« July 2014 | Main | September 2014 »

08/31/2014

石上(いそのかみ)露子の文学碑

富田林市の寺内町本町公園に石上露子の文学碑が2つありました。オダサクの文学碑と同じ公園です。
1.みいくさに こよひ 誰が死ぬ さびしさと 髪ふく風の 行方みまもる
(日露戦争の激しい戦いの報を 聞くと私の胸は痛む。今宵はだれが戦死するのだろうと思うと、なんともいえずさびしいので、私の髪を乱して吹いて過ぎ去る風のかなたを、目を凝らしてみている。妻や母たちのかなしみを思いつつ)
2.小坂橋
ゆきずりのわが小板橋 しらしらとひと枝のうばら いずこより流れか寄りし。
君まつと踏みし夕に いひしらず沁みて匂ひき。

Sp1090684

Sp1090675


|

富田林・寺内町といえば 石上(いそのかみ)露子

与謝野晶子とともに女流歌人として有名な(ただし結婚後、夫が歌人としての活動を禁じたため伝説の歌人として知られる)石上露子は、寺内町の裕福な造り酒屋に生まれました。この家が現在の「旧杉山家住宅」です。重要文化財。
寺内町には多くの旧家が残っていますが、公開されているのはここだけ。入場料400円です。
昨夜の「錦影絵」はここで上演されました。
「旧杉山家住宅」の写真を何枚か、添付しました。後でyoutubeにアップするときはもっと多くの写真を紹介します。

S


P1090719


Sp1090699


|

寺内町の織田作之助文学碑

織田作之助は昭和20年12月、癌で亡くなった妻・一枝の骨箱を持って富田林の姉夫婦の家に転がり込みます。富田林に住んだのは21年11月まで。その間、宝塚の女性と結婚したり、京都で放浪しましたので実際に富田林で過ごしたのは6,7か月だそうです。この時期、文学的にはもっとも充実した時期。読売新聞に「土曜夫人」を連載しました。挿絵は小磯良平。
富田林市の寺内町には、「土曜夫人」の直筆を取り入れた文学碑があります。
なお、織田作之助は一時、今私が住んでいる場所に住んだことがあり、そこには一枝さんもしばしば現れていたそうです。先日亡くなられた大谷晃一さんの本によれば・・・

この1カ月、織田作之助像(生玉神社)、「木の都」文学碑(口縄坂)、「土曜夫人」文学碑(富田林)とオダサクめぐりが続きました。

Sp1090679


|

錦影絵 続き

昨夜の「錦影絵池田組」公演パンフレットです。

海外の幻灯機は金属製で重いのですが、池田組が使っているのは杉材でできていますので軽くて、熱にも強い。スクリーンの裏で女の子(男性もいたかな?)が幻灯機を持って動き回りながら、種板を操作して画面を動かす仕組み。独楽が空中を飛んだり、ころころ転がっていくのは別の人が操作。よくもタイミングがあうものです。
焦点を合わせるため、レンズと種板の距離を指や薄い板で微妙に調節しています。
背中にリュックを背負っているのはなぜ? と思ったら、中に入っていたのはバッテリー。江戸時代は菜種油を使っていたそうですが今は電気。

「池田の猪買い」の種板は、大阪歴史博物館に所蔵されていたものをパソコンに取り込み、アクリル板に着色して作ったそうです。
スクリーンは手すき和紙を貼りあわせたもの。軽くて折りたためばどこにでも持ち運べる優れもの。
<デジタルコンテンツが席巻するあわただしい現代にあって、淡い郷愁と豊かな想像力を心に投射してくれる、素晴らしいアートです>。
重要文化財「旧杉山家住宅」の土間に椅子を並べて、限定80名の公演でした。

3枚目の写真は、公演後、スクリーン裏で幻灯機と種板を見せながら錦影絵の仕組みを説明する女子大生。

Simg_20140831_0001


Simg_20140831_0002


Sp1090749


|

08/30/2014

久しぶりのミスタードーナッツ

富田林で「錦影絵」を見た後、たまたま駅南口にあったのが「ミスタードーナッツ」。実に何年振りかで入りました。食べたのは「冷やしトマトジュレ麺の飲茶点心セット」。

Sp1090769


|

アニメのルーツ 錦影絵を鑑賞しました

きょう富田林市寺内町の「旧杉山家住宅」に出かけて、錦影絵を見ました。4/5の「極上アンティークお宝映像発掘!ムカシネマ2」(NHK BSプレミアム)でイギリス公演の記録を見た覚えがありますので楽しみでした。大阪芸術大学・池田光恵教授のゼミ「錦影絵池田組」の公演です。イギリス以外にも、アメリカのボストンでも上演し、絶賛を浴びたそうです。
写真撮影禁止でしたので、ホームページの動画サンプルをご覧ください。
きょうの出し物は、「曲独楽」「池田の猪買い」「花輪車」。
瞬時に手が出たり、空中を飛び回ったり・・・どうしてそんな動きのある影絵になるか不思議でしたが、公演終了後、舞台に上がって、スクリーンの後ろで幻灯機の仕組みや動きのあるシーンの秘密をたっぷり教えていただくというサービス付でした。

http://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/departments/artplanning/topics_06.html

|

「おそろし」、きょうから

宮部みゆきさんの時代小説「おそろし 三島屋変調百物語」がきょうからNHK BSP「BSプレミアム」で始まります。好きな小説だけに、楽しみです。宮部さんの小説は、現代物、時代物、空想物と多岐にわたりますが、「おそろし」は時代物の代表作のひとつ。連続5回です。
主演は、ちょっとユニークな波瑠さん(おちか)。

http://www.nhk.or.jp/drama/osoroshi/index.html

|

8月29日付読売新聞

8月28日付朝日が、またまた開き直り記事を書き、さらに週刊文春と週刊新潮の広告を拒否したため、マスコミは大騒ぎ。8/29の産経1面トップは「朝日 また論点すり替え」、読売も特別プロジェクトチームを結成して8/28から検証記事を連載しています。8/29の読売1面は「朝日に説明責任、慰安婦報道/与野党が批判」、4面右半分に「検証朝日〈慰安婦〉報道 第2回/記事と証言の食い違い、記者は原告団の親族」、7面は全面使って「朝日の28日記事検証」。内容は、批判回避へ論点すり替え、慰安婦問題混迷の原点、韓国・国連が依拠、本紙92年以降は慎重に報道、河野談話〈強制性〉ありき。さらに元朝日ソウル特派員、拓殖大客員教授・藤岡信勝氏、東京基督教大教授・西岡力氏がいずれも朝日批判のコメント。

朝日の「読売だってまちがってたじゃん」みたいな 8/5付記事への反論として、1992年4月の産経指摘のあと、この年の後半からは誤解を与えないよう努めたこと、97年3月6日のコラム、98年8月4日の社説で「挺身隊と慰安婦は異なる」と記事にしたと書いています。8/28の検証第1回でも、98年8月の11日の社説で「詐話師とさえ称される日本人が創作した慰安婦狩り物語」、2007年3月27日、2013年5月15日にも強制連行を否定する記事を掲載したそうです。「朝日のように、32年間頬かむりしていたのと一緒にするな」とおかんむりの様子。

最近の朝日、産経、読売記事を見比べると、朝日の取材能力、分析能力のお粗末さが目に余ります。恐らく朝日の過去の記事について、一番研究しているのは産経。朝日自身が気がついていないことまですべてお見通しなのでは?
東電の吉田調書も、東電or日本を悪く書きたいという思い込みの激しい記者が、都合のいい部分だけつまみ食いをして書いたような気がしますね。

|

昭和の選択/サンフランシスコ講和 吉田茂 独立への苦闘  その2

東西冷戦、共産主義陣営と自由主義陣営が激しく対立。米国務省は、日本を確実に自由主義陣営に引き込みたい、日本を独立させると米軍駐留の名目を失うと講和に反対します。一刻もはやく独立し、経済復興をしなければと考える吉田は、このままではいつまでたっても講和交渉ができないと、密使を派遣します。「講和条約を結んだ後も、アメリカは軍を日本に駐留させる必要があるだろうが、もしアメリカからその希望を言い出しにくいなら日本政府から提案してもよい」。吉田のこの奇策により、講和交渉が進み始めます。
これはすごいですね。吉田さんは有名な外交専門雑誌に英文論文を寄稿するなど、外交手腕は相当なもの。どなたかがおっしゃっていたように「骨の部分を見極めたらくそ度胸で外交・政治を進めるタイプの人間。世の中の潮流の主流は何か、見極めて国益を損なわせないようにする傑出した人物だった」のは事実でしょう。ワンマンではあったでしょうが、ああいう人だからこそ、マッカーサーやダレスと対等に交渉できたのかもしれません。

敗戦当時、1000万人餓死すると言われた日本。国家の機能を回復し、国民を食べさせていかなければならないと、必死で頑張ってくれた吉田さんに感謝いたします。また、先日、百田尚樹さんの講演を聴きました。「戦場で亡くなった大正生まれの人は200万人、同世代の6.8人に一人が亡くなった。人生でもっともいい時期を戦場で過ごさなければならなかった大正世代の人たち。生き残って帰国した人たちは、日本復興の原動力になってくれた。今日の私たちの豊かな生活は、大正生まれの人たちのおかげ。いくら感謝しても足りない」、まったくそうだと思います。(完)

|

昭和の選択/サンフランシスコ講和 吉田茂 独立への苦闘 その1

08/28 NHK BSP

戦後の歴史について、あまり頭に入っていませんので、大変勉強になりました。アメリカ側のダレスが、講和の条件として日本の再軍備を強硬に主張したことに反対し、あらゆる案を考えながら最善の結論に導いたことがよくわかりました。日本の戦後復興は、吉田さんの慧眼によるところが大きいですね。

結果的にうまくいったとはいえ、吉田さんの政治手法は、自分だけで考えて結論をだし、実行してしまう秘密主義、とても民主主義とはいえません。占領されていた当時の日本には彼のようなタイプの政治家が必要だったのかもしれませんが、もしこれが鳩山元首相や、菅元首相のような人間だったら、日本はその後、どうなっていたことか。ぞっとします。選挙で優秀な政治家を選ぶことがいかに重要か、身に染みて感じます。

|

08/29/2014

DVD焼き付けとラベル作り

娘2人の「誕生から中学生まで」の色褪せた写真プリント数千枚の中から1000枚ほどを選び出し、デジタル処理で色鮮やかに蘇らせました。と、ここまでは、8月上旬に報告したとおり。きょうDVDに焼き、ラベルも作ってDVD盤面に貼り付けました。No.1 は長女、No.2は二女を中心に編集、写真屋で撮影した家族写真も収録しました。再生時間はそれぞれ約30分。改めて眺めると、懐かしいあの頃を思い出して感無量です。娘達の面影が孫の顔にもみられます。

Sp1090658


|

有栖川有栖さんの<妃は船を沈める>

先日、ご本人の講演を聴いて読んだ天王寺7坂に題材を求めた「幻坂」。さっそく暑い中、7坂全部を歩き回って動画を作り、youtubeに「3分間で早わかり!」シリーズとしてアップしました。ついでに「大阪文化発祥地 上町台地に偉人を訪ねる」(中央区編)も作成してアップ。(続編の「天王寺区編」も作成済ですが、こちらはまだアップしていません)。
「幻坂」が面白かったので、有栖川さんの小説を続けて読むことに。2冊目は「妃は船を沈める」。
帯に次のように書いてあります。

<この願い事は、毒だ。ゆっくりと全身に回る/所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。妃とあだ名される女と、彼女のまわりに集う男たち。危うく震える不穏な籠に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。何を願っているのだろう/臨床犯罪学者・火村英生が挑む、倫理と論理が奇妙に ねじれた難事件。>

大阪が舞台ですので、知っている地名がいっぱい、身近に感じます。

Sp1090657


|

土屋太鳳さんが出てる

けさの「あさイチ」、ゲストは「花子とアン」のもも役・土屋太鳳(たお)さん。「真夜中のパン屋さん」以来のちょっと気になるタレントさん。でも、ちょっとドラマの顔と違うような・・・お化粧の違い?
「花子とアン」、きのうテルが戦場につれていかれました。軍用犬の徴用ということも行われたのですね。

|

グリコの江崎記念館を訪ねて/3 マークの顔がこわい

大正12年ごろ、「顔がこわい」という女学生の指摘を受け、江崎利一は多くの画家にデザインを画いてもらいますがなかなか決まりません。そこでオリンピックでにこやかにゴールインする選手の写真集を画家に渡して描かせたそうです。

