑問に思いながら観ました。飢餓状態に苦しむ人民をしり目に、贅沢三昧の特権階級――核兵器や軍事費、最近の豪華なレジャー設備も、どこから金が出ているのでしょうか。この番組を通じて、いままで謎に包まれていたことが、次々明らかになりました。

権力維持のために、プレゼント政治を進めざるをえない金第一書記。最高権力者がなぜ巨額な資金を操れるのか? その秘密は、北朝鮮の経済が「人民経済」(社会主義本来のシステム、配給経済)と「宮廷経済」の2本立てだからという解説に納得。宮廷経済は、金正日が国の経済を私物化するために作ったシステム。本来人民経済にまわる収入を労働党39号室経由でストローのように吸い取ってしまう。その額は全収入の6割以上、年間数十億ドルの外貨収入の半分以上に及ぶそうです。

|

04/13/2014

調査捕鯨禁止判決は、日本が招いた当然の結果だった!

けさの日経新聞「中外時評」(論説副委員長 飯野克彦氏)には唖然としました。先日の国際司法裁判所の判決の中に、「日本の水産庁長官が、衆議院の小委員会で、南極海での調査捕鯨は、ミンク鯨の肉の安定的な供給に欠かせない、と発言している」という一文があったというのですから。

水産庁長官といえば、日本の捕鯨政策の責任者ではありませんか。そんな立場にある人が、あろうことか「調査捕鯨は食用のために必要」と、主張していた! 裁判で主張してきたことと違うじゃないか。

ちゃんと議事録にも残っているそうです。(本川一善水産庁長官の発言)
<ミンク鯨というのは、お刺身なんかにしたときに非常に香りとか味がいいということで重宝されている>
<ミンク鯨を安定的に供給していくためにはやはり南氷洋での調査捕鯨が必要だった>

水産庁長官が、科学的調査は建前で、鯨肉の安定供給が本音だと、公の場で発言しているわけです。この2年前、日本の調査捕鯨の実態は商業捕鯨だと主張するオーストラリアが国際司法裁判所に中止を求めて提訴していたというのに。今回の裁判、負けるべくして負けたということ。

こんなアホ高級官僚がいる日本には、秘密保護法が絶対必要ですね。どこでなにをしゃべって国益を害するか、わかったものではありません。危なくて重要案件は任せられません。

|

マヨネーズの キューピーは<キユーピー>

きょうの「MSN産経westニュース」に、キューピーのユは「ュ」でなく「ユ」だという話が載っていました。

<同社の前身、食品工業株式会社の創業者、中島董一郎氏もアメリカでマヨネーズに魅了された一人。大正14(1925)年に初めて国内で製造販売したが、当初は「マヨネーズ」が認知されず、ポマードと間違えて頭につけてしまう顧客もいたという。

 「何とか認知を広めたい」と、米国で人気のあったキューピーをキャラクターに「キユーピーマヨネーズ」として売り出した。人気が高まるとともに社名も「キユーピー」に変更した。「ユ」の文字はバランスを考えて大きく表記したという>

たんにバランス上、大きくしただけみたい。
「キヤノン」の「ヤ」はどうして大きいんだっけ?

|

卵の知識

4/6の産経新聞記事です。いつもお世話になっている卵ですが、有精卵や赤玉って本当に栄養価が高くて高級なのだろうか? などよく知りませんでした。同記事によれば・・・

1)有精卵と無精卵の違い
一般に市販されているのは雌鶏だけを鶏舎で育てて産卵させた無精卵。有精卵は雄鶏と雌鶏を一緒に飼い、自然交配によって受精が可能な飼育環境で生産する。いずれも味や栄養価に変わりはない。鶏卵の表示に関する公正競争規約では、雌100羽に対して、雄5羽以上いる環境で飼われていれば「有精卵」。受精確率は必ずしも100%ではない。←知らなかった!
2)白玉、赤玉の違いは?
鶏の種類によって産む卵の殻の色が異なる。赤玉の方が高価で栄養価も高いように思われがちだが、これも栄養価に差がない。赤い空の卵を産む鶏は体が大きく、餌もたくさん食べる。そのコストが価格に反映されている。←赤玉の方が何となく高級に見えますけどね。
3)卵の賞味期限は?
生で食べられる期限のこと。冷蔵保存さてあるものなら賞味期限を過ぎても加熱処理すれば安全に食べられる。目安は1週間ほど。
4)保存方法のコツは?
冷蔵庫で10℃以下。ドアポケットは、ドアを開け閉めするたびに卵に振動が加わり、殻にひびが入って雑菌が繁殖する原因になるため不可。冷気の吹き出し口も凍結したり黄身が固くなるので不可。

|

人気のCG実験動画

けさの産経に「全員歩きスマホ 無事横断4割/衝突、転倒・・・危険認識を/CG実験動画 反響」という記事がでていました。
交差点でスマホの画面を操作しながら歩いたら、いかに危険かをNTTドコモがCGで作成した実験動画です。youtubeにアップしたのが 3/28、今日現在すでに200万回近く再生されています。
JR渋谷駅前のスクランブル交差点で、青信号の46秒間に1500人の歩行者がスマホを使用しながら横断する場合、最終的に衝突446件、転倒103件、スマホ落下が21件。無事横断したのは4割の547人でした。
なかなか面白い発想の実験映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=3NDuWV9UAvs

|

リニア技術 米に無償提供


きのう小泉首相のFBに、リニアに試乗(時速500kmで42.8kmを一往復半)している写真が載っていました。隣の席に座っていたのはケネディ駐日大使。まさにふわりと浮きあがった瞬間の写真でした。「なんでいまごろ一緒に試乗?」と思っていたら、今朝の産経1面トップがこの記事。

日本の超電導リニア新幹線を米国が技術導入しそうだという報道です。24日の日米首脳会談の目玉のひとつ?
ワシントン-ボルティモア間66kmだそうです。日本はリニア技術を無償提供し、世界的な知名度アップを狙って、今後の販路開拓につなげる考え。

首相自ら、あらゆる機会をとらえて、着々と日本の技術力を海外にPRしてくれていますね。

|

04/12/2014

篠山紀信 写真力

グランフロント大阪で開催中の写真展にでかけてきました。圧倒的な迫力に圧倒されます。会場を入ったら目の前に今にも決起しそうな三島由紀夫、その横からあのなんともいえない表情の永遠の美女・大原麗子がにこやかに語りかけてきます。後ろを振り返れば、寅さんが「おっ、元気かい」といまにも声をかけてきそう。その隣に目を移すと、美空ひばりがなぜだか仏壇の横に、その向こうはきんさん・ぎんさんが正座をしている・・・
とまあ、巨大な写真が次から次に展示されていて、度肝を抜かれます。
3Dでもないのに、立体的に見える写真もあり、不思議・・・

