« 青梅の季節かあ | Main | 帽子おろし »

06/08/2014

BS時代劇 妻は、くの一~ 最終章~ (3) 届かぬ想い

06/06 NHK BSP 

男勝りで勝気、剣道にも秀でた静山の娘・静湖(マイコ)が、まったく反対の男・彦馬(市川染五郎)に恋心を抱くというのも不思議な女心ですね。静湖の本心を知った織江(瀧本美織)は、彦馬を諦めた方が彦馬のためになるのではとさえ思います。愛する夫婦の切ないストーリー。
もちろん、彦馬と織江のハッピーエンドを期待しながら観ているのですが・・・
密航を企てる松浦藩が、監視の目を紛らすため、幽霊船を近海に漂わせたうちの一艘が幕府に見つけられて・・・ピンチに立つ松浦静山の「10年前、幕府献上品を積んで行方不明になった船だ」の言葉に始まる大芝居により、その場は切り抜けます。静山の口上がまことに痛快でした。
彦馬は織江を見つけられるのか? 「天竺丸」出航が早まり、もう時間はありません。望遠鏡を売って作った金で、瓦版に尋ね人広告を出したり、路上芸人に探してもらったり。彦馬必死の努力により、織江が姿を現しますが・・・
まだまだ先は見通せません。無事、2人そろって日本を離れられるのか、はらはらしながら観ています。

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/kunoichi2/

|

« 青梅の季節かあ | Main | 帽子おろし »