Sp1090630


|

08/28/2014

書いてる方の立場に立って読め

きのうの古文書講座第2回、奈良県立大学教授の講師の先生の言葉に感心。「現代では、<読み手の立場に立って書きなさい>というのが常識ですが、江戸時代は違うんです。<書く方が読むのよりはるかに大変ですから、書き手の立場に立って読め>。同じ字が幾通りにも読める場合があります。前後のつながりからどれがもっとも適しているか判断します。書き間違いもありますし、必要な字が抜けていることも。面倒な字は途中からいいかげんに崩したり・・・
「ですから、古文書は融通無碍(ゆうずうむげ=考え方や行動にとらわれるところがなく、自由であること)に読んでください」。
なるほど、古文書解読が一筋縄でいかないのも道理です。いかにも日本的ではありますが・・・

写真はきょう勉強した教材の一部です。

Simg_20140828_0001


|

グリコの江崎記念館を訪ねて/2 グリコのマーク

創業者江崎利一氏は、佐賀の自宅近くの八坂神社の境内に出かけては、いつもマークやスローガンについて考えにふけっていました。ある日、お宮の馬場で子供たちが走りっこをしています。先頭になった子が勢いよく両手をあげてゴールインする。それをみて、「ゴールインの姿は健康の象徴ではないか! わが国初めての栄養菓子のマークとして、これほどピッタリのものはない」。
近くの小学校で、それまで考えていたペンギン、はと、花などのマークにゴールインするマークを加えて「どれが好きか」をテストし、さらに一週間後「どれを覚えているか」を調べました。結果は圧倒的。こうして両手をあげてゴールインするランニング姿が、グリコのマークに決まったそうです。


Sp1090631


|

08/27/2014

本棚食堂/魚料理編

08/26 NHK BSP。

一応売れっ子少女漫画家の姫川ロザンナ、実は男二人合わせてこのペンネームです。いつも鬼の女性編集者に原稿の催促をされて苦悩の日々をおくっています。きょうも道路工事の削岩機の音に邪魔されて仕事に身が入らず、いつか二人とも現実逃避へ。本棚から魚料理が登場する小説やコミックを次々取り出して朗読。二人の居場所は、漫画家の仕事場から本棚の部屋、さらにいつしか台所に移って、本に記述された魚料理を作っていきます。
何とも奇妙でユニークな番組です。さすがNHKの開発番組。いつも見慣れている番組とは、ちょっと違う面白さがあります。
漫画家の苦悩のドラマがいつの間にか本に出てくる料理の朗読と字幕による紹介、そしてその場で料理を始めてしまうという一風変わった料理番組に変身。テーブルに並ぶ美味しそうな料理の数々に、ちょっとためいきが・・・。見ていて、やすらぎと幸福感を感じます。

今回の番組で登場した本と料理は、川上弘美「真鶴」から「鰺のたたき定食」、小泉武夫「食あれば楽あり」から「カキとベーコンの串焼き」、角田光代「予定日はジミー・ペイジ」から「鯛のハーブ風味まるごと焼き」、せきやてつじ「バンビーノ!」から「漁師風スパゲッティペスカトーラ」。読んだことのない本ばかりですが、実際に出来上がった料理を目にすると、読みたくなりますし、作って食べてみたくなりますね。

前回の「にんにく料理」に続いて、今回は「魚料理」、全く新しいタイプの「ドラマ+本の紹介+料理番組」です。BSの番組には、こういうユニークな開発番組が多いですね。最近、NHK BS放送が身近になってきました。

|

グリコの江崎記念館へ  その1

きょう午前中は「古文書(こもんじょ)講座」、そのあと大阪市西淀川区の江崎グリコ本社・江崎記念館へ。昨日電話で予約してでかけたのですが、同じ時間帯に高校生の集団も来ていました。
道頓堀の5代目ネオン消灯の日、見に行ったことを話し、「消える時間が知らされていなかったので、いつもより早く22時に突然消えると、観衆から驚きの声が上がった」と産経は書いていましたが、テレビニュースは消灯の瞬間を捉えていましたね」と言うと、「混乱を避けるため、消灯時間は公表しませんでした。ただし、報道機関には知らせました」だそうです。「6代目の披露は式典を行いますので、ぜひ見に来てください」。

写真は、来館者へのお土産としていただいたグリコとおまけ。

Sp1090656


|

08/26/2014

あっ、明日は古文書講座の日

まずい、「予習はしなくていいので、復習は毎回きちんとやってください」と言われていたのに、復習してなかった。今晩、やらなくっちゃ。

|

百田尚輝氏の講演 その4

最後に冒頭お約束の「腹のたつ朝日新聞の話」。終わった後、会場からは割れんばかりの拍手。私はプレス席のすぐ後ろに座っていたのですが、前の席の若い記者は、百田さんの講演が終わると、そそくさと帰ってしまいました。どこの新聞記者だったのでしょう。8/25の朝日デジタルにシンポジウムの記事が出ていました。南彰の署名入り。橋下市長の記者会見で、いつも質問して激しく切り返されている記者かな。最後まで残っていた数人の記者の1人らしく、見出しは、「大阪市交通局、シンポで民営化議論」 。もちろん朝日批判があったことには一言も触れていません。そこで百田さんの言葉を少し紹介しておくと、

「訂正するなら謝罪せよ。どれだけ日本を貶めてきたか。言い訳ばかり。頭にカーッときた。他紙だって同じように書いていた? 他紙はすぐ訂正している(中元注:産経は22年前朝日誤報を指摘、読売も2年前朝日を名指しで数回批判。朝日と同じような報道を続けてきた毎日や東京が訂正したとは聞いていません)。23年間ほおかむりをしたのが朝日だ。強制連行の吉田証言は完璧な嘘。朝日は万死に値する。強制連行というが、慰安婦の大半は日本人、朝鮮人は2割。大半を占めた日本人に強制連行や性奴隷として扱われたという話があるか。当時は、貧困ゆえに親が娘を売り飛ばしたりすることも少なくなかった不幸な時代だったのだ 。朝日は直ちに全世界に訂正と謝罪をして、貶めた日本の名誉を回復すべきだ」。 (完)

|

“ふわり”に技あり 麦わら帽子~岡山 帽子~

8/24のNHK BSP。
岡山生まれの極上麦わら帽子、なかには12万円するものも。上品さが際立っています。柔らかな肌触りとフィット感がなんともいえないそうです。
岡山が帽子の一大生産地とは知りませんでした。
麦わら帽子作りの第一歩は麦(最近は紙やアクリル、レーヨン、綿なども)を編んで紐状の麦稈真田(ばっかんさなだ)を作ること。麦わら帽子は1本の真田を渦状に縫製して作ります。普通は幅8mmで長さ30m、12万円もするものは幅3.5mm、長さ80m。
頭頂部からミシンで、わずか1mmの縫い代を保ちながら1段ずつ縫っていきます。両手の細かい動き、ガイドにあてて、親指で微妙な押し付け力をコントロールします。まるでマジシャンみたいな超絶技巧です。つばが張出し始める部分は、微妙な角度の調節がポイント。手の感触だけで作業します。80mを縫い終わるのに1時間かかりました。
中折れ帽子は、縫製後、加熱した金型でプレスして作るんですね。霧吹きをしてジュという音で金型全体が最適温度になっているか、確認しているベテラン職人のおばさん。温度が高すぎる部分があれば、霧吹きで温度を下げるそうです。

滝沢沙織さんが、倉敷で大人気の帽子屋さんに出かけて、オーダーメイドの帽子を作ってもらいました。100種類以上のブレード(麦稈真田)から素材を選び、つばの部分にピンクの帯を入れた自分だけの帽子、滝沢さんが嬉しそうでした。 

|

神秘の球体マリモ ~北海道 阿寒湖の奇跡~  その2

なんのために丸い形をとっているのか、謎解きに興味をそそられました。植物として、光合成をするにはもっとも不利なはずの球体、そこにはちゃんと理由がありました。今回の調査で初めて解明された謎とは・・・マリモの表面には天敵のシオグサが生え、光合成を妨げます。ところが風速7mの風が吹いてくるとスイングし始め、やがて回転、互いに体をぶつけあってシオグサを除去しています。重なりあっていると下のマリモに太陽が当たらないはずですが、自由自在に動き回って入れ替わっています。浅瀬という非常に過酷な競争社会で生きる知恵を付けてきたということですね。すばらしい!
マリモは5~7年で成長し直径30cmの大きさになります。その後、強風で打ち上げられて壊れ、凍りついた湖が解けて水かさが上昇する時、再びもとの群生地に戻って再生していく。阿寒湖のマリモ群生地・チュウルイ湾には、壊れては再生するマリモの輪廻があった、というのも面白い話ですね。母なる阿寒の大自然とマリモの関係、神秘的かつ魅惑的なドキュメンタリーでした。 

|

神秘の球体マリモ ~北海道 阿寒湖の奇跡~  その1

08/24 NHK GTV、「NHKスペシャル」
マリモの数々の謎にせまる、興味津々のドキュメンタリー番組でした。自然の不思議といいますか、過酷な環境の中で生き残るため、最適な姿を追求してきたことが良くわかりました。かつて世界中に40カ所あった丸いマリモの群生地が、いまや日本の阿寒湖しかないという現実に驚きました。とくに数年前まで世界一の群生地だったアイスランド北部のミーバトン湖のマリモがわずか2年で絶滅したというのは衝撃的でした。環境保護がいかに大切かよくわかります。
なぜ丸いマリモができるのか? いままでばくぜんと疑問に思っていましたが、水中でまるで生き物のように回転する映像を見て納得しました。風の微妙な強さ加減によって、水面から湖底に向かって丸い水の流れができる。それによってマリモが回転する。藻の集合体であるマリモの一本一本の藻が、光に向かって伸びていく。回転することにより、あらゆる方向にまんべんなく成長し、丸いマリモが出来あがる。なんとすばらしいプロセスでしょう。風が強すぎるとマリモは打ち上げられますし、弱すぎると回転しません。自然界の絶妙なバランスのなせる神秘的な営みですね。

|

百田尚輝氏の講演  その3

50年たっても、日本の生活水準は昭和5年のレベルだろうとのGHQ予測に反し、昭和39年には東京オリンピックを開催し、この年、どの国も手を出せなかった時速200kmの高速鉄道を走らせます。2、3年後には先勝国イギリス抜いてアメリカに次ぐGNP世界第2位に躍り出ます。敗戦からわずか20年。日本には資源がありません。世界から借金をして原材料を輸入し、加工して輸出する。輸入額と輸出額のわずかな差を儲けとして国力をつけてきました。
日本復興を成し遂げたのは誰だったのか? それはもっとも働き盛り=人生最高の時代を地獄の戦場で過ごして帰ってきた大正世代の人たちでした。
これほど不幸な世代はありません。200万人の男性が戦死し、200万人の女性が夫、恋人、息子を失いました。生き残って帰国した人は、死に物狂いで日本を建て直してくれた。彼らのお陰で、日本は奇跡の復興を遂げた。.