ポスターに「北館B1F イベントラボ」と書いてあったので、直接地下1階に行ったのが間違いの元。TOWN GUIDE(地図)に「The Lab.(Event  Lab.)」と表示されている場所がそうらしいのですが、どこが入り口なのか、どこを通っていけばいいのかが非常にわかりにくい。相当大回りをして、やっと会場につきました。
これからいらっしゃる方は、次のURLに記載されているルートどおりに進まれることをお勧めします。

http://www.kishin-osaka.jp/

|

世界で一番美しい瞬間(とき)/最高峰の舞踏会デビュー その2

夢のオーパンバルに出場できるデビュタントは150組300人。かつては上流社会に限られていたそうですが、ここ20年、ふつうの階級からも多数出場しているとか。番組は一般人の女子高校生を取り上げ、長年憧れてきた夢実現に向けての努力やついに夢をかなえた喜びを紹介していました。
ヨーロッパ中から集められた8万本の花も、会場をきれいに演出していました。
6,000人がひとつになって踊るヨハン・シュトラウス二世の「美しく青きドナウ」、19世紀プロイセンとの戦争に敗れたオーストリア国民を励ますために作られ、第二次大戦後も廃墟の中で人々が想いを託したワルツだった・・・。いままでそんなことまで考えずに、「きれいな曲だなあ」と思いながら、歌ったり聴いていました。華やかできらめくような美しい曲は、民族の重い歴史を背負った曲だったのですね。(完)

|

世界で一番美しい瞬間(とき)/最高峰の舞踏会デビュー その1

04/10 NHK BSP。
これはまさに「世界で一番美しい瞬間(とき)」でしょう。ウィーンの人たち、特に厳しいオーディションを経て、オーパンバルにデビュタントとして出場する若者にとって。
こういう晴れやかな舞台とは無縁の私にとっては、まるで別世界を眺めているような気分ではありますが・・・。
華麗できらびやかな、オーストリアを代表する舞踏会オーパンバル、歴史的にウィーンとしてのアイデンティティ、国家・国民としての根っこのようなものがしっかり根付いている舞踏会であることを知り、うらやましく思いました。オペラ、音楽はオーストリアにとって大切なものであり、オーパンバルは戦後復興の証でもあったのですね。
敗戦後、ウィーンオペラ座再興まで10年、その翌年にはオーパンバルが復活され、人々を励まし、勇気づけたとか。ワルツは、華麗で美しいだけでなく、敗戦を乗越える国民結束の大きな役割を担っていたことを、番組は教えてくれました。

|

04/11/2014

遺伝子検査の精度 わかりやすい説明

先日、読売記者が2つの検査機関に依頼した結果を比較して紹介しましたが、4/11付日経に面白い解説が掲載されていました。

<遺伝子の微妙な違いから「〇〇病になる危険が3倍」という結果になったとしても、その数値の捉え方には注意がいる。このリスクは、同じ遺伝子の型を持った集団の傾向を統計学を利用してはじき出したにすぎず、個人にあてはまるかどうかは別の問題。あるテストでA組の平均点が80点、B組の平均点が50点だったとしても、A組の生徒の中に40点の人がいるのと理屈は同じ>

数字にだまされないよう、くれぐれもご注意ください。

|

健康数値変更

ホームドクターに「健康の数値が変わりますね」と言ったら、「いままでが少し厳しかった。値を厳しくすれば、患者が増えるのは事実(→今回の緩和は患者が減る)。今回の数値は統計的に決めたと言っているが、学会の上の方で決めるわけで、現場の医師にはまったくわからない」

いずれにしても、医療費の増える方が好ましい業界と、医療費を抑え込もうとする業界・厚労省・健康保険との攻防でしょうね。

|

niftyはどうなる?

きのうの朝日の記事では、富士通は個人相手のプロバイダーから撤退するような書き方(撤退する個人部門を売却という意味?)でした。そうすると、現在年間1万2000円ほど支払って利用している「ココログ」の将来が気になるわけで・・・。売却先が引き継いでくれるのか、消滅するのか?

今朝の日経は、こんなことも書いています。
1)(富士通)社内には、自社で保有したままで成長を目指す意見も根強く、最終判断には曲折が予想される。
2)ニフティは90年代半ばに200万人以上いた会員数が現在では150万前後に減っている。
3)(ニフティの売却先とみられる)日本産業パートナーズは、3月NECからプロバイダー大手のビッグローブを買収、パソコンメーカー系プロバイダーの経営統合を目指しているとみられている。富士通がニフティ株式を売却した場合、ビッグローブとニフティを統合するなどの再編も考えられる。

「ココログ」は残る可能性もあるということ?

|

植物人間 ベランダ―/“盆栽ぎりぎり”の巻 その2

いつもながら奇妙なドラマです。今回は「盆栽の初心者」に成り下がるのか、どうか。結論が出ないままのあいまいなエンディングといった感じで、いささかすっきりしませんでした。それにしても、一風変わったベランダ―氏の隣人も先輩も、相当な変人です。類は類を呼ぶ、ということでしょうか。変人の奏でるおかしなドラマにはまっています。
冒頭のつぼみから花が咲くまでの連続映像、番組内に散りばめられている美しい花の写真、いずれもきれいで心があらわれるような気持になります。物語の珍妙さ・奇妙さと妙に対照的であるところが、ユニークであり、視聴者をひきつけます。
盆栽愛好家の生の声がすさまじいですね。「かたときでも目を離すな。一に剪定、二に剪定。ほんの数ミリ枝が伸びただけでも全体のバランスが崩れてしまう。いわば芸術品なんだよ!」。うっかり枝を折ったりしたらとんでもないことになりそう。(完)

|

植物人間 ベランダ―/“盆栽ぎりぎり”の巻 その1

04/09 NHK BSP。

毎回、思いもかけない新鮮な世界を教えてくれる番組です。今回は、ダンデライオン(タンポポ)。ライオンの歯を意味するフランス語からダンデライオンという名前に。タンポポの花言葉の一つは「神のお告げ」。ヨーロッパでは恋占いとして、タンポポの綿毛を飛ばし、少しでも残ってしまったら、心は離れている。一息で吹き飛ばすことができればその恋は実る、と言われているそうです。たんぽぽという名前は、中国の方言「婆婆丁(ポポチン)」に由来するとか。きょうもまた一つ、面白い知識が身に付きました。

