« いくたまさんの動画 | Main | 大阪・いくたま参り(生國魂神社境内) »

07/13/2014

有栖川有栖さんの幻坂/真言坂

生玉祭りの時、真言坂と源聖寺坂を歩いてきましたので、順番が違いますが、幻坂の第5話「真言坂」を先に取り上げます。
翻訳家の若い女性と現代の幽霊が真言坂を上ったいくたまさんで会う短編小説。高津(こうづ)神社に関する話題も出てきます。仁徳天皇の高津宮があったところとか、境内が舞台になっている「夏祭浪花鑑」の団七の話など。団七は幽霊の伏線になっています。
この辺りの複雑な高低差や道、坂もたっぷり説明されています。天王寺7坂の6つまで東西方向なのに1つだけ南北、しかも今は両側にマンションが並ぶだけの真言坂が、なぜ7坂に取り上げられているのか、そんなことも詳しく出てきます。
「寺町にラブホテルが多いのはなぜ?」という女性の質問に、幽霊になる前のあなたが答えた「教会やお寺と一緒で、見知らぬ人間が非日常的な体験をするため行き来する聖なる空間」という回答も。
生玉神社の公園のような木立のなかに 鎮座している 井原西鶴座像の ある場所は、 西鶴 が一昼夜で4,000句を吟じたところだとか、谷崎潤一郎の「春琴抄」の冒頭の場面は、生玉さんの下の寺院といったことも書かれています。

|

« いくたまさんの動画 | Main | 大阪・いくたま参り(生國魂神社境内) »