« 「小保方さんは悪くない!」 武田邦彦の徹底解説!  No.1 | Main | 桜の通り抜け デジカメムービー版 »

04/23/2014

「小保方さんは悪くない!」 武田邦彦の徹底解説!  No.2

確かに著作権の定義は、「自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他 的に支配する財産的な権利」ですね。自然科学は「思想」「感情」とは無縁でなければなりません。

大阪地裁の判決にも、「論文に同一の自然科学上の知見が記載されているとしても、自然科学上の知見それ自体は表現ではないから、同じ知見が記載されていることをもって著作権の侵害とすることはできない。また、同じ自然科学上の知見を説明しようとすれば、普通は、説明しようとする内容が同じである以上、その表現も同一であるか、又は似通ったものとなってしまうのであって、内容が同じであるが故に表現が決まってしまうものは、創作性があるということはできない」とあります。

STAP細胞が本物で、小保方さんたちが論文も特許も取り下げていた場合、アメリカ等の第三者が権利を主張すれば、我が国は重大な国益を失うことにもなりかねません。そちらも心配だなあ。今回の捏造騒ぎの裏に、そうした黒幕の存在も?という見方もあるようですし。(完)

|

« 「小保方さんは悪くない!」 武田邦彦の徹底解説!  No.1 | Main | 桜の通り抜け デジカメムービー版 »