|

04/10/2014

きらめく日本画コレクション

Sp1060728


大阪高島屋で開催中の「きらめく日本画コレクション」(主催:産経新聞社・大阪市)を観てきました。私が観たかったのは4点。

1)福田平八郎「漣(さざなみ)」、2)池田遥邨(ようそん)「雪の大阪」、3)上村松園「汐くみ」、4)木谷千種「浄瑠璃船」。
1)と2)は昨年も現物を観たことがある作品です。どちらも大きな作品。
3)は去年大阪新美術館準備室の連続公開アート講座に6回すべて参加したご褒美として「額絵(マット付)」をいただいた作品です。同じものをショップで売っていました。1,200円。
4)は2年前、図書館の講座で教材として取り上げられ、展示のリクエストをしていたのですが、落選して展示会にでてこなかったので、本物をまだ観ていませんでした。

|

04/09/2014

里中満智子さんの<天上の虹 第9巻>

Simg_20140409_0001_2


先日のNHK BSP「壬申の乱」(里中さんも出演)を観て、8巻で中断していた「天上の虹 持統天皇物語」の読書(といってもコミックですが)再開。
里中さんが、番組の中で、「持統天皇の父が天武天皇、夫が天武天皇。私が小さい頃は、<あの人は父の七光り、夫の七光りで女性天皇になった人だ>みたいな言い方をされていたんです。評判が悪かった。持統天皇を描くと言ったら、まず母に反対されました」と発言していました。

<権力維持のため十市(とおち)と高市(たけち)の仲は永遠に引き裂かれた。一方、草壁と阿ヘと、大津は山辺と結ばれる。天皇の片腕となりながらも、妻、母としての自信を失った讃良(さらら=のちの持統天皇)は、長年の疲れから病に倒れる>

Simg_20140409_0002_2


Simg_20140409_0003_2


|

駐車料金変更

いつも使っている駐車場から出ようとしたら、料金変更のお知らせが・・・

「4月から料金を変更します。
3月まで:30分まで100円、その後30分ごとに200円
4月以降:1時間まで200円、その後30分ごとに200円」

これって、消費増税どころじゃない、大幅便乗値上げでは!
しかも腹がたつことに、3月までの料金がうそ!
本当は、「1時間半まで30分ごとに100円、その後30分ごとに200円」だったんだから!

|

04/08/2014

京都 三月書房

きょうの朝日新聞夕刊に懐かしい名前を見つけました。
いまから19,18年くらい前、パソコン通信「知的生産の技術フォーラム Fchiken」で話題になった小さな本屋さん「三月(さんがつ)書房」です。

記事は「知の探究者たちの三月書房」。約30平方メートルに1万冊。売れる本より、読み筋の本をオーナーの鋭い感覚で並べています。「この本を読んだら、次に何を読みたいかを先読みして並べる」。

当時、私も京都・寺町通りまで出かけたことがあります。たしかにユニークな本屋さんでした。
まだ健在なのですね。

|

健康の数値緩和 その後

今朝の朝日新聞「かたえくぼ」に出ていたのが
<気が付けば、健康になっていた --ちょっぴり肥満>

そういえば、50年くらい前の高血圧は160以上でした。いつのまにか 130になって、来年から 147に。数値が変わるたびに、健康になったり、不健康にされたりでは・・・

|

プレミアムドラマ 珈琲屋の人々

4/6から始まったNHK BSPのプレミアムドラマです。
「一杯の珈琲が人生を変える」がテーマだそうですが、なんとなく湿っぽくて重苦しい雰囲気。暗いドラマは苦手ですので、次回どうしようかなと思案しながら観ました。でも、人生を変える珈琲を入れるのは、柏木冬子(木村多江)の夫を殺した宗田行介(高橋克典)ですよね。暗いイメージの彼が、珈琲屋に集う人々をどのように幸せに導くのか、ちょっと興味も湧いてきました。

夫を殺した犯人・行介に会いに行く妻・冬子の気持ちがいまのところ理解できませんが、第1回ですでにかなり冬子の気持ちは、行介になびいている様子。これからどんな展開を見せるのか、珈琲屋の客が引き起こす事件の行方とともに気になります。

わけありで憂いを秘めた、しっとり美人の人妻――、まさに木村多江さんがぴったりの役です。高橋克典さんの苦み走った表情も、一方的に自分が悪かったわけではないとはいえ、人を殺した自分はもう幸せな生活を送るわけにはいかないと決心して生きる男という感じがします。
この二人が、明るく幸せな人生を送ることはできるのか? 次回以降をお楽しみにというところですね。

|

水届かず マラソン中止

これも4/7のNHK BS1「国際報道2014」から。イギリスのマラソン大会が中止になったそうです。なんと給水用の水が届かなかったため。仕方なく主催者は「レース中止」にしたのですが、参加者の多くはそのままスタート。沿道の人々が水を買って選手に渡したそうですから、心温まるニュースだった?

|

琴欧洲親方のBLOG

4/7のNHK BS1「国際報道2014」に、琴欧洲親方がスタジオ出演していました。ブルガリア出身のまるで貴公子のような人柄に親しみを感じました。
引退後、ブログに書きこんだ「ありがとうございます」の文章は、まるで気持ちの通い合う日本人のよう。うれしくなりました。

<かんしゃでいっぱいです。なんかいもけがしても がんばったから くいないです。もうからだも きもち げんかい。日本にきてお相撲さんなって ほんとによかった。相撲はぼくの人生、いままでもこれからもです。親方になって だいすきな日本と相撲のため がんばります>

|

暴走する免疫細胞が老化の原因 その2

医学常識はどんどん塗り替えられます。血管に油がたまって詰まるのが動脈硬化というのは、昔の説。免疫細胞が暴走し、異物を攻撃する代わりに自分の正常組織を攻撃するのが原因だそうです。血管の中で免疫細胞(マクロファージ)が悪いおまわりさんとなって、不必要な攻撃を始め、血小板が集まって血を止め、動脈硬化が起きる・・・びっくりです。

暴走した免疫細胞が放出するサイトカインは、体中を攻撃し、動脈硬化を起こし、糖分を取り込めなくして糖尿病を起こす。別の病気と思われていた動脈硬化と糖尿病の原因は、ともに暴走免疫細胞だった!