「大正世代には、いくら感謝しても足りない」と百田さんは語ります。過去の日本人を悪くいうマスコミや左翼の人を批判する背景には、先人への限りない尊敬と感謝の念があります。今日、私たち日本人が豊かな生活を送れるのはだれのお陰か、「日本に生まれたからには、豊かな日本に育ててくれた人について語り継ぎたい」。

|

08/25/2014

百田尚樹さんの講演 その1

冒頭、司会者から「大阪市営地下鉄の思い出は?」と聞かれ、「昭和40年、御堂筋線が伸びた時、僕の小学校、西中島小学校は潰されました」。
続いて、「腹が立つのは朝日新聞。あとで時間をとって話します」。これには会場のあちこちから拍手が・・・。さらに「僕が発言するたびに、問題発言にされます。きょうも失言を狙って新聞記者が会場に来ています」と笑わせた後、本題に入ります。

百田さんは、放送作家としていまでも「探偵ナイトスクープ」の企画会議、収録に参加されているそうです。同番組は、いまでも大阪でなければ作れません。夜中に突然ふつうの人の家に押しかけ、どんなテレビを観ているか調査するなど、よそではありえない構成です。
百田さんが50歳を迎えようとしたとき、「人生50年、昔ならこれで終わりだなあ。新しいことを始めるには、齢を取りすぎたし」と悩んでいました。このとき総集編で福岡の「世界最高齢マジシャン」を取り上げます。この番組は私も観た覚えがあります。94歳の老人が次々怪しげな奇術を披露するのですが、この方の本職は整体師。学校に行って資格を取ったのはなんと88歳のとき。これを知って、百田さんは「50歳なんて、まだまだはなたれ坊主。なんとかしなくては」といまから8年前、小説にチャレンジします。この時の作品が400万部のベストセラーになった「永遠の0(ゼロ)」。

|

08/24/2014

牛が引っ張った地下鉄車両

今日の「大阪市営交通110周年記念シンポジウム」、百田尚樹氏の講演前に市営交通の歴史と将来について、ビデオが流れました。その中に、昭和8年、地下鉄開通時の映像がありました。道路上で台車に乗せられた地下鉄の車両を引っ張っているのはなんと牛・・・。 いまはなきトロリーバス、市電、木炭バス、電気バスも出てきました。

110年の歴史のなかには、忘れてならない事故・災害もありました。
交通局にとって不都合な真実、谷町線延伸工事中の天六ガス爆発(昭和45、死者79名)、ニュートラムのオーバーラン(平成5、200名死傷)、長堀鶴見緑地線の重大インシデント(平成22)もごまかさずにビデオで取り上げていました。これらの事故を「輸送の生命館」に展示、全職員への教訓として、研修・教育しているそうです。
日本国および国民を過去から将来に渡って著しく貶めておきながら、謝罪もせず、開き直っている某新聞とはかなりスタンスが違います。

|

桂米團治さんの大阪市営地下鉄への要望

1. なんば駅に、昔「新歌舞伎座」(いまは移転)の標示があったが、道頓堀に「松竹座」ができてからその表示がない(ごく最近は確認してない)。よそから来た人が、すぐそばで「松竹座はどこですか?」と聞いている。OBP駅に、「藤田美術館」はあるが、もっと多くの人が利用する「太閤苑」がない。→市交通局藤本局長:従来、声の大きいところを優先して標示してきた。松竹座、太閤苑については、現地調査し、すばやく対応したい。
2. 大阪観光に来る人は、2日くらいかけてまわる。1日乗車券だけでなく、2日乗車券もつくって欲しい。→すでに2日乗車券があることがわかり、シンポジウム中に解決。
3. 東京の地下鉄駅にはすべて下車駅の階段やトイレ等の情報が一覧表になって貼り出されている。非常に便利。大阪でも取り入れて欲しい。→この件、東京メトロの常務高山氏がご存知なかったため、コーディネーターの白石真澄関大教授が補足。「妊婦の方が困った経験から、自分の足で調査して回り、ベンチャーを立ち上げ、地下鉄会社に売ったと、ご本人から聴いた」。市交通局藤本局長:大阪でもすでに進めている。
4. 大阪はバリアフリーなど東京より先進的。大阪のあちこちの魅力(観光、料理店)を大阪駅の巨大スクリーンで流したらどうか、ざこばや鶴瓶を(ボランティアで)使って。

|

動画 堺市大仙公園日本庭園

堺・仁徳天皇陵のすぐそばにこんな素晴らしい日本庭園が! 後楽園や栗林公園のような大名が造った日本庭園とは、一味違います。
中世の貿易港・堺を彷彿とさせる庭園になっています。池泉の両岸は、堺と中国大陸に見立てられています。
四季折々の花々、樹木の数々・・・実によく手入れされ、訪れた人の目を楽しませてくれます。

3分間で早わかり! 堺市大仙公園日本庭園2014
http://youtu.be/JwSAnaI0Y5Q

Sp1090594


|

きょうは百田尚樹氏の講演会

午後、「大阪市営交通110周年記念シンポジウム~明日の大阪と地下鉄」に参加します。基調講演は、小説家・放送作家 百田尚樹氏の「永遠の0の作家が語る<私の愛する大阪>」、続いてNTT西日本社長、落語家 桂米團治氏、関西大学 白石真澄教授らによるパネルディスカッション「これからの大阪の活性と地下鉄の役割」。
どんな話がでてくるのか、楽しみです。

|

08/23/2014

そんなこと、どうやって調べられたの?

最近の産経新聞は、連日「<朝日の検証>を検証する」実証的記事満載ですが、きょうの記事には驚きました。
朝日が「当時は研究が不十分で、慰安婦と挺身隊を混同してしまった」と、当時子供でも知っていたし、社内の戦争経験者またはその家族に聞けばすぐわかることにまでへたな責任逃れをしたことに対し、具体的に平成4年1月16日(22年前)付朝日がソウル特派員波佐場清氏のクレジット入りで「韓国のマスコミには、挺身隊イコール従軍慰安婦としてとらえているものが目立ち、韓国民の多くは、<日本は小学生までを慰安婦にしていた>と受け止めている」と、はっきり挺身隊と慰安婦は違うことを認識していた記事を掲載していたというのです。
すごいのはその先。この記事は東京本社版の早版に掲載されましたが、最終版からは抜け落ち、大阪本社版、西部本社版は同様の記事を掲載しましたが、名古屋本社版は韓国内での混同を指摘するくだりが削られていたなど、指摘事項が実に詳細です。
公開されている朝日の縮刷版は東京本社の最終版が採用されているのでしょうが、それ以外の本社版や早版の記事まで産経はどうやって調べたのでしょうね。朝日社内に情報を流している記者がいたりして?

同じものを入手して記事にしたといっているのに、解釈が180度違う「吉田調書」。両紙の記事があまりにも違うので、政府も公開する方針に傾きつつありますね。さて、どちらが嘘をついているのか? そもそも両紙が手に入れた調書は同じものなのか、オリジナルの全頁なのか? 朝日の記事があまりにも実際と違うことに憤慨した人が、産経にこっそりリークした可能性もありますし。謎は謎を呼びます。

イデオロギーという階段に乗って高みから眺めれば、真実そっちのけで白いものも黒く見えてくるという典型的な例になりそうな気が? そんな新聞は、百害あって一利なし・・・。

|

緑の駐車場

堺市の大仙公園は、仁徳天皇陵の道路を挟んで反対側。仁徳天皇陵側にも駐車場がありますが、日本庭園に近いのは、公園南側にある「緑の駐車場」。
なぜ緑なのでしょうか? 行ってみると、なるほど駐車場全面に草が生えており、緑一色です。タイヤで押しつぶされないよう、地面に凹凸のあるコンクリートのようなものが敷き詰められているんですね。
なかなか素晴らしいアイディアです。

|

ごきげんよう、さようなら

けさの「花子とアン」、キーワードが解明されました。

NHK(当時はJOAK東京放送局)幹部「私の家内も修和女学校の出身です。朝から晩まで一日中、<ごきげんよう>を耳にタコができるくらい聞かされます。あそこは家柄のいいお嬢様の通う学校です。しかし、あなたは給費生。貧しい家の出であるあなたにとって、ことさらに<ごきげんよう>という言葉を使いたいのはわかります。しかし、似合う人と似あわない人がいるんですよ」
村岡花子「そうでしょうか? <ごきげんよう>は、さまざまな祈りが込められた言葉だと思います。どうか、お健やかにお幸せにお暮らしください、という祈りです。人生はうまく行くときばかりとは限りません。病気になることもあるし、何をやってもうまくいかないときもあります。健康な子も病気の子も大人たちも、どうかすべての人が、明日も元気に無事に放送を聴けますように、祈りを込めて番組を終わらせたいんです。どうか、お願いします」
こうして、番組の終わりの言葉が「ごきげんよう、さようなら」に決まります。

やりとりを聴いていたもも、辛かった過去を乗越えて新たな人生を生きていけそうですね。

娘二人が北九州市のミッションスクール(小~高)に通っていたころ、この学校の子供たちは、バスの運転手さんにも「ごきげんよう、さようなら」と声をかけて降りていました。そうか、あの言葉にはこんな深い意味があったのか・・・。

|

08/22/2014

エジプトの停電

今朝の産経新聞「千夜一夜」は、エジプト支局特派員の「停電でお先真っ暗」。
エジプトはいま、深刻な電力不足で、カイロでは毎日3、4回、きっかり1時間ずつ停電するそうです。ひどいところでは1日の大半が停電するところも。計画停電ですが、どの地区への送電がいつ止められるかは発表されないので大変。ご飯を炊くのに失敗することも多く、エレベーターに乗るときは、閉じ込められないかといつもドキドキ・・・。最近、電力省当局者が「4年間、この状態が改善することはない」と話したそうです。
記者は「せめて真っ暗の中で楽しめる趣味でも見つけたい」と諦めの境地です。

原発ゼロで迎えた今年の日本、決して他人事ではありません。覚悟と準備は忘れないように。

|

吉田羊さんの〈大阪食い倒れ〉

朝ドラ「純と愛」で一躍注目を浴び、現在「HIRO」で美人検事役を演じている吉田羊(よう)さん。youtubeに「大阪食い倒れ」や「京都」のプライベート映像をアップしています。撮影者はマネージャー。道頓堀のグリコ看板の前で万歳したり、たこ焼きを食べたり、カラオケで歌ったり。新世界では通天閣に登り、串カツを食べ・・・。ドラマと違ってハイテンションの羊さんにお目にかかれます。
youtubeのホームページで、「吉田羊」と検索すれば、ずらりと出てきます

|

堺市 大仙公園 日本庭園

大仙公園に、あれほど立派な日本庭園があることを知りませんでした。入口直ぐの休憩所は、堺の往時の豪商が集まった集会所をイメージした総檜づくり、銅板ふき。桃源郷から湧く清水が渓谷を流れ、川となりやがて大海へ。あずまや、橋、展望台、滝など見事な配置です。入園料金 大人 200円。月曜日休園。

|

たかじん、もうひとつ

もうひとつ、「そこまで言って委員会」の話題です。8/10に放送された読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」が今年最高の視聴率17・8%を記録した(関西地区=ビデオリサーチ調べ)そうです。
たかじんさんが 1/3に亡くなって7カ月あまり、いまでも「たかじん」の名を冠して視聴率も13%台をキープし好調です。日曜午後という時間帯ですから、驚異的。

もっとも、そろそろ「たかじん」の名を外そうかと考える人たちには、高視聴率が悩みの種でもあるらしいのですが。

|

そこまで言って委員会、辛坊治郎氏復帰

読売テレビの人気バラエティー番組「たかじんのそこまで言って委員会」(日曜・後1時30分)の司会が、山本浩之フリーアナウンサー(52)から辛坊治郎キャスター(58)に交代することが21日、同局から発表されたそうです。24日放送分で山本アナは副委員長を卒業し、9月7日放送分から辛坊氏が復帰。
山本アナは辛坊氏に代わって、昨年6月から副委員長に就任していました。このままずっと行くのかと思っていましたが、今は亡きたかじんさんが、「ヨット事故を経験して“生まれ変わった”辛坊君がまた委員会やったらどんな感じになるんかな。見てみたいな」と希望していたことから復帰が決まったそうです。

|

こんなソフトがあるんだ

入院したとき、保険会社からもらった入院保険金請求書を病院に提出したところ、手書きでなく、パソコンで作成した書類で返ってきました。
どうすればこんなことができるのかな?と思っていたのですが、最近、こんなソフトを見つけました。
<市販の用紙や申請書類など、紙のフォーマットに“ピッタリ”合わせて印刷することができるから、これまで手書きするしかなかった紙の資料も、パソコンで簡単に作成できます。PDF・画像の取り込みにも対応しているから、ホームページ上にPDFで公開されているPDF書類にも書き込めます。

こんな時に便利
•役所の書類や確定申告など、定型の書式をきれいに書きたい
•何度も提出する書類に同じ内容を繰り返し手書きしている
•定型書類の記入欄が狭くて手書きでは書き切れない
•お客様からもらったフォーマットをパソコンで記入したい>

スキャナーで書式を取り込めば、あとはパソコンから文字入力できるようですから、たしかに便利でしょう。
私はそんなに使う機会がないのでいまさら購入しようとは思いませんが・・・

|

08/21/2014

ガイドブックに間違い?

