« 70年ぶり復活、渡御行列/生玉さんの夏祭り その2 | Main | これぞ夏祭り!/生玉さんの夏祭り その3 »

07/13/2014

八軒家は間違いだった

京都から公家さんが淀川を下ってきて、大坂・天満の近くの八軒家で舟を下り、熊野街道を通って熊野詣でをした、というのは、日本人の常識、かどうかはともかく、少なくとも大阪の人はみんなそう思っていますよね。大阪市内のあちこちに、「(ここは)熊野街道 八軒家から~km」という道標が立っています。

ところが、7/12に大阪史料調査会調査員・生駒孝臣博士の講演「大坂城前史-忘れられた中世の大阪-」を聴いたところ、「八軒家から大阪に上陸したというのは従来の常識。考古学者がいくらあたりを掘っても何も出てこない。そこで西の方を発掘したところ、渡辺津(わたなべのつ)から証拠品が大量に出土した。現在、八軒家は間違いで、渡辺津が正しいとされている」と驚くべき話が出てきました。いまさら大量の道路標識を造りかえるわけにもいかないでしょうね。
もうひとつ、石山本願寺という言い方もいまでは正しくないとされ、大坂本願寺というのだそうです。時代が少しずれているからとか・・・。これもいまさら言い換えるのは難しいでしょうね。

|

« 70年ぶり復活、渡御行列/生玉さんの夏祭り その2 | Main | これぞ夏祭り!/生玉さんの夏祭り その3 »