なぜ免疫細胞が暴走するのか? 司令塔となって暴走を食い止めるT細胞がしっかり働くのは20代まで。あとは「生殖中心」の体に切り替わり、正常な判断能力を持つT細胞は減る一方・・・なんと20代に比べ、70代では1割になるそうです。お先真っ暗な気持ちになりかけたところ・・・なんと! 減る一方でどうしようもないと思われていたT細胞が、山中伸弥先生のiPS細胞で増やせるとのこと。組織に山中ファクターを入れてiPS細胞を作り、培養してT細胞に戻す。いままで対症療法しかなかった病気に、根本、おおもとを叩いて治療できる時代がやってくるかもしれません。たとえば糖尿病と動脈硬化に同じ薬が効く時代が・・・

山中先生の「変えられる運命は、運命ではない」と言う言葉が、非常に重く伝わってきました。(完)

|

暴走する免疫細胞が老化の原因 その1

04/06 NHK GTV「NHKスペシャル 人体 ミクロの大冒険/第3回」です。
今回の「人体 ミクロの大冒険」シリーズは、最新研究を素人にもわかるように紹介したすばらしい番組でした。山中伸弥先生の科学的な解説だけでなく、人の手が及ばない世界までふみこんだ解説にも共感を覚えました。

「老化とは、身体のあらゆる場所が衰えること」でなく、「免疫細胞の衰えがその根底にある」という細胞研究の最前線が紹介されました。「身体を守るはずの免疫システムを指揮するT細胞という免疫細胞は、思春期の始まりとともに生産がほぼ終わってしまう。そのため、年齢を重ねるにつれて能力が衰え、やがて誤作動して自らの組織を攻撃し、老年病や生活習慣病といった多くの病気を引き起こす原因のひとつになっている」という話は高齢者の私ににとっていささかショックでした。
ただ、免疫細胞の老化そのものを防ごうとするまったく新しい老化研究がはじまっているそうですので、ちょっと安心しましたが・・・

|

04/07/2014

極上アンティークお宝映像発掘! ムカシネマ2 その2

森重久彌、石原裕次郎のプライベートフィルム、尾張徳川家の北海道でのクマ狩り(昭和5)や海外旅行の記録、松下幸之助の初荷など、歴史を刻んだ映像の数々に時間を忘れるひとときでした。

松下幸之助の初荷が、ナレーションでは「昭和6年」、字幕では「昭和8年」となっていました。どちらかが間違いと思います。ナレーションは「昭和5年・・・年が明けて6年の1月4日に」といった表現だったと思いますが、字幕の方は長々と「昭和8年」と表示されていましたので、気になりました。

大型バイクに乗っては転ぶ森重久彌は、いつもバイクを磨いていました。それを見たファンが「乗らずに磨くだけで楽しいですか?」と聞いたところ、「ふん、日本刀好きの人が人を斬るのかね。ボクはメカニズムが好きなんだ。自分では乗らないよ」と負け惜しみを言ったという息子さんの回顧談、人柄がよくにじみ出た逸話として面白く観ました。(完)

|

極上アンティークお宝映像発掘! ムカシネマ2 その1

04/05 NHK BSP。

全国各地の蔵に眠っていたムービーフィルムを発掘して紹介する超貴重な番組です。第1回は昨年放送されました。写真では知っている人や風景も、動きが加われば印象が全然違います。

意外な映像が次々現れ、驚きの連続でした。自殺前1週間、茶目っ気たっぷりに木登りを楽しむ芥川龍之介。海水浴やかき氷を楽しむ江戸川乱歩は、海女を撮影したフィルムに」(足を撮って)「大根のはじらい」(胸をちらっと開かせて)「脱ぐのかん?」の字幕、おどろおどろしい小説とは大違いです。 59歳の与謝野晶子は、20歳で駆け落ちした鉄幹の墓参りをし、孫を抱いています。アマチュアとはいえ、美的センスの秀逸な関東大震災7年後の「復興祭り」の記録。

米軍がカラー撮影した神戸三宮の活気あふれる闇市風景には、巨大な肉の塊、カラフルな着物を着た女性、米兵士に「Give me chocolate!」と群がる子供たち。最近、朝ドラ「ごちそうさん」でも見た光景ですが、なぜか実際は、底抜けに明るい雰囲気です。

|

04/06/2014

笑福亭仁鶴さん、ついに椅子に?

「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせぇ」で有名な、法律バラエティ番組の元祖『バラエティー生活笑百科』NHK GTV)、4月第1回の放送を観たら、仁鶴さんが椅子に座っているではありませんか。

上沼恵美子さんがレギュラー出演されていたころ、5回以上、NHK大阪のスタジオ収録を見学したことがあります。一番年長の仁鶴さんだけ立ちっぱなし。1回に2週分録画しますので、けっこう大変だなあと思ったものです。

やっと仁鶴さんも年齢を自覚され、座ることにされたのかも? しばらくチェックすることにしましょう。 

|

新日本風土記 金沢の冬 その2

漆の上に金・銀・朱などの粉を蒔く加賀蒔絵職人の寝食を忘れた作品作りの様子と「漆というものは、自分の思い通りにならない。漆は漆の命を持っている」という言葉。金箔職人の夫が1,000分の1mm厚から10,000分の1mm厚に叩いて伸ばしたあと、妻が切るという「金箔作りは夫婦で一人前」の厳しい作業。350年間、茶釜を造りつづけてきた一家のおじいちゃん、おとうさんの仕事場に遊びにくる幼い孫の姿。それぞれ伝統を大切にする金沢の職人の姿がありました。
「人口当たりおでんやの数が一番多いのは金沢」ということを知りました。おでんやのおやじと客の付き合い、そして跡を継いだ息子・・・これも金沢らしい美しい話でしょうか。

|

新日本風土記 金沢の冬 その1

04//04 NHK BSP
金沢と言えば、日本の都市の中でもちょっと異色の存在です。独特な歴史、文化、雰囲気を感じます。親鸞聖人の浄土真宗を信仰する人が7割を占める街、前田利家以来の文化を重んじる街、そしてそれらが今でも脈々と引き継がれている街。その金沢の魅力を、冬の行事や人と人との絆を大切にする風土を中心に取り上げていました。金沢の良さをしみじみと嚙みしめながら観ました。
金沢らしさを伝える多くの行事やしきたりが、歴史に根差したものであることを改めて認識しました。<歴代藩主の想いを守りながら続いている兼六園・雪吊りとそれを手掛ける庭師たちの心意気「たとえ落ちても枝折るな」>、<槍の名手でありながら能や茶の湯等の文化を愛でた前田利家以来の文化を大切にする風土。古道具屋の競りは、意地とほこりのぶつかり合い>、<身分の違いを超え、文化で人と人をつないできた旦那衆がいまも健在で、茶屋文化を維持>、<明治以降、前田家の支持を失った芸術家達を旦那衆が支援>等、とっくの昔に消えていても不思議ではないものが残っている金沢・・・考えさせられます。

|

あなたを変身させる! 細胞が出す“魔法の薬”  その2

出産時にオキシトシン細胞がオキシトシンというホルモンをだし、これが子宮を収縮させ陣痛を引き起こすとともに、赤ちゃんへの愛着行動を生み出すという話も意外でした。しかも子孫繁栄のため、出産後もオキシトシンを出し続けるというのですから。
体内にオキシトシンを増やすと、神経細胞が刺激され、「他の人にやさしくなれる」「より寛容でポジティブになれる」という夢のような話も。脳の扁桃体にオキシトシンが分泌されると、恐怖や緊張といった警戒心が解け、脳の側座核に分泌されると、神経細胞が活性化し、強い快感を覚えます。相手への警戒感が解け、快感を感じ、離れたくなくなる=愛着行動につながります。これが子孫繁栄のポイント。将来、人と人が喧嘩することはなくなるかもしれません。

