« ロボットに何歳?と聞いたら/The Lab. その13 | Main | クラゲという“神様”に出会った~世界一のクラゲ水族館~ その2 »

06/29/2014

クラゲという”神様”に出会った~世界一のクラゲ水族館~ その1

06/28 NHK BSP。

クラゲは、ほんとうに神秘的な生き物です。見ていて癒されます。私が最初にクラゲに魅せられたのは、大阪・アベチカの飲食店が通路側の大きな水槽にミズクラゲをたくさん飼っているのを見たとき。触手を伸び縮みさせながら、ゆらゆら上下左右にさまよう姿・・・この世のものとは思えない不思議な感覚に襲われました。今回の番組を観て、クラゲの飼育が難しいことを知り、お店の人はずいぶん苦労されていただろうなと思いました。
1年半ほど前、大阪・海遊館に行って、ずいぶんたくさんのクラゲを見ることができ、改めてクラゲの魅力に憑りつかれました。
世界一のクラゲ水族館、いつか行ってみたいものです。
オープン3年目、27歳で館長を任された村上龍男氏が、観客数の少なさに閉館を覚悟し、最後のイベントとして開催したのが珊瑚特別展。そこに偶然紛れ込んでいたサカサクラゲの赤ちゃんの姿に、みんなが魅了されます。「これからはクラゲ水族館でいこう!」と決心した村上館長、まさに、「クラゲという神様が、水族館の危機を救ってくれました」。
経営危機にあっても、鋭い先見性、的確な判断力を失わなかった館長の存在により、世界一のクラゲ水族館が出来あがったのですね。

http://www4.nhk.or.jp/P3190/26/

|

« ロボットに何歳?と聞いたら/The Lab. その13 | Main | クラゲという“神様”に出会った~世界一のクラゲ水族館~ その2 »