« 孫の運動会 | Main | 聖なる地へ 祈り歩くとき スペイン 巡礼の道  その2 »

06/07/2014

聖なる地へ 祈り歩くとき スペイン 巡礼の道  その1

06/05 NHK BSP 「世界で一番美しい瞬間(とき)」

今回はいつもの「世界で一番美しい瞬間」と違って、奥の深い人間的、精神的な「美しさ」をテーマにしていました。日本の巡礼と言えば、「四国88カ所」巡りが思い浮かびます。寺院を参拝するところに意味があるものと思っていましたが、違うようです。最終ゴールの大聖堂を目指すものの、そこに至るまでの「巡礼の道」を歩き続けること自体に、深い意味が・・・。生死をさまよって回復した女性が、「ここまで歩けるとは思わなかった」と体力や自分自身に自信を持ちます。アルコール依存症の男も、歩くことで周りが見えるようになり、苦労をかけた奥さんと抱き合い、「もう大丈夫」と語ります。
「巡礼者は自分の心とひたすら向き合っている」・・・歩きながら周囲の自然と接し、知らない人と語り合い、宿泊所のボランティアの温かい接待を受ける、そうした経験が巡礼者の悩みを解決してくれるのでしょうか。

http://www4.nhk.or.jp/sekatoki/x/2014-06-05/10/18700/

|

« 孫の運動会 | Main | 聖なる地へ 祈り歩くとき スペイン 巡礼の道  その2 »