上町台地の偉人巡りの参考にした本の1冊、実業の日本社のガイドブックに現在の姿とは違うところがありました。近松門左衛門の墓がある誓願寺には、武田麟太郎の文学碑があるのですが、表門の写真に「左は武田麟太郎の文学碑」と解説してあります。 現在、文学碑は門の内側にありますので、残念ながら写真には写りません。

<P.S (8/21) 気になって調べていたら、表門の外側に設置されていたのかなと思える写真を見つけました。現在は門の内側にあるのですが、何らかの理由で移設されたのかも? ということで文章を一部書き換えました>

そういえば、昔、「大阪新発見散歩」(昭文社)を執筆したとき、山川出版社の「新全国歴史散歩シリーズ/大阪府の歴史散歩 上」が、阿部王子神社と安倍晴明神社の境内の写真を差し替えるミスを犯しているのを発見したことがあります。神社の人に見せると、「これは写真が入れ替わってますなあ。いままで誰も指摘してきた人はいませんでしたよ」と驚いていました。間違った記述は新聞だけではありません。現地調査すれば、いくらでも間違いがあります。著名な本に書いてあったからと、 信じないことですなあ。

|

竹田出雲の墓

道頓堀・竹本座の興行主として手腕を発揮した18世紀前半の浄瑠璃作家・竹田出雲。人形・音曲・脚本を統合した文楽を完成させ、人形浄瑠璃の原形をつくりました。
その墓は、谷町筋・天王寺区民センターの角を西に曲がって150m、大阪夕陽丘学園高校正門にぶつかったところで、その向かいの青蓮寺にあります。
正門から入って、墓にお参りした後、出ようとしたら門が閉まって出られません。ご住職さんに通用門を開けてもらって出ました。いつも正門は閉めていますが、きょうはたまたま法要のため開けていたそうです。

Sp1090489


|

曽根崎心中 お初の墓

上町台地の偉人巡り、高津宮の東側にある本経寺(ほんきょうじ)で、江戸時代に活躍した浄瑠璃太夫・豊竹若太夫の墓にお参りしたあと、隣の久成寺(くじょうじ)の前を通ると「曽根崎心中 お初墓所」の石柱が・・・。そういえば、近松門左衛門の「曽根崎心中」の主人公はお初と徳兵衛、実話がモデルになっています。
お初は天満屋の遊女で、天満屋が久成寺の檀家だったことからここに墓が建てられました。2002年、お初の300回忌にあたり、住職が再建しました。

なお、久成寺は52年前から、大相撲大阪場所の高砂部屋宿舎になっています。かつては中寺町から下寺町(天王寺区)にかけての多くの寺院が、大阪場所中の宿舎になっていましたが、近年は分散し、現在ではこの久成寺だけ。

レモン2個供えられていた梶井基次郎の墓は、ここから南に100mほどの常国寺の墓地にあります。

Sp1090367


Sp1090368


|

08/20/2014

きょうから〈古文書からみる大阪講座〉

くずし字解読を中心に、古文書の基礎的なことを学ぶ、2時間×6回の講座です。テキストは、江戸時代の大坂で瀬戸物商を営んでいた平野屋家の文書。当時の大坂の歴史も学ぼうという欲張り講座です。
希望者多数につき、抽選で選ばれた40名が出席しました。
講師は、奈良県立大学の野高教授。
講座の目的は、「江戸時代のくずし字が読め(判読)、意味を理解する(解読)」。

書道のたしなみもゼロ、単なる興味で受講しているのですが、面白いですねえ。
例えば、次のような「くずし字の特徴」を聞いて、へー。
1) 正字(旧字)が使われる。 ま、これは当たり前。
2) 当て字が多い。漢字は単なる符号、意味はなく、発音だけ借りることがある。例:鳥渡=渡り鳥ではなく、単に「ちょっと」。
3) 異体字(画数の多い字は、一部を抜かす。嘉永年間の嘉→七の下に加、時→日の右に寸)やおどり字(松→木の下に公)がある。
4) 文字の形が変わる。
5) 1つの文字に複数のくずし方がある。
6) よく使う字ほど、くずれる。
7) かな文字がむずかしい。

|

08/19/2014

大阪文化発祥地 上町台地に偉人を訪ねる(中央区編)

今回紹介するのは、近松門左衛門墓、井原西鶴墓、武田麟太郎文学碑、薄田泣菫詩碑、5代目桂文枝碑、北野恒富筆塚、梶井基次郎墓です。
訪問するとき便利なように、目印となる映像も入れました。

3分間で早わかり! 大阪文化発祥地 上町台地に偉人を訪ねる(中央区編)
http://youtu.be/J1PRDuPC690


Sp1090357_2


|

梶井基次郎の墓にはレモンが2個供えられていた

8/15、上町台地の偉人巡り(墓と顕彰碑)の途中、常国寺の梶井基次郎の墓にお参りしました。墓には代表作「檸檬」にちなんでレモンが2個備えられていました。

Sp1090357


|

きょうはインクの日

きょうは俳句の日(819)でもあり、インクの日(19)でもあります。
インク切れの予告表示が出たので注文することに。前回ゴールデンウィーク初日に切れて、楽天の某店に注文し、1週間ちかく届かなかったのに懲りて早めに。今回、同じ店に発注しようとすると、「完売しました」。なんじゃそりゃ。最近、互換品ばかり買っていたのですが、まだ買ってから2年のプリンター用インクがないなんて。そこで別の店を探していたら、なんと互換品のサプライズ価格とほとんどかわらない値段で純正品を売っている、大阪駅隣にも巨大店舗を構える有名電気店があるではありませんか。しかもきょう配達してくれて送料無料。さっそく注文しました。
お届け先入力時、郵便番号から町名まで自動的に入力されるのはあたりまえですが、そのあと番地、号、マンション名まで選択肢として画面表示されたのにはびっくり。

|

壇蜜が出てきた!

けさの「花子とアン」、白蓮の家に押しかけてきたなにやらいわくありげな色っぽい女は壇蜜さん。さてこの女はいったいだれなのでしょう。
彼女のインタビュー番組をみると、そんじょそこらのタレントと違って、口から出てくる言葉が哲学的と言うか、考え抜いた発言と言うか。

そんな彼女の原点を探る番組が、8/13 NHK BSPで放送されました。
「青春ブレイクスルー/第1回 29歳の大逆転・壇蜜」です。
番組ホームページにこう書いてあります。
<いま様々な分野の第一線で活躍する人たちには、その道に進むきっかけや大人になる転機があった。人生の歩みを決定づけた、いわば「青春の原点」だ。この番組は、そうした各界著名人の原点となった印象深いエピソードを本人のドキュメントやインタビューとドラマで浮かび上がらせていく>。
<第1回「29歳の大逆転・壇蜜」
30歳近くになってグラビアアイドルとして遅咲きデビューし、ドラマなどでも活躍、いまテレビで見かけない日はないほどの人気を博す壇蜜(33歳)。大学では英米文学を学ぶ“普通の女の子”だったが、就職活動で打ちのめされ、その後20代は模索が続く。どんな日々を送り、どのようにして今に至ったのか。20代後半での“命がけ”の旅立ちまでをたどる>。

録画しただけでしたので、きょう観ることにします。あすからの「花子とアン」にそなえて。

|

08/18/2014

道頓堀の盆踊り 動画編


3分間で早わかり! 道頓堀川盆踊り2014 08 17

http://youtu.be/mbzRq3j8T9I
P1090453


|

道頓堀の盆踊り

8/17に道頓堀川で盆踊りが行われるという記事を読んで、「大きな広場があって、中央にやぐらを組めるような場所でもないのに?」と思って、興味津々でかけてきました。もっとももうひとつ、最後の「グリコ 5代目ネオン」を見たいという気持ちもあったのですが・・・
行ってみてわかりました。なるほどねえ、こういう手もあったか・・・川の両側の散歩道「とんぼりウオーク」と川に突き出たステージを作ってうまく使っています。
(あとで動画をアップします。youtubeへのアップに時間がかかっています)。

|

08/17/2014

戎橋筋商店街の演技物イルミ

道頓堀のグリコのネオン最後の姿を見るために、通った戎橋筋商店街。アーケードの天井から楽しい演技物のイルミネーションがぶら下がっています。

ホームページを見ると、
<戎橋筋商店街の夏の装飾「縁起物イルミ」。今夏は、「えびたん」「打ち出の小槌」「招き猫」に加え、 新たに「宝船」と「合格絵馬+だるま」が登場!
商店街内の柱には、風鈴や夏の飾り・縁起物を付けた福笹をつけ、通る方に福を降らせます>。

なかなかいいアイディアですね。

Sp1090471


Sp1090436


Sp1090435


|

グリコ5代目ネオン 最後の日  その2

道頓堀のグリコのネオン、外人観光客にも大変な人気です。戎橋の上で両手をあげ、ネオンをバックに万歳するために道頓堀に来る外人が少なくないとか。
ところであのネオンをじっくりご覧になったことがあるでしょうか。実は、背景のデザイン、色を変えて朝から翌日の朝までの1日を表現しているんですね。
そこで、見納めになるきょう、頑張ってその1日分を動画に撮ってきました。19:16、点灯直後の映像です。きょう22:00を持って、このランナーの姿は永遠に見られません。

3分間で早わかり! グリコ5代目ネオン最後の日2014 08 17
http://youtu.be/EnSZQ1Sek4A

P1090462


|

グリコ5代目ネオン 最後の日  その1

最期の日くらい、じっくり見てあげなくては・・・と、井原西鶴の墓、薄田泣菫の詩碑等をまわった後、道頓堀へ。
先日、NHKの「グリコ看板リニューアル」報道に、くくるの長尾社長が、「グリコの看板に勇気をもらい、<店を出すならグリコの看板のそばに>と出店し、頑張ってきた」と話されていたのを思いだし、系列の「コナモンミュージアム」で腹ごしらえ。
18:30、19:00・・・待てど暮らせど、グリコのネオンは点灯してくれません。
斜め下を見ると、新聞社のカメラマンが、若い女性をモデルに、最期のネオン(点灯はしていませんが)をバックに写真を撮影しています。あすの朝刊に掲載されるかな。女の子は「いい記念になりました。ありがとうございました」とお礼を言っていました。プロのカメラマンに偶然写真を撮ってもらうチャンスなんてめったにないでしょうからね。

Sp1090442


Sp1090457


|

動画 大阪・高津宮

3分間で早わかり! 大阪・高津宮(こうづぐう)

http://youtu.be/Vx9J9Cjqn1k
P1090306_2


|

高津(こうづ)宮

近松門左衛門の墓から谷町筋をわたって南西方向に500mほど歩けば、仁徳天皇を祭る高津宮です。絵馬堂には、仁徳天皇が高津宮から民のかまどの煙を眺めたという伝承の絵もかかっていました。もっとも昔の高津宮は大阪城の近くだったそうですが・・・。

古典落語「高津の富」や「高倉狐」「崇徳院」をはじめ多くの上方落語に登場するのが高津宮。境内に5代桂文枝の碑があります。
文楽「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」のクライマックスは、高津宮の宵宮を背景に起こります。
絵馬堂のそばに相合坂(横から見ると二等辺三角形、両側から上り頂点でぴたりとと出会うと相性がいいといわれる)西坂(旧縁切り坂。形状が三下り半になっていたため縁切り坂と呼ばれていた。いまは悪縁を絶つ坂として知られる)があります。「高津の西坂で悪縁を断ち、相合坂で良縁を結ぶ、お悩みの方はぜひお試しあれ」
表参道には、美人画の大家・北野恒富の筆塚もあります。

写真は、「大阪市歌(1921)に歌われた高津宮」(公募、審査員は森鴎外、幸田露伴等)、「仁徳天皇の絵馬」、「縁切り坂と相合坂」、「文枝の碑」。

Sp1090304

P1090306

Photo

Sp1090316

|

田舎のネコと町のネコ

8/16に大阪市立自然史博物館で開催された講演会に参加しました。講師は、琉球大学理学部の伊澤雅子先生。九大-北九州市立自然史博物館学芸員-琉球大という経歴の方。学生時代からネコの生態を研究しています。
環境によって自分たちの生活を柔軟に変えることができるネコ、町中から草原までそれぞれに違うノネコの暮らし方、これからネコとどうつきあえばいいのか等、興味あるお話でした。ネコ科とイヌ科の違いもおもしろかったですね。

|

08/16/2014

長居植物園の愛の鐘

いつも見ているのですが、夏の花も鮮やかできれいです。

Sp1090370


|

大阪と東京のセミはこんなに違う

数日前、産経新聞の記事を紹介しましたが、大阪のセミはほとんどクマゼミです。
「都市の自然」展に詳細データが展示されていました。世界各都市のセミの種類の円グラフです。大阪のグラフで黒はクマゼミ、赤はアブラゼミを表しますが、大阪の長居公園ではなんと99%がクマゼミです。一方、東京にはクマゼミはいません。主力はアブラゼミです。