自閉症患者にオキシトシンを与えて症状を改善させようと金沢大学等が臨床試験が行っているそうです。効果を期待したいですね。

オキシトシンは、「相手とふれあう」「見つめ合う」「思いやる」等の行動で増やすことができるという画期的な研究成果も紹介されました。
山中 伸弥先生が「これはすばらしい研究です。細胞という物質を、自分で変えられる。努力・修行・トレーニングで細胞を支配できるということです」「臨床医のころ、患者の目を見、手を当てて診察するように教えられましたが、あれは精神論だけではなかったのかもしれません」とコメントされていました。大いに共感しました。(完)

|

あなたを変身させる! 細胞が出す“魔法の薬”  その1

04/05 NHK GTV、「NHKスペシャル 人体 ミクロの大冒険/第2回」

前回の「妊娠初期にダイエットしたお母さんのおなかの赤ちゃんの細胞は、飢餓状態を記憶しているため、生まれてから一生、肥満体質を維持する」と同様、今回も驚きの情報満載でした。脳の内分泌細胞が作り出すホルモンが、血流にのって全身に運ばれると、一斉メール「女になれ!」という命令が下り、卵巣から排卵が起き始め、胸腺細胞・脂肪細胞により胸が豊かになり、骨芽細胞により骨盤が広がるなど体中の細胞が大きな変化を遂げるそうです。なんという不思議な現象でしょう。

何百人もの男女の性が変わったというドミニカ共和国のサリーナス村、現地報告と細胞学的な解説に、びっくり仰天でした(別記事で掲載済)。

|

男女の性が何百人も入れ替わった村

4/5のNHK GTV(総合テレビ)「NHKスペシャル 人体 ミクロの大冒険/第2回 あなたを変身させる! 細胞が出す“魔法の薬”」で登場した驚愕のレポートです。

男女の性が思春期に数百人も変わった村がドミニカ共和国にあるそうです。いささか信じられない話。ところが、この地域では珍しくもありませんから、親も本人も驚きません。

ノーベル賞の山中伸弥先生も「学生時代にそういう村があることは教科書で勉強しましたが、実際にVTRで現地の様子を見るのは初めてです」。

番組によると、その謎は次のとおり。

<遺伝子が性を決めるのは、Y染色体が精巣、X染色体が卵巣というところまで。ここから先は細胞が身体をつくっていく。ドミニカの場合、細胞がきちんとホルモンを出さず、性器が形作られる前に生まれてしまったため、男女を取り違えてしまった。思春期になって、今度はホルモンが正常に分泌されたため、性器が遅れてできあがり、性が変わったように見えた>

近親婚の多い地域だそうですから、そういうありえないことも起きるのでしょうね。
(番組全体の感想は、別の記事で取り上げます)

|

箕面(みのお)の猿が消えた

観光客に人気者だった箕面の猿が、最近消えているそうです。(4/5産経)

餌やり禁止(罰金1万円以下)が徹底したため、観光客から食べ物を奪ったり、店の屋根を壊したりなどの猿による被害は激減。
ただし、楽して食べ物にありつけなくなった猿が、農産物を狙う被害が増えているそうです。

猿と人間の共生は、なかなか難しい?

|

特集ニッポンの里山 春!命輝く棚田と雑木林をいく

4/3 NHK BSP

国東半島は何回も訪れたことがあります。里山が世界農業遺産になっていたことは知りませんでした。今回は、大分出身で現在、大分市で子育てをしている女優・戝前直見さんとカメラマンの二人が国東の春の里山めぐりをするとともに、全国各地の里山を紹介する内容でした。自然の移り変わりと折り合いを付けながら、上手に人間と生き物が共生している様子が描かれていました。 
国東半島のクヌギ林が、豊かさの秘密という話。へーえと思いながら観ました。昔からの地元民の知恵ですね。15年目のクヌギを切り倒してホダギとし、しいたけ菌のついた木片を打ち込み、しいたけを栽培します。芽が出て10日で立派なしいたけに成長すると聞き、びっくり。切株からは再び芽が出て、夏には緑のクヌギ林に。2年も経てば大きく成長します。下草刈りをしますので、さまざまな花が咲き、朽ち果てたクヌギは、柔らかな土となり、カブトムシを羽化させ、クヌギの樹液がカブトムシのごちそうに。
クヌギを育てながらしいたけを育て、生き物が豊かになっていく。見事な共生社会が出来あがっています。
日本各地の里山の美しい風景やそこに生きる美しい植物、生き物の映像に目を奪われました。山形・鶴岡のカタクリの花とギフチョウ、島根・三瓶の放牧とノシバの大草原と牛の糞を肥料に変えるフンチュウ、兵庫・香美の野の花が彩る棚田、佐賀・唐津の石積みの棚田・・・みんな美しい日本の里山でした。

|

工学部ヒラノ教授 その7

同書に「講義という名の決闘」というおもしろい文章(第10章)があります。40年の教師経験をもつヒラノ教授でも、毎学期第1回の講義にはかなり気をつかうそうです。
工学部の講義は、「いかにして自分の話を理解してもらおうかと腐心する教授」と「いかにして楽して単位をもらおうかと知恵を絞る学生」との決闘。1回目にへまをしでかすと、学生になめられ、失地回復にかなりの時間と体力が必要になるとか。
ヒラノ教授が学生のころ、文系教授は、5~10分遅れで入室するのがふつう。こうした教授を、ヒラノ教授は「学生が十分に集まらない状態で講義を始めると、権威が失墜すると思っている小心教授」と評しています。
ところが理系教授は、定刻に姿を現し、せかせかと講義を始めます。内容がてんこ盛りで、5分遅れたら時間内に終わりません。
もちろん「工学部の教え7ヶ条」の第1条「時間に遅れるな」を順守するヒラノ教授に遅刻はありえません。

|

04/05/2014

血圧147で正常 新健康基準来年4月から

日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は、150万人の受診結果からががんや慢性の肝臓疾患などの経験がなく、高血圧や糖尿病などの治療薬を服用していない34万人を抽出、そのうち1万人のデータをもとに、年齢差や男女差を踏まえた「健康な人」の検査値を設定しました。来年4月から健康診断の基準とするそうです。

従来より大幅に緩和された項目もあります。血圧は、従来、収縮期129mmHg以下、拡張期84以下が正常とされていましたが、新基準は88~147、51~94。中性脂肪は従来30~149mg/dlが 男性39~198、女性32~134。
コレステロールや糖尿病等の指標もかなり変化していますので、要注意です。

|

安倍首相、増税後初の買い物は?

