« 天王寺公園真田幸村博  その3 | Main | 天王寺公園真田幸村博  その5 »

05/05/2014

天王寺公園真田幸村博  その4

次に被災者を見つけたとき、どうするか。いきなりそばに駆け寄っては危険です。上から何か落下して、救援者も災害に巻き込まれるかもしれません。周囲の安全を確認して近づき、負傷カ所の止血をします。止血スタート時刻をマジック等で額に記入し、救急車が来たときわかるようにします。傷の手当をした後、体をひっくり返してほかに負傷カ所がないか確認します。一カ所だけと思っていたら、別の負傷カ所からも出血していて1.5リットルに達することがあるそうです。動脈からの大量出血に動転している被災者に「大丈夫だ!」と勇気づけることも大切。

最後に、人形を使っての心臓マッサージと人工呼吸。まず顔を近づけ、耳で呼吸のかすかな音を聴き、目で心臓が動いていないことを確認します。「心臓が動いているのに、マッサージをしたらいけません! 死んでしまいます!」。えっ!? そんな注意はいままで聴いたことがなかったような・・・。
AEDを取りに行ってもらい、それに任せることも大切。AEDがふたつ以上集まったとき、すぐに返しに行かないこと。うまく作動しないAEDもありうるからです。
口からの空気吹き込みはマウスピースがなければ、ハンカチを当てて。どうしても他人の口と自分の口を合わせるのがいやなら心臓マッサージだけでも。マッサージは救急車が来るまで、やめずに続けること。(完)

Sp1070028


|

« 天王寺公園真田幸村博  その3 | Main | 天王寺公園真田幸村博  その5 »