Sp1090394


P1090393


|

セミの抜け殻10万個

自然史博物館の特別展「都市の自然」に、セミの抜け殻10万個が年度別、セミの種類別にビニール袋に入れて展示されていました。

Sp1090398


|

お花のフラッペソフト

長居公園の「花と緑と自然の情報センター」の喫茶で食べた「お花のフラッペソフト/イチゴミルク」です。
テーブルに運ぶまでに、倒れてしまいそうでヒヤヒヤ。

Pict0001


|

近松門左衛門の墓を探して 2

さて谷町7丁目交差点を左折して100mほど、エネオスのガソリンスタンド手前に再び近松門左衛門の墓の看板がありました。墓は人ひとりやっと通れるくらいの細い路地の奥にあります。
日本人ならだれでも知っている近松門左衛門、解説には「日本のシェークスピア」と書いてありました。その人の墓にしてはいささかみずぼらしい印象です。有栖川有栖さんが、講演の中で「大阪は作家を大切にしない」とぼやいていたのも分かる気が・・・
偉人の墓にお参りする今回の企画、トップバッターとして手を合わせてきました。

Sp1090285

P1090276


|

醍醐さんのプロポーズ

視聴率トップを独走中の「花子とアン」、今週は歩くんが疫痢で亡くなるという悲劇がありましたが、最後は醍醐さんが兄やんにプロポーズという明るい話題で終わりました。
ところで醍醐さん役の女優さんは、高梨臨(りん)さん。先日、NHKの午後の番組にゲスト出演していましたが、さわやかできれいな方ですね。ドラマでの醍醐さんよりも、さらに感じのいいタレントさんでした。顔の印象もかなり違ったなあ。ドラマでいつも大きなリボンをつけていますが、小さいころから好きだったため、ご本人のリクエストだそうです。

|

近松門左衛門の墓を探して 1

上本町4丁目から楠木通を谷町7丁目に向かって歩いているとそんなに広くもない道路の真ん中に、楠木に囲まれた小さな祠が・・・ああ、これが楠木大神かと思ってふと道路の反対側を見ると、看板が。近づいて見ると大阪市教育委員会が作った「史跡 近松門左衛門の墓」の看板です。実際の墓は交差点で曲がってさらに100mほど先、この場所からは全然見えませんし、ここから入れるわけでもありません。どうしてこんなところに作ったのかはなはだ疑問。よくよく見ると左下に小さく付近図があり、実際の場所までのルート案内になっているようです。
もっとも字が薄くなってよく見えないのは、評判が悪くて消したためかもしれませんが・・・

Sp1090264


|

08/15/2014

報道ステーションの視聴率が20%を超えたわけ

先週の週間視聴率ランキングは、台風報道のNHKニュースがベスト20に3本も入るなどいつもとはちょっと違っていました。トップは相変わらず「花子とアン」。「軍師官兵衛」も7位と健闘しています。ニュースが3本入ったおかげで、順位は落としましたが。

もうひとつ注目すべきは、5日の「報道ステーション」が異例の20%を超えたこと(関西20.9%、関東16.2%)。この理由を産経新聞8/15付はこう解説しています。
<同日付朝日新聞「慰安婦問題検証」報道に対する反応・対応への期待が数字に表れたと思われる>
同じ朝日系列のテレビがどう伝えるのか、強い関心を持った人が多かったようです。コメンテーターは朝日の現役記者ですし・・・。しかし産経記事はこう続けます。
<もっとも、番組内でこの件について最後まで触れられることはなかった>。

朝日と同様に誤報・主張を繰り返してきた毎日新聞系列のTBSも知らん顔を決め込んでいるようです。20年前から一番熱心に朝日報道を批判してきた産経新聞系列のフジ、2年前「慰安婦問題は朝日の誤報が原因だ」と何回も名指しで批判した読売新聞系列の読売・日本テレビはそれぞれワイドショウー等で30分以上かけて詳細に報道しました。こんなところにも新聞とテレビの結びつきが反映されています。

|

08/14/2014

「狂気の戦場 ペリリュー~“忘れられた島”の記録」その2

こんな生々しい記録映画フィルムをよくぞ探し出せたものです。今年5,6月に、NHKが米国立公文書館や海兵隊基地の倉庫で発見した貴重な13時間分のフィルム。日本側、米国側の多くの関係者が実名で登場し、「墓場まで持っていく」とインタビューを拒む生存者を説得して撮影した映像や丁寧な取材には驚きました。よくこんな番組が作れたものです。しかも70年も 経った今ごろになって。

悲惨な戦争に巻き込まれないためには、どうすればいいのでしょうか。平和を願うわが国に攻撃の意志がなくても、隙あらば攻撃してこようとする国があります。結局、相手が戦う気を起こさないような抑止力を持つことしかないのかもしれません。(完)

|

「狂気の戦場 ペリリュー~“忘れられた島”の記録」その1

08/13 NHK GTV「NHKスペシャル」 

終戦記念日にふさわしい番組がNHKから次々放送されています。しかも70年も経って新たに新発見された事実の多いことに驚きます。「山本五十六の戦争を回避しようと最後まで苦悩したことを克明につづった親友との書簡」「シベリア抑留者に数百人の日本人女性が含まれていた事実」、そして今回の「忘れられたペリリュー島の戦闘」。

これほど生々しいカラー映画と生き残った当時の日米兵士、米カメラマンの証言で綴った悲惨な記録は見たことがありません。ペリリュー島でこのような激しい戦闘があったことも初めて知りました。70年も経った今になって、このような貴重な映像が出てきたことに驚きを隠せません。

憎しみが憎しみを呼ぶ地獄のような狂気の戦場、ペリリュー島での戦闘を伝えるカラー映画と証言の数々は、目を背けたくなるものばかり。17人の日本兵を銃殺した元米兵が淡々と語る当時の経験や、日本兵を殺したあとポケットから家族の写真を見つけて茫然自失になった米兵の映像、戦場で錯乱状態になってわめく米兵、日本兵に気付かれないようわめく味方を殴り殺したとの証言・・・。74日間に及んだペリリュー島の戦闘は、日本がバンザイ突撃から持久戦に切り換えた初の戦いであり、アメリカ軍が150mも届く火炎放射器や1000℃であたりを焼き尽くすナパーム弾を初めて使用、これが後の焼夷弾へとつながります。日本兵1万人のうち生存者わずか34名、米海兵隊の最精鋭部隊の死傷率も史上最悪の60%というあまりの犠牲者の多さと過酷さから、今日までほとんど語られず、「忘れられた戦場」と呼ばれてきました。日本兵の生還者がわずかだったため、語られることがほとんどなく、米国にとっても「不名誉な戦い」とされ顧みられてこなかったことも「忘れられた理由」だそうです。あらためて戦争の怖さをストレートに教えてくれる貴重な映像でした。

|

大阪のセミ 97%がクマゼミ

昨日の産経新聞 夕刊に「シャッシャッシャッ 実は大阪名物」という記事が載っています。 大阪市内のセミは97%がクマゼミ、一方東京や他都市ではジリジリと鳴くアブラゼミが中心。大阪府全体でもクマゼミは74%、アブラゼミは24%です。ただ、大阪府内でも万博公園ではアブラゼミ75%、クマゼミ14%、ニイニイゼミ10%、ツクツクボウシ1%だそうです。 大阪市内もかつてはアブラゼミが主力でしたが、昭和50年代後半を境に逆転しました。

その理由について、いろいろ推論が書いてあるのですが・・・そのひとつが、クマゼミの幼虫の特技。「大阪の市街地は、気温の上昇や土壌の乾燥で土が硬く、アブラゼミは掘り進めないが、クマゼミは進める。クマゼミにとって有利な環境に変わった」というもの。 夏休みのセミ採りでアブラゼミしか採れない方は、大阪にお出でください。クマゼミだらけですので。

|

安部首相の毎日新聞批判

けさの安部首相のFACEBOOKを読んでいたら、毎日新聞を批判していました。

論説副委員長が首相の長崎と広島でのあいさつの中の「人類史上唯一の被爆国」と言う表現を批判したそうです。昨年の「私たち日本人は、唯一の戦争被爆国民」の「国民」が「国」になり、「民」が消えたのはけしからんと。
村上春樹まで引用し、「世界のあちこちで「民族」「自衛」「宗教」「経済発展」といったもっともらしい装いをまとい、国家や組織が自己増殖しつつある。そして、個が押し潰されそうな息苦しさが広がっている」と安倍政権の方向性を解説しているのだとか。

これに対して、首相は、「昨年<被爆国民>の述べたことに対して、<被爆したのは日本人だけではない>との指摘があり、<被爆国>とした。官邸に取材したらすぐわかるのにまったく取材なしだった」と書いています。
さらに首相は、「因に民主党政権も含め、歴代の首相も「被爆国」と述べてますが、中村論説副委員長は、これまでは、全く気にならなかった様です。その際には個が押し潰されるとは感じなかったのでしょうか。何年も続いている式典について記事を書く際は、過去はどうだったか丁寧に調べられると良いと思います」と皮肉っています。

毎日新聞は、こんなくだらない記事を書く暇があれば、朝日の後追いでせっせと流し続けて訂正してこなかった嘘八百の慰安婦誤報記事を検証すべきですね。

|

BS1スペシャル 女たちのシベリア抑留

08/12 NHK BS1 
シベリア抑留で悲惨な体験をされた方のなかに、数百人の日本女性がいたことを知りました。従軍看護婦、開拓団員、満州の企業のタイピスト・・・極寒の地で強制労働され、餓死したり、小銃を突きつけられて逃げまわったり、なかにはでっち上げられた国家反逆罪で処分された人も。NHK BS1スペシャル「女たちのシベリア抑留」が伝えていました。生存者が、苦しかった当時を次々語っていました。
シベリア抑留者のなかに女性がいたことは初めて知りましたが、私の周りにもかつてシベリアから帰還した男性はいました。小学校の先生や職場の先輩の中に。

思想教育の話も出てきましたが、当時のソ連は洗脳がうまくいった日本人から帰国させ、日本で労働運動を広め、日本への影響力を強めようとしました。帰国の条件としてスパイを強要したことも。
日本に帰っても、自分は受け入れてもらえないと帰国を拒否し、ソ連に住み続けて亡くなった女性の村を取材したビデオも流れました。彼女はスパイとされ、「死者の墓場」と呼ばれた苛酷な強制収容所で5年過ごし、その後、ロシア人と結婚しました。現地人からも親しまれていたようですが、自分の過去は話さなかったようです。

|

08/13/2014

田舎のネコと都市のネコ、セミの抜け殻10万個

イベント情報を入手するのにいつもチェックしているのが、NHKの文字放送。そこで見つけたのが、大阪市立自然史博物館の講演会「田舎のネコと都市のネコ」。ネコに特別思い入れがあるわけではありませんが、NHK「世界のネコ歩き」で山口の海で筏に住むネコの親子を見たり、天王寺7坂の口縄坂や安居神社で多数のネコを見かけるなど、最近ネコづいていますので、少々気になるテーマです。どんな話が取り上げられるのでしょう。講演者は大学の先生です。
「都市の中の自然」を扱った展示会も開催中で、セミの抜け殻10万個も出品されています。大阪市のセミは、他の都市と違って97%がクマゼミですから、クマゼミの抜け殻でしょうか。

|

誰よりも戦争に反対した男、山本五十六   その2

二人は海軍内で孤立し、堀は海軍中将で 予備役に編入され田舎へ、山本も政治を司る中央から連合艦隊司令長官へと出されます。アメリカとの開戦に最後まで反対しますが、上からの命令には背けません。無念さと無力感に満ちた堀への手紙が、彼の苦悩を伝えています。
組織と自分の信念が食い違ったとき、どう行動すべきなのか、幸い私には経験がありませんが、当事者にとって大きな悩みになるでしょうね。

アメリカ軍の真珠湾攻撃の検証報告に、「日本軍の攻撃は計画・訓練・ 経験ともすばらしく、真珠湾攻撃はとてもうまく実行された。空からの攻撃が卓越している」。米海軍大学校教授も「山本五十六を高く評価する。空母と航空機の価値を見抜き、世界に先駆けて敵の船を攻撃するのに、航空機が最も有効と気づいた。先見性がある」。アメリカが戦争後、敗戦の原因を徹底的に検証し、膨大な報告書にまとめて自国の体制を速やかに改善したのに対し、日本は勝利に浮かれ何ら反省していなかったという、どなたかの指摘に同感です。これでは進歩がないどころか、相手に逆転されて当然です。アメリカのシステム的思考は見習わなければなりません。