4/4の閣議後、「あすはデパートで買い物をするが、何がいいだろうか。批判されないものにしたい」と気にしていたそうですが、結局、日本橋三越に出かけて、カジュアルシューズや小説など6冊、食品売り場ではつくだ煮やしょうゆ、ヨーグルトや大判焼き、レトルトカレーなどを買ったそうですね。買い物に費やした時間は約一時間、支出は計3万9955円で、うち消費税分は2959円。
ちなみに消費税3%が導入された1989年4月に当時の竹下登首相が買ったのは、1万5000円のフランス製ネクタイだったそうです。
4/1朝、麻生太郎財務相がコンビニで買ったのは、ミネラルウオーターと漫画誌「ビッグコミック別冊ゴルゴ13シリーズ」。

|

不足した郵便料2円はだれが払う?

消費増税でハガキが50円から52円に、封書が80円から82円になりました。料金不足の郵便物はどうなるのかと思っていたら、4/5付日経新聞に書いてありました。
<料金不足の郵便物の差出人が同じ局の管轄内なら戻されるが、それ以外は受取人が不足分を祓う必要がある>

受取人に迷惑をかけることになるそうですのでご注意!

|

大阪城主は上沼恵美子?

中島みゆきさんでさえ、大阪でのインタビューで「大阪城は上沼さんの持ち物なんでしょ?」と言っていたくらい有名なホラですが、じつは大阪城の天守閣はいまの第3代ができて80年近くなりますが、だれも登記していないんだそうです。主なき大阪城? 
国や地方自治体が所有する建物は、不動産登記義務を除外されているためのようですが、では、第三者が登記したらどうするのか? 大阪市は「天守閣が市の財産であることは、客観的事実から十分証明できる」として今後も登記の予定はないそうです。
なお、大阪城の土地の所有者は第二次大戦後に解体された旧陸軍省のまま。ちょっとびっくり。

同様に、彦根城、姫路城の天守閣も登記上は主なき状態だそうです。
4/5付産経朝刊より。

|

小学校音楽教科書の<君が代>

Simg_20140405_0001


今回、小学校音楽の全教科書に大きく掲載されたのが、国歌「君が代」。
教育出版は、「君が代」のページに厚みのある特別紙を使い、「さざれ石」の写真を掲載、さらに次のような文章で「ほこりを持って歌いましょう」と呼びかけています。
この教科書なら、国際舞台で国歌演奏の時、非常識な行動をとる若者はいなくなりそう。音楽というより、道徳?の教科書みたいですが。

<「きみがよ」は、にっぽんの国歌です。
にっぽんがいつまでも へいわでさかえるようにとの
ねがいがこめられています。ほこりをもってうたいましょう。

せかいのひとびとも じぶんのくにや ちいきの
へいわやはってんをねがい、ほこりをもっています。
たがいに そのような きもちを そんちょうしあうことがたいせつです。>

|

ごちそうさん スピンオフ

最近10年間の朝ドラの中で、関東・関西とも視聴率第1位を記録した大阪局制作の「ごちそうさん」。
4/19(土)19:30~20:59に、スピンオフドラマ「ザ・プレミアム 『ごちそうさんっていわしたい!』」が、NHK BSPで放送されます。

<ヒロイン・め以子の息子・泰介の初恋を巡って、おなじみの顔ぶれが大騒ぎ!抱腹絶倒のコメディ>だそうです。

久しぶりにあのにぎやかなメンバーに会えます。楽しみ・・・

|

英雄たちの選択/大坂の陣400年 真田幸村・決戦へのジレンマ その2

昨年7月10日の「歴史秘話ヒストリア/発掘! 真田幸村の激闘~最新研究から探る大坂の陣~」で取り上げていた「幸村は火縄銃の3倍の射撃能力のある、コンパクトな宿許銃(しゅくしゃじゅう)を構えて、最後の逆転を狙って家康を狙撃した。2回目の狙撃のとき、幸村が玉ごめ中に銃を落下させていなければ・・・」といった話は取り上げず、まったく別の資料で幸村の最後を紹介していたのは、同じNHKの番組だけに、違和感を覚えました。
幸村が家康に抵抗してがんばったおかげで、家康に知恵がつき、万全の幕藩体制確立につながったというのはちょっとした皮肉ですね。江戸中期になって、主君への忠義が重んじられ、幸村が戦国のヒーロー、武士の鑑と評価されるようになったのは、おもしろい話です。しかも子供たちは、仙台藩で幸せな人生を送ったそうですから・・・(完)

|

英雄たちの選択/大坂の陣400年 真田幸村・決戦へのジレンマ その1

04/03 NHK BSP。

大坂の陣400年関連のイベントや特集番組が数多く企画されています。今回の「英雄たちの選択 真田幸村」もその一環でしょう。私も昨年、九度山で行われたシンポジウムに参加しました。
番組は、幸村が「豊臣を捨てて大坂城を退去するか」、「恭順策を進言するか」、「家康と決戦するか」の3つの選択肢からどれを選ぶかをテーマにしていました。
各分野の専門家の方たちの議論を聴いていると、幸村の悩みが伝わってくるようでした。
なぜ大坂城を丸裸にするような馬鹿な講和を飲んだのか、いつも不思議に思っていました。「秀頼側近は、家老・大野治長をはじめ戦争経験のない素人ぞろいだった」「高齢の家康はまもなく死んでしまうだろうとタカをくくっていたのでは」という解説は、納得のいくものでした。

|

04/04/2014

消費者庁のアベノミクスつぶし

消費者庁が、「空間除菌剤効果、根拠なし」と措置命令を出した後、大幸薬品が「効果はある」と広告したことに文句を言っているそうです。私は大幸薬品の主張はしごくまともで、消費者庁は猛省すべきと考えます。消費者庁のHPを見ましたが、中学生でももっとまともなレポートを書くだろうと思える程度のお粗末な内容です。各社ごとにコピペだらけの理由書を添付していますが、内容がありません。

