« 地域伝統芸能フェスティバル その4 | Main | 宮部みゆきさんの <ソロモンの偽証> »

06/02/2014

地域伝統芸能フェスティバル その5

2つ目の神楽は島根県の岩見神楽。テーマもストーリーも向峠神楽と同じ。ヤマタノオロチにとどめを刺すと、蛇の頭が宙に舞いました。
会場でたまたま話しかけられた年配の男性のうち2人(別々の時間に)が、岩見出身で大阪在住の方。神楽についてうんちくを語ってくれました。詳しいはずです。子供の頃から神楽に親しみ、秋には夜通し公演の神楽を楽しんできたそうです。山陰各地の文化圏・方言の違いや他地域との交流、同じ神楽でも地域によって演技が違うなどおもしろい話を聞きました。神楽は本来、1演目1時間半くらいかかるそうですが、フェスティバルでは40分弱に短縮されていました。
こちらはエスカレーターで上がった高いところから観たヤマタノオロチ退治のシーンです。

Sp1070425


|

« 地域伝統芸能フェスティバル その4 | Main | 宮部みゆきさんの <ソロモンの偽証> »