いろいろ考えさせられる内容でした。現在も、世界各地で戦争が起きています。わが国の隣にも、危ない国が複数存在します。こちらがなにもしなければ、攻撃してくることはないと言えないだけに厄介です。(完)

|

誰よりも戦争に反対した男、山本五十六  その1

08/12 NHK BS1「BS1スペシャル 山本五十六の真実」 
戦争の時代に生きた、江田島海軍兵学校の同期・山本五十六と掘悌吉、ふたりの苦悩と友情を、新たに公開された手紙をもとに取り上げた、重い内容の感動的な番組でした。二人が戦争反対の立場に立って行動したこと、結果的に開戦が避けられなくなり、山本が悩みながらも真珠湾攻撃を立案していく様子が、堀あての手紙からよくわかりました。

山本も堀も戦争回避に奔走します。二人は、ともに海外生活の経験がありました。掘はパリでヨーロッパ文化を吸収し、国家が総力戦で戦うことの悲惨さを見聞しました。山本は、アメリカで油田や自動車工場を視察、アメリカの資源や国力を目の当たりにし、とても長期戦で勝てる相手ではないと痛感します。ドイツと軍事同盟を結ぼうとする陸軍に「英米が経済制裁をすればどうなるか」と反対しますが、結局三国同盟が結ばれます。

|

08/12/2014

来週の行事

8/20から「古文書解読講座」が始まります。もっともさっぱりついていけない可能性大? 初心者向きと書いてあったのを信じて申し込んだけど心配。
8/21は病院で手術後7カ月検診、8/24は百田尚樹さんの講演会「私の愛する大阪」です。
8/22は関西テレビのアナウンサー朗読会(9/7)の当選発表の日。忘れないようにチェックしなければ。一昨年は当選し、スタジオ観覧しましたが、去年は落選。演出はいつもわかぎえふさんです。

|

天王寺7坂/天神坂

「天王寺7坂/天神坂」
有栖川有栖さんの「幻坂/天神坂」は、天神坂の料亭に心霊現象専門の私立探偵と女性の幽霊が現れる短編ですが、真夏の真昼間でしたのでそんな女性は見当たりませんでした。料亭らしきものも、もうありませんでしたね。

3分間で早わかり! 大阪・天王寺7坂(天神坂)

http://youtu.be/O9XYQfZWO-8

P1090208


|

真田幸村戦死の地 安居神社

四天王寺西門から逢坂を西に下ったところ、一心寺の向かいにあるのが安居神社(安居天神)。菅原道真が大宰府に流されたとき、荒れた海が穏やかになるを待った場所です。真田幸村が最期を遂げたのも、この神社の境内でした。境内に入ると、多くの猫が迎えてくれました。
天王寺7坂のひとつ、天神坂は安居神社の北の石段を下りたところから始まります。

3分間で早わかり! 真田幸村戦死の地 安居神社

http://youtu.be/sftHdAQPLW8

Sp1090177_2


|

08/11/2014

そこをなんとか 2

08/10 NHK BSP 第2回

前回シリーズ(2012年)からのファンです。本仮屋ユイカさん演ずる「貧乏生活脱出のため、キャバクラで働きながら弁護士になった異色の経歴の持ち主」改世楽子、一獲千金を夢見る女性なのに、なぜか金儲けとは無縁の弁護活動に、いつものめり込んでしまいます。爽やかでテンポが速く、相談者のために一生懸命尽くす楽子、今シリーズも頑張れ!
今シリーズは毎回2つの相談を解決するようです。第2回は、「楽子がお世話になった大家さん(ミッキー・カーチス)が突然亡くなり、その資産を巡る遺産相続問題」と、「小学校教師溝口栄子(すみれ)が、不倫関係にある男の子供を妊娠、その認知騒動」。どちらもやっかいな問題ですが、かけもちで解決に奔走する楽子のおかげでどちらも落着。よかったですね。痛快なストーリーが楽しめました。
魅力的な行動派、楽子なのに、恋の方はいまひとつ。ホームページの脚本家のことばによれば、「今回は、お仕事ドラマの要素の他に、楽子に恋をさせるという命題が与えられました」という一文があります。これは楽しみです。ただし、相手が東海林先生(市川猿之助)の後に入ってきた怪しげな西別府(井上芳雄)ではありませんように。
本仮屋さんの明るく、颯爽とした演技に、朝ドラヒロインだったころの本仮屋さんの姿を思い出します。

|

軍政は何をもたらすのか ~タイ 農村改革の行方~

08/09 NHK BS1「ドキュメンタリーWAVE」  

タイのクーデターのニュースは知っていましたが、その背景や現在なにが起きているのか、まったく知りませんでした。いままで無関心だった私にも、事情がよくわかる番組でした。今後、タイのニュースが流れると、関心を持って観ることでしょう。
タイの政治混乱の原因は、タクシン-インラックと続いた農民への手厚い保護政策をめぐる農民派と国旗派の対立。インラック前首相は米の買取価格を市場価格の1.5倍にしました。年間1兆円の出費です。汚職も多発しました。しかも買取価格は品質無視の重量だけ。
都市に住む孫娘と農村に住む祖父の対立に、興味を引かれました。孫娘は、「買取り政策はなんの解決にもならない。難しいが、新しい農業政策が必要。おじいちゃんは政府に騙されてきた。米の輸出価格からしたらうまくいくわけない。国にとって正しい解決にはならない。予算もないのに高値で買うなんておかしい。素晴らしい政策なら昔からやっているはず」と正論を述べます。一方、祖父は「米の買取り政策はなんとしても続けてもらわなければ困る。政府も承知の上、赤字覚悟で農民を助ける政策だ」。
日本の農業優遇政策が、結果的に日本農業の弱体化を招いてきた現実がオーバーラップします。
クーデターを起こした軍部が、「治安を回復させ、できるだけ早期に民政に戻す」とし、農村を回って、話合いや音楽隊の演奏、演芸等行いながら、クーデターに不満を持つ農民との和解を進めていることに、少しほっとします。
「微笑の国タイ」を早く取り戻してほしいものです。
「ああ、また軍部によるクーデターか」と思っていましたが、殺し合いを止めさせ、民主的な政権を樹立するための一歩なのでしょうか。今後の推移に注目したいと思います。

|

NHKスペシャル 60年目の自衛隊 現場からの報告

08/10 NHK GTV

ふだん聴けない自衛官の考えを引き出そうとする番組でしたが、当然ながら模範的な回答ばかりで、あまり新鮮味は感じませんでした。ただ、自衛隊が日本という国、国民を守ろうという高い志をもっている組織だということは伝わってきました。
自衛隊幹部OBが「私たちの頃は、ひとつもよく言われたことがなかった。同世代の日本青年の<恥辱>とまで言われて」と、かつて大江健三郎氏が自衛官の人格を全否定した発言を引用していました。悔しかったでしょうね。私なら、そんなに日本が嫌いなら、出ていけばいいのにと言いたいところですが、それでも「大いなる精神は、静かに忍耐する」という言葉をかみしめ、任務を遂行してきたそうです。こういう方が日本を守ってくれているのですね。感謝しなければバチがあたります。そして、その言葉は、いまの陸上自衛隊幹部学校でも伝えられている・・・
無法国家がいつ攻めて来るかもしれないのに、無防備を主張し、集団的自衛権に反対するする人たちがいます。こちらが何もしなくても威嚇し、領土を奪おうとする国が現存することにどう対処するのか、その代案なく無責任なことは言って欲しくない。
海外派遣も自衛隊の重要任務です。東チモールが、日本の自衛隊が現地の人と相談しながら進めるやり方を評価し、導入を進めています。「現地目線で」という日本独特の手法が、海外で高く評価されているのです。事前に、現地の映画、歌、母親が子供を寝付かせるときどんな物語を話すかといったことまで調べ、現地住民との信頼関係を築き、異文化を理解する・・・そうした自衛隊の地道な努力が、現地民から評価されています。イラクから恨まれたアメリカ兵とは違います。いかにも日本ならではの取り組みですね。
日本の国を命懸けで守ってくれている人たちへの尊敬と感謝を、忘れてはならないと思います。権力に反対することが自分たちの使命と勘違いしているマスコミのミスリードが日本をダメにします。今回の朝日新聞慰安婦捏造事件もそのひとつ。私は22年前の産経報道で朝日の嘘を知っていましたので、この20年間、朝日の社説や記事、キャンペーンをあきれて読んでいました。

|

08/10/2014

藤原家隆の墓を訪ねた

有栖川有栖さんの「幻坂」に収録されている「夕陽庵(せきようあん)」は、新古今和歌集の撰者で、藤原定家と並び称される鎌倉時代の歌人・藤原家隆を取り上げた短編です。
家隆は出家後、上町台地から大阪湾に沈む夕陽を眺めながら、その彼方にある極楽へいくことを望み、ここに夕陽庵をつくって過ごしました。
家隆の墓を訪ねようとしましたが、ふつうの地図には場所が記入されていません。大阪市の史跡案内の地図もおおざっぱすぎて、どのルートを歩けばたどり着くのかわかりません。そこでルート案内を兼ねた動画を作りました。これを見れば間違わずに到着するように。近くの道路に設置されていた地図も収録しました。「3分間で早わかりシリーズ」もこれで36本目です。

3分間で早わかり! 大阪・藤原家隆の墓
http://youtu.be/D1qb0j3Gvqk

P1090235

|

08/09/2014

女性登用推進で菊池桃子大臣誕生も!?

今朝の産経新聞を読んで、冗談かと思ったらそうでもないようですね。

<女性の活躍推進」を掲げる安倍晋三首相が9月上旬に行う内閣改造を巡り、焦点の女性閣僚候補選びを本格化させている。そんな中、短大客員教授も務めるタレントの菊池桃子氏(46)が先月から、森雅子女性活力・子育て支援相との意見交換を活発化し注目を集めている。菊池氏は知名度に加え、子育てとタレント業を両立。女性の社会進出を体現しているだけに森氏の後任候補として急浮上しているのだ。往年のアイドルが大臣として活躍の場を広げる日は来るのか>。

菊池さんはNPO法人「キャリア権推進ネットワーク」理事に昨年春、就任。自分の働き方を主体的に選べる「キャリア権」の普及を目指し活動する一方、母校の戸板女子短大客員教授として労働分野の講義も続けているそうです。
女性の労働問題への強い思いは、脳梗塞を患い左手足にまひが残る長女の子育てから培われ、平成24年には法政大大学院で雇用問題を専攻し、修士号を取得。学問や政策に対する関心は年々強まるばかりだ・・・と記事は伝えています。

|

ニッポンぶらり鉄道旅 オトナの湘南 江ノ電の旅

08/07 NHK BSP

普段乗ることのない地方鉄道の旅、映像をみているだけで楽しくなります。今回は江ノ電。さすが湘南、ウイークデイの朝早くから、夫婦そろってサーフィンを楽しんでいます。最近はパドルサーフィンが人気だそうですね。サーフィンのあと、スーツに着替えて会社に出勤だそうですからリッチな生活です、うらやましい限り。沿線の人々が、湘南の地を活かしながらそれぞれ人生を謳歌しているようでした。

イタリアンレストランのオーナーの畑に、30人ほどの主婦グループが集まって野菜作り。気分転換にいいことでしょう。気持ちのいい汗をかいた後、レストランでいま収穫してきた野菜を使ったランチとおしゃべり。贅沢な奥さん方ですね。

七里ヶ浜でフラダンスが盛んというのはおもしろい話題でした。夏祭りが、盆踊りと神輿とフラダンスのミックス。鎌倉はもともとフラダンスが盛んで、男性も踊るそうです。フラダンスが地域の絆作りに役立っているのでしょう。

海水浴場でライフセーバーのボランティアをしている若者が、「自分を育ててくれた湘南への恩返しです」と語っていました。
ナレーション「人生を懸命に生きてきた江ノ電沿線の大人は遊ぶのが上手」、ほんとうにそうですね。

|

美の壷 夏のカクテル

08/07 NHK BSP

「お酒に何かを混ぜれば立派なカクテル、というのが現代風」、そうだったんですか。
「一杯に魔法の技を」、「カクテルはキャンバス、深紅の泉に漂う白い蓮、小さなカップに色、形、香りの物語」・・・といった表現が、カクテルの魅力を伝えてくれます。トマトを遠心分離器にかけて皮や種を分離し、透明トマトジュースにして、見た目と味の落差を狙う斬新なカクテルなんて、あっと驚きます。