「あたかも~のように宣伝している」から不当だというのなら、「実際はこうだ」という根拠を明確に記述しなければなりません。どこをみても「二酸化塩素に殺菌効果はない」という証拠は示されていません。密閉空間での試験データしか出てこなかったから効果がないと判断した? わがやではトイレに置いたり、居間に置いて使用しましたが、ほとんど密閉空間です。そこで効果が発揮されれば十分。

新製品を開発するに当たり、先発企業は巨額の開発費用をつぎ込み、血のにじむような努力を長期間続け、学術的な研究成果を国際的な学会誌等に発表しながら、やっと製品化にこぎつけます。

テレビニュースのインタビューに登場した街の人々は、消費者庁が効果を全否定したととらえ、「効果がないインチキ商品だったのか。もう買わない」という反応でした。本当に「二酸化塩素に空間殺菌効果はない」のですか? もし殺菌効果があるのなら、消費者庁は、国民にまったく効果のないインチキ商品だったとの誤解を与えた責任をとらなければなりません。まさに「消費者庁による不当表示・営業妨害」です。一片の措置命令で企業が倒産した場合、責任を取る覚悟はあるのでしょうか?
 
消費者庁が、アベノミクスの柱となるべき新産業・新製品開発つぶしを狙う官庁とは知りませんでした。もしそうだとすれば、消費者庁は企業だけでなく消費者にとっても敵ですね。

|

植物男子 ベランダ―/ハードボイルド・リターンズの巻 その2

ベランダ―(田口トモロヲ)のなんともいえない真面目くさった、人間離れした挙動に笑ってしまいます。去年買ったアマリリスと今年買う羽目になったアマリリスと自分との間の三角関係に悩むって・・・? 不思議な不思議な物語です。ベランダ―がベランダの植物すべてに限りない愛情を注いでいるが故の展開なのでしょうね。

こみ上げる可笑しさとともに、不思議な親しみを感じるドラマです。
なんといっても田口トモロヲさんの浮世離れした演技のすばらしさ! 一目で片思いに陥ってしまいそうな花屋の店員/波瑠さん(パイロット版)・店員木下楓/岡本あずささん(第1話)の可憐な魅力、突然家に上がり込んでくる隣の植物学者 田中惣太郎/古舘寛治さんなど、いずれも「ベランダ―」のために生まれてきたようなタレントさんぞろい。

美しい花とそれにまつわる映像・歌・逸話が織り込まれた、楽しく、知識が身に付くユニークな番組です。(完)

|

植物男子 ベランダ―/ハードボイルド・リターンズの巻 その1

04/02 NHK BSP

昨年NHKが開発したユニークな番組です。パイロット版2話の評判がよかったようで、4月から定常番組に昇格です。初めて観たらショック?を受けますよ。こんな手法があったのかと。NHKはつねに新たな番組を開発し、BSで試験的に流して評価する仕組みになっているようです。

今回は、「清楚なマーガレットは、春菊のような臭いにおいが難点」、「桜は日本に600種以上、散り際の潔さから新渡戸稲造も<武士道>に<武士道とは日本の象徴たる桜の花のようなもの>と記している。花言葉は<純潔>」ということを知っただけも収穫でした。

|

04/03/2014

来世ではクジラになりたいカンガルー

きのうの朝日川柳欄に掲載されていたそうですね。「来世ではクジラがいいとカンガルー」。
日本が全面敗訴した調査捕鯨、国際司法裁判所に提訴したオーストラリアは、カンガルーを食するそうですね。
けさの天声人語がこんなふうに書いています。
<つまるところ、人間は動物への「残酷」なしには生きられない。そして往々にして自分たちの残酷は是とし、他者のそれは野蛮と見る>

人間ってまことに勝手。欧米人は矛盾を感じないのでしょうか、不思議。

|

合馬たけのこ 北九州市 その2

「合馬のたけのこはアクやエグミがない」そうですが、その理由が「空気にふれないように粘土質の赤土を敷いている」ためということを番組で知りました。生産者がそれなりの苦労をされてきた結果なのですね。
ふつう捨ててしまうたけのこの姫皮と、カキのひもを使い、味噌代わりに同じ発酵食品チーズを用いた「姫川・かきのひも・鯛のイタリア風ごまあえ」、食材をいれた容器をラップで覆い、湯煎して香りを閉じ込めて澄んだスープを作った「鶏とたけのこの真空スープ」、モッツァレラチーズ、たけのこを小倉牛で包み、衣にグリーシニを付けてカリカリに揚げたメインディッシュ「小倉牛とたけのこのカツレツ」・・・いずれもおいしそうでした。ご飯に合うイタリア料理の完成です。
現地の食材を組み合わせて、ご飯に合うイタリア料理を作るという課題、登場されたシェフにとっても、面白くて、楽しいテーマだったでしょうね。

|

合馬(おうま)たけのこ 北九州市 その1

04/02 NHK BSP 「食材探検 おかわり! にっぽん」

合馬のたけのこは知っていましたが、北九州に「元気つくし」(4年前に誕生し、3年連続特Aに選ばれた地元米)、「小倉牛」(年間100頭しか出回らない牛肉)、「大葉しゅんぎく」(小倉と下関にしかない。アクがなくて甘く、ルッコラの味と春菊、ソラマメっぽい香り)、「豊前海一粒かき」(貝柱が大きく甘い)といった食材があることを初めて知りました。
北九州に25年ほど住んだことがありますので、番組冒頭の帆柱ケーブルカー、皿倉山からの八幡・戸畑・若松の展望風景を懐かしく観ました。合馬は皿倉山の南側になりますね。何回も通ったことがあります。
合馬のたけのこが全国的に有名なことは知っていましたが、有名なイタリアンシェフと体操の田中理恵さんが現地を訪れて、たけのこを掘り、地元の食材(米、牛肉、野菜、カキ)を探して、ごはんに会うイタリア料理を完成するまでが大変楽しい番組でした。

|

04/02/2014

北村薫さんの <覆面作家は二人いる>

北村薫(この作家は女性でなく、おじさんです)作品を読むのはこれで3冊目。1冊目は飲んべえ編集者・都さんが活躍する「飲めば都」、2冊目は女子高校生がいきなり25年後にタイプスリップして、夫と娘の女子高生と生活する物語「スキップ」。そして今回、3冊目は、「(私がこの人の作品はほとんど読んだといえる唯一の作家)宮部みゆきさんが、文庫本の解説を書いているよ」と、Kさんから勧められた「覆面作家は二人いる」。
小説の文体は「都さん」風ですが、内容はミステリー。あらためて北村薫さんの手掛ける幅広いジャンルに驚かされます。
名探偵として登場するのは天国的な美貌に恵まれた深窓の令嬢、ところが家から出た途端にガラリと様子が変わって・・・。

|

遺伝子検査を受けてみたら・・・

読売新聞の記者が最近話題の遺伝子検査を2社に依頼した結果が、3/26の紙面に掲載されていました。いずれも唾液を提供したそうです。
費用は、A社 3万円、B社 4万円。
まだまだ発展途上というべきでしょうか、項目によっては逆の判定になっています。

