« 聖なる地へ 祈り歩くとき スペイン 巡礼の道  その1 | Main | 青梅の季節かあ »

06/07/2014

聖なる地へ 祈り歩くとき スペイン 巡礼の道  その2

現在、大阪で「1日で巡るお遍路さんinうめだ」というイベントが開催されています。今年は空海が四国を巡礼し、88の寺を霊場 と定めて1200年、その記念イベント。全行程1300km、歩いて2ヶ月かかるところがたった1日で。たしかに体力に自信のない人や忙しい人にとってありがたいのですが、「実際の巡礼と同じく功徳があるとされ、<結願の証>がもらえる」というのはどうでしょうかねえ?

夫婦の巡礼者も多いのですね。特に感銘を受けた発言です。「生き方を変えるために、この道を歩きます。大企業での人生はいい経験でしたが、それだけが人生ではない。人生はバランスが必要。一生懸命働くという時期も必要だが、自分の持っているものを、人に分け与える余裕や、そのための時間が必要です。大事なのは失う事に恐れを抱かないことです」。「人は変われます。この道を歩くことで」。
「悩みがあるから何とかしてくれ」でなく、巡礼者自身が、真剣に自分の生き方を考えながら歩いている姿に「美しさ」を感じました。(完)

|

« 聖なる地へ 祈り歩くとき スペイン 巡礼の道  その1 | Main | 青梅の季節かあ »