« あじさい一般公開 その8 | Main | あじさい一般公開 その9 »

06/11/2014

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義

大阪大学出版会が2月に発刊して話題になった本ですが、きょうの読売が売れ行き好調との記事を掲載しています。5月上旬、3回目の増刷があり、計1万3000部の発行だそうです。(A5判、274ページ、1620円)。
NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で取り上げられたりした「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」をテーマに、教授や准教授が考えた回答がユニークです。
「ドーナツを樹脂で固め、機械で削る(工学)」「ドーナツには穴があるという暗黙の前提を疑う(歴史学)」「ドーナツとは家である。記憶が結びつき、物理的なドーナツがなくなっても穴はなくならない(美学)」「4次元空間で食べる(数学)」……。

|

« あじさい一般公開 その8 | Main | あじさい一般公開 その9 »