« 人気のCG実験動画 | Main | マヨネーズの キューピーは<キユーピー> »

04/13/2014

卵の知識

4/6の産経新聞記事です。いつもお世話になっている卵ですが、有精卵や赤玉って本当に栄養価が高くて高級なのだろうか? などよく知りませんでした。同記事によれば・・・

1)有精卵と無精卵の違い
一般に市販されているのは雌鶏だけを鶏舎で育てて産卵させた無精卵。有精卵は雄鶏と雌鶏を一緒に飼い、自然交配によって受精が可能な飼育環境で生産する。いずれも味や栄養価に変わりはない。鶏卵の表示に関する公正競争規約では、雌100羽に対して、雄5羽以上いる環境で飼われていれば「有精卵」。受精確率は必ずしも100%ではない。←知らなかった!
2)白玉、赤玉の違いは?
鶏の種類によって産む卵の殻の色が異なる。赤玉の方が高価で栄養価も高いように思われがちだが、これも栄養価に差がない。赤い空の卵を産む鶏は体が大きく、餌もたくさん食べる。そのコストが価格に反映されている。←赤玉の方が何となく高級に見えますけどね。
3)卵の賞味期限は?
生で食べられる期限のこと。冷蔵保存さてあるものなら賞味期限を過ぎても加熱処理すれば安全に食べられる。目安は1週間ほど。
4)保存方法のコツは?
冷蔵庫で10℃以下。ドアポケットは、ドアを開け閉めするたびに卵に振動が加わり、殻にひびが入って雑菌が繁殖する原因になるため不可。冷気の吹き出し口も凍結したり黄身が固くなるので不可。

|

« 人気のCG実験動画 | Main | マヨネーズの キューピーは<キユーピー> »