自宅のお客様に、お茶の代わりに深蒸し煎茶とゆず酒のカクテルを素知らぬ顔で出して、お茶と思ったら涼やかで甘い驚きというサプライズの提案、あっと言わせて会話が弾むのもおもてなしですね。

「氷を制する者はカクテルを制す」にもちょっとびっくり。シェイクは 単に酒を混ぜているのでなく、振ってできた大きな泡を氷が小さな泡にしているそうです。均一微細な泡は口あたりをクリーミーにし、味を柔らかにします。温度が高く緩い氷と温度が低く硬い氷の二つを使うこだわりも。硬い氷は角と角がぶつかって砕けますが、低温なので溶けて水にならず、表面に氷の粒々を浮かせます。緩い氷は液体を冷やします。フローズン一歩手前の美しいきめがカクテルの表面を覆います。砕けた氷をおおう微細な泡、キリリとしながらまろやか、絶妙のバランスです。こんなことまで考えられているとは、知りませんでした。

「ひと手間かければ心が通う」、これはわかります。ビールのように注ぐだけでなく、手間暇かけた料理と庭に植えたミントや野菜、果物を使って作ったおいしいカクテル・・・話も弾むことでしょう。

最後に草刈正雄さんが木村多江(声)さんに作ってあげた家庭で簡単にできるカクテル=氷アイスに白ワインを注ぎアイスをつぶす、なら私にもすぐ作れそう。今度やってみましょう。

|

08/07/2014

素晴らしい嫁入り

きょうの関テレ 夕方のニュースで、琵琶湖畔からベトナム ダナンに嫁入りした観覧車が稼働し始めた話題を取り上げていました。遊園地閉鎖後も、自費でメンテナンスをして我が子のように可愛がってきた90歳の元社長さん、 オープニングセレモニーに参加し、感激の再会を果たしました。サンホイールと名前を変えたイーゴスから眺めるダナンの夜景は素晴らしかったですね。現地の人にも大好評、1カ月たっても100mの行列ができているそうです。

|

ジプリ解体せず、鈴木プロデューサー

今朝のNHK「あさイチ」に出演した鈴木プロデューサーが、「一部マスコミで解体と言われているが違う。アニメの作り方を変えよういうこと。宮崎がやめると言ったのは長編。短編は。作りたい」と言っていました。早速、朝日Web版が流していますね。

|

食品だけではない、中国の危険

さっきたまたまネットで目にしたのが、「水槽に入れたら金魚が死んだ…中国産猛毒割り箸の恐怖」、週刊大衆の記事です。

<かねてから、中国産の食材は危険視されてきたが、それ以上に危険なのは中国産の割り箸。 上海のレストランで食事をしていた一般客が、割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁ったことから発覚。報告を受けた当局が調査のために割り箸を水槽に入れたら、元気に泳いでいた金魚が、ぷっかり浮かんできた>

<中国産の割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や、見栄えをよくするための漂白剤等が大量に使われている。しかも、ほとんど洗浄されずに出荷されているため、人体に有害な薬品がこびりついたまま>

<日本における割り箸の年間使用量は250億膳。その97%が中国産ということだから、他人事ではない>

<野菜や食肉といった食料品には、輸入時に検査があるが、工業製品である割り箸はフリーパス。日本では、"殺人割り箸"が日常的に使用されている危機的状況と言える>

割りばしの袋に、「中国産」なんて書いてないしなあ。

|

8/11の夜、伝助が登場

きょうの嘉納伝助さま、かっこよかったですね。蓮子が誘った屋台で酒を飲みながら、きっぱりとお別れ。さすが筑豊の石炭王です。郁弥が念願していた「王子と乞食」の単行本出版にも目途がつきそうです。伝助が、出版社&印刷会社立ち上げのための融資を銀行に依頼してくれたのです。軒先に咲いた勿忘草をみつめるかよ、これが郁弥との悲しい別れを忘れさせてくれればいいのですが・・・
そして・・・8/11の夜、夜なのに「あさイチ」が放送され、そこに嘉納伝助が出演するというサプライズ予告も。

|

次の朝ドラ主題歌は、中島みゆきさん

9/29スタートの朝ドラ「マッサン」の主題歌は、中島みゆきさんの作詞作曲による「麦の唄」に決定。ヒロインの故郷スコットランドをイメージしたバグパイプで始まる壮大な曲調だそうです。みゆきさんも「爽やかに仕上げたつもり。感激と恐縮で冷や汗を流しながらレコーディングしました」。楽しみです。

|

なぜテレビはつまらなくなったのですか?

08/05 NHK BSP「プレミアムよるドラマ おわこんTV」(6)
「終わったコンテンツ=おわこん」と さえ言われるようになったテレビ、その実態をドラマ形式で描くユニークで面白い番組です。毎回、楽しみに観ています。第6回は「どうしてテレビを見なくなったんですか?」。ブラック企業並の過酷な業務の中で、必死にテレビ業界を支えている人たちの実態が伝わってきます。

新米ディレクターがノルマといじめの重圧に負けてとんずら、テレビ局から怒りの電話を受けた弱小プロダクション「チョコレートテレビ」の社内は大騒ぎです。追い詰められたディレクターは、面白いバラエティを作るため、やらせをやろうとしていたらしい・・・。すべては視聴率、1%下がればCM料金が下がって、テレビ局には数十億円の損失がでます。見てくれなくては意味がない。映画と違って、面白くなければチャンネルを変えられてしまう。視聴者は待ってくれない・・・。結局、みんなが喜んでくれる番組を作るしかありません。
マンネリ化した番組は飽きられます。テレビの魅力を引き出せる面白い番組が求められます。このドラマ「おわんこテレビ」は、テレビ業界のタブーに斬り込んだユニークさが、人気の秘密でしょう。面白いところに目をつけたものです。

ディレクター失踪の原因が、逃げた同棲中の女性を追いかけて、思わず朝一番の電車に飛び乗っただけでよかった。こういう経験を経て、一人前のディレクターとして成長するのでしょうか。気分一新して頑張って欲しいですね。
ところで、NHK BSの開発番組には、はっとさせられるユニークなものが少なくありません。

|

08/06/2014

広島は雨・・・

NHK 総合TVを観ています。広島からの中継です。安部首相やケネディ大使などみなさんビニール合羽を着ての参列です。
私は広島(市内ではありませんが)で戦後生まれましたが、同級生の中には胎内被曝者として、被爆者手帳を持っている人もいました。
8:15 一分間の黙とうです。私も起立して哀悼の意を表しました。

|

今年もフルートのホームコンサート

知人から電話が・・・関東からプロのフルート奏者・須藤英二さんを彼の自宅(河内長野市)にお呼びして毎年実施しているホームコンサートの御案内です。
リビングルームに椅子を並べて20~30人で聴く生のフルート演奏。CDと違って、目の前2~3mから伝わってくる空気の振動にはほんとうに感激します。
さっそくスケジュール帳に記入しました。

次のサイトから癒しのフルートの音色が試聴できます。

http://ei1961.sakura.ne.jp/

|

有栖川有栖さんの本を借りてきた

図書館に「幻坂」を返却、有栖川さんの本がずらっと並んでいましたので、「妃は船を沈める」という本を借りてきました。
表紙を眺めていたら、著者の英文名は Arisugawa Alice なんですね。漢字は同じ「有栖」でも、姓と名で綴りが違うんだ。Alice なんて女の名前みたい。ご本人は、1959年大阪生まれ、同志社大卒のオジサンなんですが。
せっかく生の講演を先日、聴かせていただいたので、しばらく有栖川さんの本を読み続けることにしましょう。

宮部みゆきさんの「ペテロの葬列」も予約していますが、順番が来ません。いまテレビで放送中ですが、終了までに手にする可能性はゼロでしょうね。

|

正倉院フォーラム 2014 大阪

今年の正倉院展のみどころを詳しく説明していただけます。昨年参加し、大いに役立ちました。定員750名です。抽選に外れませんように。

https://mik2005.jp/shosoin/forum/osaka.html?from=os4

|

朝日新聞がやっと記事取り消し

慰安婦問題は朝日の誤報から生まれましたが、今ごろになってきょうの紙面で、1982年以降の吉田証言等の記事を取り消し、誤報だったことを明らかにしました。他紙も当時はこう書いていたとか、言い訳も目立ちますが、間違いとわかってから何十年もほおかむりをしてきたこと、おかげで日本だけが世界に類を見ない、女性の人権を無視した残虐非道の国であるかのようにみなされ、大きな外交問題になっていることをどうしてくれるんだ、と言いたいですね。一部マスコミの無責任な報道が招いた国難です。
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は5日の記者会見で、朝日新聞が慰安婦報道での誤報を一部認めたことに関し「客観的事実に基づく正しい歴史認識が形成されることを望んでいる」と述べたそうですが、まったくその通りです。

(追記 8/5 23:48)
自民党石破幹事長の記者会見
「検証を議会の場で行うことが必要かもしれない。真実が何かを明らかにしなければ平和も友好も築けない。書いた者として責任を果たしてほしい」(朝日新聞関係者の国会招致を求める可能性)
「糾弾するとかいう話ではなく、国民の苦しみや悲しみをどう解消するかだ。わが国だけでなく、取り消された報道に基づき、日本に怒りや悲しみを持っている国、韓国に対する責任でもある」
「地域の新しい環境を構築するために有効だとすれば、そういうこと(国会招致)もあるだろう」
「有力紙たる朝日新聞が吉田(清治)氏という人の証言に基づき、慰安婦問題を世論喚起し国際的な問題となってきた。それを取り消すなら、今までの報道は一体何だったのか。なぜ社会の木(ぼく)鐸(たく)、公器たる新聞が十分な裏付けもないままこういうことをしたのか、疑問が氷解したわけではない」。

|

08/05/2014

伝助は何をお願いしに来たのか?

きょうの「花子とアン」、いつもより30秒も早く「ごきげんよう」のナレーション、「あれ?」と思ったら、再びドラマの続きが・・・伝助には花子にお願いしたいことがもうひとつあったようです。なんだろう?
明日は広島からの原爆慰霊祭中継の後、8:35からです。

|

ハルカスと天保山登山の日帰りツアー

日本一高いビルと日本一低い(2番になりましたが)山の登山を組み合わせたバスツアーがあるそうです。
朝8:30に天王寺を出発し、ハルカス展望台ーWTC48階でランチバイキングー天保山登山(4.5m)-サンタマリア号で大阪湾45分クルーズ-15:30天王寺
というコースで、およそ8,000円。
夏休みで子供をどこかに連れて行かなくてはと悩むお父さん、お母さん向けでしょうか。

|

地球アゴラ/故郷の命を守る(1)集まれ!世界の熱血ドクター

08/03 NHK BS1

自治医大を卒業した医師が地元に帰って地域医療に取り組む姿、ザンビアやミャンマー等、無医村で医師の枠を超えた活躍をされている姿が次々紹介されました。在校生との討論もありましたが、みなさん使命感に燃え、頼もしく思いました。医師国家試験合格率99%で全国一というのもうなずけます。

女川の医師は「いつでも、どこでも、誰でも」をモットーに、住民との信頼関係を築いています。自ら船を操って、診療所が流された島へも診察にでかけるため、船舶免許も取得した・・・地域住民のためとはいえ、私生活を犠牲にした献身的な取り組みには頭が下がります。ザンビアの女性医師は、無医村の巡回診療を続けています。治療費や薬代はタダ。1年の半分を日本で働いて得た収入と寄付ですべて賄っているそうです。しかも地域医療スタッフの育成や、清潔な水が飲めるように、ろくな道路もない地域にまで重機を運んで井戸掘りを行っています。「人々の健康を守るために医師として自分に何ができるのか」、情熱のすごさには圧倒されます。しかも自分の生活を削り、現地の人を巻き込んで進めているのですから・・・すごい人がいるものです。

