« 大阪舞洲ゆり園 その4 | Main | 足元涼やか おしゃれ履物 ~大分日田下駄~ »

06/18/2014

里中満智子さんの<天上の虹>13巻

大海人(おおあま)の後継者となるため、企てた大津の謀反は失敗。大津は処刑されます。大津の死は、人々に大きな波紋を呼びます。
一方、讃良(さらら=のちの持統天皇)は病状の悪化していく草壁を天皇位に就かせようとしますが、政情不安は高まるばかり。後継者問題はどう展開していくのでしょうか。
13巻の最後で、いよいよ持統天皇が誕生します。

13simg_20140617_0003


|

« 大阪舞洲ゆり園 その4 | Main | 足元涼やか おしゃれ履物 ~大分日田下駄~ »