« 極上アンティークお宝映像発掘! ムカシネマ2 その1 | Main | 暴走する免疫細胞が老化の原因 その1 »

04/07/2014

極上アンティークお宝映像発掘! ムカシネマ2 その2

森重久彌、石原裕次郎のプライベートフィルム、尾張徳川家の北海道でのクマ狩り(昭和5)や海外旅行の記録、松下幸之助の初荷など、歴史を刻んだ映像の数々に時間を忘れるひとときでした。

松下幸之助の初荷が、ナレーションでは「昭和6年」、字幕では「昭和8年」となっていました。どちらかが間違いと思います。ナレーションは「昭和5年・・・年が明けて6年の1月4日に」といった表現だったと思いますが、字幕の方は長々と「昭和8年」と表示されていましたので、気になりました。

大型バイクに乗っては転ぶ森重久彌は、いつもバイクを磨いていました。それを見たファンが「乗らずに磨くだけで楽しいですか?」と聞いたところ、「ふん、日本刀好きの人が人を斬るのかね。ボクはメカニズムが好きなんだ。自分では乗らないよ」と負け惜しみを言ったという息子さんの回顧談、人柄がよくにじみ出た逸話として面白く観ました。(完)

|

« 極上アンティークお宝映像発掘! ムカシネマ2 その1 | Main | 暴走する免疫細胞が老化の原因 その1 »