モンゴルやミャンマーで、日本の置き薬方式を採用しているという話題も取り上げていました。病院に行けない地域に置き薬を配布、月に一度医者が薬のチェック、補充と診察に訪問します。薬代は使った分だけ払います。こういう援助の仕方もありますね。

|

こだわりのコーヒーチェーン

08/03 NHK BS1 「BIZ+サンデー」

「米コーヒーチェーン ブルーボトル創業者へのインタビュー」:これぞおもてなしの心ですね。すばらしい。来年、東京に海外1号店を開店するそうです。

<産地や季節によって変わってくるコーヒーの個性を生かすのが私のやり方、コーヒー豆を煎る焙煎は、原材料から商品に変化させる重要な作業だ。そのコーヒー豆の持ち味、自然な甘さやフルーツのような風味を100%引き出せるように努力している。コーヒーのことを考えるとわくわくする。品質を守るのではない 保つのでもない、守ろうとした瞬間に進歩は止まってしまう。おいしいコーヒーを追求することをやめて、これまでの味を保つことを目的にしてしまうと、道に迷ってしまう、過去にとらわれて未来を見据えていないからだ>。
ブルーボトル創業者の発想の原点は、日本の喫茶店だった! 
<日本の喫茶店が、機械でなく手作業でコーヒーを入れるのを見て衝撃を受けた。その洗練と熟達と勤勉さには、本当に圧倒された。威厳があり厳粛で、とても大きな影響を受けた。その伝統を取り入れて自分流に表現するため、コーヒーの産地、畑までこだわり、豆の味を際立たせるため浅煎りにし、注文を受けてから曳く。豆の状態に合わせてお湯の温度を調節し、一杯ずつ手作業で抽出する>
深煎りの豆を使った作りおきコーヒーが常識だったアメリカではまさに常識破り。価格は一杯3ドル、他のチェーン店の1.5倍ですが、味への徹底したこだわりが受けたのも当然でしょう。

|

08/04/2014

コーヒーチェーン 店舗数ランキング

8/3のNHK BS1「BIZ+SUNDAY」で紹介していたコーヒーチェーンの店舗数ランキング(日本)です。

1  ドドール:1094店(1980年創業の老舗 、当時150円のブレンドコーヒーは現在220円)
2  スターバックス:1034店(世界最大のコーヒーチェーン、お馴染みのフラペチーノはフラッペとカプチーノを組み合わせた造語)
3  タリーズ: 555店(今年47都道府県すべてに出店達成)
4  コメダ:(名古屋発、モーニングセットが人気)
5  サンマルク: 356店
6  珈琲館: 284店
7  プロント: 211店(夜になるとバーに変わってビールも飲める)

トップのドトールを追い上げているスタバは、世界65ヵ国と地域に約2万店の世界最大のチェーン、高速道路のサービスエリア、慶応大学病院、太宰府天満宮、防衛省にも出店、各地から出店要請が相次いでいるそうです。

おもしろかったのは、こういったコーヒーチェーンとは違う新しいコーヒーチェーンの登場です。興味深い創業者へのインタビューについては別記事で。

|

記録的豪雨

台風12号による記録的豪雨と、痛ましい被害の報道が続いています。被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。
娘が高知に住んでいた頃も、豪雨災害がありました。夜、「すごいことになっている。階段が滝のようだ」という電話があったので心配していたところ、翌日の産経新聞夕刊を見てびっくり。1面に大きく掲載された航空写真に写っていたのは、まるで池のなかに浮かんだように見える娘のアパート。水没した娘の車もはっきり見えました。当然、廃車になりましたが、車両保険のおかげで助かりました。
あの頃、我が家には毎年のように大事件が起きていたような気が・・・。芦屋に住んでいましたので、阪神大震災にも遭遇。住んでいたマンションが半壊扱いになり、堺へ引越し。今はなき大阪新聞の記事を見て、大阪府教育委員会に駆けつけ、特例処置で次女を兵庫県立高校から大阪府立高校に転校させていただきました。
いろいろな出来事はありましたが、今日、無事に過ごせているのも、多くの人に助けられてきたおかげ、感謝です。

|

有栖川有栖さんの<幻坂/夕陽庵(せきようあん)>

いよいよ最後の作品「夕陽庵」になりました。さすが有栖川さんと思ったのは、京都から淀川 を下って熊野詣でに行く男が上陸したのが、以前の常識だった八軒屋浜でなく、最新研究に基づく渡辺津(わたなべのつ) と明記されていること。先日見に行った「渡辺津」の記念碑が目に浮かびます。
男は熊野詣での途中、藤原定家と並び称され、新古今和歌集の撰者だった亡き藤原家隆の夕陽庵を訪ねます。家隆は、晩年、難波の海に没する夕陽を拝みながら往生を遂げたいと、四天王寺に近い上町台地に庵を定めていたのです。そこで出会った家隆を知る老人から、生前の様子や死後、美しい西陽が射すとき浮かび上がる人の姿について聞かされます。
最後の小説にも、やはり出てきました。ふるさとを懐かしむように、極楽からふらりと戻る家隆。老人の言葉「つながっているのですよ。分かれてはおらぬのです」。
何事か決心していた男も、考えを変え、生き抜くことでしょう。

来週から、未踏波の天神坂、逢坂(通ったことはありますが、天王寺7坂という意識がなかったので)、夕陽庵跡巡りに出かけましょう。

P1090135


P1090136


|

08/03/2014

国際報道2014 08/01

08/01 NHK BS1
「エボラ出血熱 感染拡大」:日本から遠く離れたアフリカの話だけに、日本のマスコミはそれほど大きく取り上げていません。すでに700人以上が死亡し過去最悪の事態、感染すれば致死率90%という怖い病気です。エボラ医療に功績のあった現地のお医者さんまで感染し、死亡しているとは・・・。日本の対策はどうなっているのでしょうか。国境を乗越えて飛行機でやってくるリスクに対して、どう対処しているのでしょうか。気になります。

「ガザ情勢 停戦早くも継続危ぶまれる事態に」:命懸けで撮影した現地カメラマンの動画は迫力がありました。イスラエルの軍事作戦による死者は1460人、にもかかわらず、イスラエル国民の8割が軍事作戦に賛成しているのはなぜでしょうか。その謎をわかりやすく解説していました。イスラエル国民は、ハマスのロケット弾攻撃により、国が滅亡される危機感をもっているそうです。イスラエルとパレスチナが共存を目指した時代を知らないイスラエルの若い女性がこんなことを言っていました。「戦争がないのが一番ですが、それ以外の選択肢がありません。お互いが断絶した今の状態で、和平なんて考えられない」。事態の深刻さを物語る発言です。双方の憎しみの連鎖は、簡単には解きほぐせそうもありません。
無法国家と隣り合わせになっているわが国は、いまのままで大丈夫なのでしょうか。

「ワールドラウンジ/甘草をミャンマーで栽培」:いままで中国に依存してきた甘草は、ソース、たれ、スナック菓子、化粧品、薬品など多方面で使われているそうです。安定供給のため、日本の製薬会社がミャンマーでの試験栽培を進めているとの情報。現地の農家にとっても収入が増加というメリットがあり、魅力的なプロジェクトです。ぜひ、成功させていただきたいものです。

「台湾・高雄の爆発」:一般道路の地下に石油化学工場の原料ガスのパイプが埋めてあるとは怖いですね。日本ではないと思いますが・・・

「米国、無料Wi-Fiのワナ」:銀行取引は丸見え、有名店を装って開設。「無料Wi-Fiを使うときは、情報が盗まれることを覚悟すべき」とは怖い。

|

晴れときどきファーム! 小麦色の夏! 手作りパスタの夏!

08/01 NHK BS1
パスタはスーパーや百貨店で買ってくるものとばかり思っていましたが、自分で栽培した小麦を収穫し、小麦粉にしてパスタの生地、さらに家庭用パスタマシンを使って自宅で麺を作る、そんな夢のようなこともできるのですね。考えたことがなかったので、新鮮でした。

楽しみながら次々新しい挑戦をする田舎暮らしは、面白いでしょうね。野菜を植え、成長した実や葉を収穫して、調理し、食卓に並べます。荒れ果てた田んぼを開墾して植えた稲は、すくすくと育っています。さまざなな取り組みが目に見える形で、成果となって現れるのは大きな喜びでしょう。
田舎の素晴らしさをユニークな形で伝える面白い番組です。

ファームで育てた小麦からパスタを作り、ファームで収穫した野菜とともに本格的パスタ料理を作る。お茶は、ファームで育てた大麦から作った濃厚で香ばしい麦茶。料理はイタリアンシェフの指導・・・
楽しそう! おいしそう! 粒丸ごとひいた全粒粉でつくったパスタですから、ビタミン&ミネラル豊富で栄養満点! パスタの生地作りは体力勝負。グルテンが強いと、あんなにこねるのが大変とは思いませんでした。きれいに水が回ると柔かくなってくるのにも驚きましたが・・・
自分で苦労したあとに食べる料理は、さぞおいしかったことでしょう。

「素材も料理も自分達で作ったからこそうまれた味わいと感動、夏を乗り越えられそう」、まさにそうですね。私も、今年自分で作った「青梅の蜂蜜漬け(シロップ)」と「梅ジャム」で暑い夏が乗り切れそうです。

|

08/02/2014

ハルカスと光の饗宴

産経新聞1面に掲載されていたのは、でっかい花火の写真。きのうのPL花火芸術です。左にあべのハルカス、中央から右にかけてビルの上に派手な花火が・・・
撮影場所は、なんと兵庫県宝塚市。
ずいぶん離れているのによく見えるんですね。ちょっとびっくり。

|

08/01/2014

住吉祭り・神輿渡御(大和川)の動画

住吉大社の神輿が大和川を渡ります。火縄銃も登場します。


3分間で早わかり! 住吉祭り 神輿渡御2014 08 01

http://youtu.be/--_j97QBnwo

P1090110_2


|

住吉大社の住吉祭り 神輿渡御

きょうは住吉大社の住吉祭り(夏祭り)神輿渡御の日でした。住吉大社から堺・宿院まで神輿の行列が進みます。途中、大和川で河の中を渡り、中州で大阪方から堺方に神輿を渡す儀式が行われました。阪堺線大和川駅に出かけて、河を渡る神輿を観ました。
両岸で火縄銃の発砲もありました。(大阪方の火縄銃は動画に収録)

神輿渡御は、平成17年より地域の人たちの力添えにより45年振りに復活したそうです。

|

住吉大社の住吉祭り 神輿渡御

きょうは住吉大社の住吉祭り(夏祭り)神輿渡御の日でした。住吉大社から堺・宿院まで神輿の行列が進みます。途中、大和川で河の中を渡り、中州で大阪方から堺方に神輿を渡す儀式が行われました。阪堺線大和川駅に出かけて、河を渡る神輿を観ました。
両岸で火縄銃の発砲もありました。(大阪方の火縄銃は動画に収録)

神輿渡御は、平成17年より地域の人たちの力添えにより45年振りに復活したそうです。

P1090110


|

磁気テープ復権

MSN産経ニュースに、おもしろい話題が出ていました。

<大容量・安全性・低価格/光ディスクやハードディスクに押され、過去の記録媒体になりつつあった磁気テープに復権の動きが出てきた。インターネットが介在しない安全性が着目されていることに加え、近年は記憶容量も飛躍的に向上しているためだ。富士フイルムは既存品の40倍以上、広辞苑にして約3万600冊分に相当する100テラ(テラは1兆倍)バイト以上の大容量テープの実用化技術の検証を、年内に完了させる方針だ。・・・>
<ここにきて磁気テープが再評価されている。ハードディスクと異なり、電気代がかからずランニングコストが安いほか、ネットワークとつなげずに保存できるためセキュリティー面で安心といった利点があるためだ。>

確かに、セキュリティの面では安心でしょうねえ。いままで大きな欠点とされた検索速度も、瞬時にデータの内容を検索できるソフトが開発されているそうです。大量データの保管には、安くて安全なテープ?

|

色褪せた娘の子供時代の写真を、鮮やかによみがえらせた(古い写真の退色を鮮やかにもとどおりに)

娘2人の誕生から中学生くらいまでの写真プリント、卒業アルバム等のデータを娘の結婚前に、4カ月くらいかけてほとんどデジタル化して保存しています。編集して作ったアルバムとUSBに保存したデータは、2人に持たせました。
次第に褪色して画像が薄くなったものも多かったのですが、仕方ないとあきらめていました。
今回、「色あせたプリントの色をもとどおりにできる」ことを知り、さっそく実行へ。
長女分、次女分の写真データからそれぞれ250枚程度を選び復元加工処理を行いました。さらに音楽付のスライドショーも作成。それぞれ再生時間は約30分です。
1時間かけて娘2人の10数年間の姿を振り返ることができます。小さいころの娘を思い出して感無量。忙しい中、よくあちこち出歩いていたものと感心します。
長女の子(孫)2人のうち、上は長女の小さいころに、下は次女の小さいころにそっくり。いままであまり気が付かなかったのですが、今回の復元写真のおかげで発見しました。

|

« July 2014 | Main | September 2014 »