加齢黄斑変性 A社:一般人の3.5倍 、B社:    0.25倍
リウマチ     A社:    1.68倍  、B社:    1.5倍
円形脱毛症   A社:    1.53倍  、B社:    低い
ぜんそく     A社:    1.31倍  、B社:    0.79倍
脳卒中・脳梗塞 A社:    1.13倍  、B社:    1倍

|

読売新聞が カタカナ表記を変えた

4月から読売新聞が、カタカナ表記を変更しました。いままで「ウイ」「ウエ」「ウオ」と書いていたのを、「ウィ」「ウェ」「ウォ」に。
「ウィーク」「ウェア」「ウォーキング」といった具合ですね。
「メーン」「テーク」「メーク」も「メイン」「テイク」「メイク」に。

1991年の内閣告示「外来語の表記」によれば、「ウイ」が一般的表記とされ、「ウィ」は原音に近いとされていましたが、今や「ウィ」の方が主流になっているとの判断のようです。

|

曽根崎心中の<お初天神>=<露天神社>は何と読む?

4/2付産経新聞に大阪校閲部長が書いていた文章です。

<難読地名には、ルビをつけることが多い。お初天神として親しまれている露天神社の記事に、「露天(つゆのてん)神社」とルビをつけて出稿されてきた。「露天(ろてん)神社」と誤読されるのを防ぐためでもあり、間違っているわけではないが、これでは「つゆのてん・じんじゃ」と別の誤読を招く恐れがある。
正確には、「つゆの・てんじん・しゃ」なので、フルネームをすべてルビにすることにした>

ルビのつけ方ひとつにも気をつかいますね。じつは、私はいつも「何と読むのだろう?」と思っていましたので、この記事は大変役に立ちました。
「つゆの・天神・社」だったんですね。

|

おいしさを作る魅力の調理器具~三重 桑名 キッチン鋳物

04/01 NHK BSP「イッピン」。

ニューヨークのトップシェフも愛用している三重県桑名の鋳物製フライパン。予約して2年半待ちという人気だそうです。鋳物といえば大昔からお馴染みの素材ですが、キッチン鋳物として、意外な進化を遂げていたんですね。
厚さ1.5mmのフライパンを鋳物で作るのは大変でしょう。途中で湯の温度が下がると固まってしまい、均一に湯が回りません。開発に10年かかったそうですが、鋳込み時間短縮の技、均一で流れのいい湯の開発等、解決すべき課題は少なくなかったはず。常識への挑戦が可能にしたキッチン鋳物でしょうか。
高校生レストランで有名な三重県立相可(おうか)高校生のアイディアを取り入れて開発した「ふっくら炊ける! キュートなごはん釜」もおもしろいですね。火が通るのが速く、ふっくら炊きあがったごはんはおいしそうでした。持ちやすい取っ手の形状、なめらかな鋳肌等、3年間に及ぶ試作を経て出来あがったかわいいお釜。
伝統の地場産業に再び脚光があたっています。鋳物の良さを生かし、地域の夢を乗せたキッチン鋳物の開発・・・応援したくなります。
鋳物製のキッチン用品は、過去のものとばかり思っていましたが、「すぐ火が通り、料理がおいしくなる」「野菜がしゃきしゃきしている」「チャーハンがベとつかず、ぱらぱらしている」等、鋳物ならではの良さをいかした使用法がいくらでもあるようですね。

|

04/01/2014

消費者庁の措置命令は企業いじめでは?

3/31付産経新聞(各紙に載ったでしょうが)に「大幸薬品<クレべリン>の主成分<二酸化塩素>は、ウイルス・菌を除去します」と大幸薬品が横長の広告を掲載しています。
3/28に消費者庁が「空間除菌効果<根拠なし>」として、17社に景品表示法違反で再発防止などを求める措置命令を出したことへの抗議の意思表示でしょう。
3/28の産経夕刊によれば、「17社は消費者庁に根拠とする資料を提出したが、二酸化塩素の殺菌効果を密閉空間で実験したデータなどだった。人の出入りや空気の流れがある生活空間で使うには、十分な裏付けとはいえないと判断した」。
一方、大幸薬品の3/31付産経広告には、「ウイルスの検証をはじめ、細菌・カビなどへの有効性に関する実験を行い、米国への生化学専門誌に論文を発表するなど、より正しい効果・効能を検証しています。また、研究室における実験のみならず、<クレべリンゲル>を用いた一般居住空間における検証も行っております。これら数多くの実験結果に基づき、<二酸化塩素>に関する機能性を実証し(浮遊菌に対する除菌性評価試験 25㎡循環式により二酸化塩素分子がウイルス・菌を99%除去したとのデータ付)、販売しております」。
消費者庁は、大幸薬品のデータのどこが不十分と判断したのか、その根拠を明らかにする必要があるのではないでしょうか。一般居住空間でも検証したという大幸薬品のデータはきちんと確認したのでしょうか? そもそも密閉空間で効果があるだけでも、大いなる福音ではありませんか。

テレビのニュースで「えっ、効果ないんですか? もう買わない」と言っている主婦がたくさんいました。製薬会社にとっては、企業の生死にかかわる大問題でしょう。消費者庁はもっと責任と自覚を持って、根拠と前提を明確に示したうえで、行動すべきです。消費者庁職員のにやけた発表VTRにも腹がたったけど。

|

耳かきは耳の入り口から1cmまで

けさのNHK「あさイチ」のすご技Qは、耳かき。
耳の穴は奥行3cmくらいありますが、耳かきは力を入れずに1cmまで。
1cmから奥は皮膚が薄く、無理に掻き出そうとすると傷がつき外耳道炎をおこします。
奥の方の耳垢は、自然に表に出てくるそうです。
毎日耳かきをする人がいますがやりすぎ、「週1回」が適当。

耳垢のタイプは、日本人はカサカサタイプが77%、ベトベトタイプが23%。これは遺伝的に決まり、一生変化しません。
カサカサタイプには綿棒、ベトベトタイプには耳かき棒がいいと言っていました。

|

« March 2014 | Main | May 2014 »