« 大阪の清水寺(きよみずでら) その5 | Main | あら? 中山美穂さん離婚 »

07/09/2014

憲法の日本語間違い

7/9付産経新聞の「単刀直言」で、石原慎太郎さんがこんなことを言っています。昔から日本国憲法の日本語は間違っている、おかしいと思っていましたので、作家・石原さんの発言にはおおいに賛成。

<憲法の前文はメチャクチャな日本語だ。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して・・・」は、正しくは「公正と信義を」で、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ・・・」は「欠乏を免れ」だ。助詞の間違いは日本語の文体を乱し、みにくい印象しか与えないんだね。国家の基本法を正しい日本語に直すことが自主、自立です>
<「日本語として間違っていますから前文だけ変えます」と言えばいい。とにかく助詞を変えるだけで、「9条はいじりませんから」と。朝日新聞だって日本語をしゃべり、日本語で新聞を書いているんだろうから、まさか「それは間違っている」とは言わないだろう>

|

« 大阪の清水寺(きよみずでら) その5 | Main | あら? 中山美穂さん離婚 »